セルゲイ・キリエンコ

セルゲイ・ウラジレノヴィチ・キリエンコロシア語: Сергей Владиленович Кириенко, ラテン文字転写: Sergei Vladilenovich Kirienko、1962年7月26日から)はロシア連邦の政治家・テクノクラート。ボリス・エリツィン大統領の時代に2代目ロシア連邦首相を務めた。ウラジーミル・プーチン政権で沿ヴォルガ連邦管区全権代表・ロシア原子力庁長官を経て、国営原子力企業「ロスアトム」社長に就任した。剣道をたしなむ。

ロシアの旗 ロシア連邦の政治家
セルゲイ・キリエンコ
Сергей Кириенко
Sergey Kiriyenko December 2011-1.jpeg
セルゲイ・キリエンコ(2011年12月)
生年月日 (1962-07-26) 1962年7月26日(58歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Georgian Soviet Socialist Republic (1951–1990).svg グルジア・ソビエト社会主義共和国 スフミ
出身校 ゴーリキー鉄道運輸工科大学造船学科
配偶者 マーリヤ・キリエンコ

ロシアの旗 ロシア連邦
2代目首相
在任期間 1998年4月24日 - 1998年8月23日
大統領 ボリス・エリツィン

ロシアの旗 ロシア連邦
初代沿ヴォルガ連邦管区
大統領全権代表
在任期間 2000年5月18日 - 2005年11月14日
大統領 ウラジーミル・プーチン
テンプレートを表示

経歴編集

1962年7月26日にソビエト連邦のグルジア・ソビエト社会主義共和国のスフミに誕生する。1984年にゴーリキー鉄道運輸工科大学造船学科を卒業。卒業後2年間の兵役ののち、造船工場職長とコムソモール書記を経て、ゴーリキー州(現在のニジニ・ノヴゴロド州)コムソモール第一書記に就任し、州の人民代議員にも選出された。1993年にロシア政府付属国民経済アカデミーを卒業。専門は、市場環境におけるマネージメントで、「最高等級マネージャー」の資格を有する。

1991年から1994年まで株式会社AMKの社長を務めたのを皮切りにゴーリキー州(ニジニ・ノヴゴロド州)で銀行石油会社の経営に携わる。1994年から1997年までガランティア銀行(ニジニ・ノヴゴロド州社会商業銀行)頭取、1996年から石油会社ノリス・オイル社長を務める。この頃、ニジニ・ノヴゴロド州知事であったボリス・ネムツォフとの結びつきが生まれる。

1997年にネムツォフがロシア連邦第一副首相に就任すると、キリエンコはネムツォフによって同年5月に燃料エネルギー省第一次官に任命され、ガスプロムに関係する職務に就いている。11月にネムツォフが兼任していた燃料エネルギー大臣を退任したことに伴い同省大臣に就任した。

1998年3月23日にボリス・エリツィン大統領がヴィクトル・チェルノムイルジン首相を解任した際に首相代行兼第一副首相に任命された。下院による2代目ロシア連邦首相承認は4月10日・4月17日と2回に渡って否決されたが、4月24日の3回目の投票で賛成251・反対25・棄権120で2代目ロシア連邦首相に正式に任命されるという紆余曲折を経た。こうしてキリエンコは35歳の若さで2代目ロシア連邦首相となり、ガスプロムに対する徴税問題や経済改革に乗り出すが、若さ故に政治的力量に欠けていた。同年8月にルーブルの切り下げとデフォルトを発表したことでロシア通貨危機が発生するがこれを収拾できず、責任を取らされる形でわずか数ヶ月足らずでロシア連邦首相職を解任された。

1999年に政治運動「新しい勢力」を結成し、7月に他の右派リベラル勢力と合同して政治ブロック「右派連合」(右派勢力同盟)を結成した。12月の1999年ロシア下院選挙で右派勢力同盟は善戦し、キリエンコ自身も下院議員に当選した。キリエンコは下院選挙と同時に行なわれたモスクワ市長選挙にも立候補したが、こちらは現職市長のユーリ・ルシコフに敗れている。

 
ダボスで行われた世界経済フォーラムにて(2000年1月26日)

1999年12月31日のエリツィン大統領の辞任を受けて代行を務めていたウラジーミル・プーチンが2000年5月7日に正式に2代目ロシア連邦大統領に就任すると、その下で同年5月18日に新しく創設された沿ヴォルガ連邦管区の全権代表に任命された。その後全権代表を約5年半務める。

2005年11月30日に今度はロシア原子力庁長官に任命される。同庁長官時には、FSB(ロシア連邦保安庁)の元エージェントのアレクサンドル・リトヴィネンコ変死事件に関連し、遺体から検出されたポロニウムについて2006年11月28日に「ロシアは海外輸出向けに年間8グラムを製造しているが、輸送・販売などで厳重な管理体制を取っている」としてロシアからの流出を否定した。2007年12月3日にプーチンによってロシア原子力庁が国営原子力企業「ロスアトム」に改変されたことに伴い、「ロスアトム」代表取締役社長に就任した。


公職
先代:
ヴィクトル・チェルノムイルジン
(エリツィン代行は無効)
  ロシア連邦首相
第2代:1998年4月24日 - 8月23日
次代:
ヴィクトル・チェルノムイルジン
(代行)
外交職
先代:
(創設)
  沿ヴォルガ連邦管区
大統領全権代表

初代:2000 - 2005
次代:
アレクサンドル・コノヴァロフ