メインメニューを開く

ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ

来歴編集

2005年頃からデイヴ・グロールによってバンド結成の構想が明かされていたが、実際に計画が動いたのは2009年[1]。同年7月にレコーディングを開始すると、8月9日にはシカゴにて初ライブ。ヨーロッパ各地をツアーしながら、アルバムの制作を行い、11月16日にセルフタイトルのデビューアルバムをリリースした。

2010年はライブを中心に活動し、7月30日のフジロックフェスティバルまで世界各地で公演を行った。2011年には楽曲「ニュー・ファング」でグラミー賞最優秀ハード・ロック・パフォーマンスを受賞。

2012年秋には活動再開の意向が明らかにされた[2]

メンバー編集

正式メンバー
カイアス、現クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの中心人物。
レッド・ツェッペリンマルチプレイヤー
ニルヴァーナのドラマーで、現在はフー・ファイターズのフロントマン。
サポートメンバー
元"What Is This?"、"Eleven"。クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのサポートメンバー。

来日公演編集

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ』 - Them Crooked Vultures (2009年)

シングル編集

  • "New Fang" (2009年)
  • "Mind Eraser, No Chaser" (2009年)

脚注編集

外部リンク編集