メインメニューを開く

ソウ2』(SAW II)は、2005年に公開されたアメリカ映画

ソウ2
SAW II
監督 ダーレン・リン・バウズマン
脚本 ダーレン・リン・バウズマン
リー・ワネル
製作 マーク・バーグ
グレッグ・ホフマン
オーレン・クールズ
製作総指揮 ジェームズ・ワン
リー・ワネル
ピーター・ブロック、ジェイソン・コンスタンティン
ステイシー・テストロ
出演者 ドニー・ウォルバーグ
ディナ・メイヤー
撮影 デヴィッド・A・アームストロング
編集 ケヴィン・グルタート
製作会社 ツイステッド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年10月28日
日本の旗 2005年10月29日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,000,000
興行収入 $152,925,093
前作 ソウ
次作 ソウ3
テンプレートを表示

目次

概要編集

猟奇殺人鬼によって、毒ガスが充満しつつある館に閉じ込められた8人の男女を主軸に展開するソリッドシチュエーション映画。ソウシリーズの2作目。日本ではR15+指定。

今作から監督・脚本がダーレン・リン・バウズマンに代わり、監督だったジェームズ・ワンは製作総指揮に回った。

ストーリー編集

出口の無い洋館に閉じ込められた8人の男女がジグソウのゲームに臨んでいた。

遅効性の毒ガスがゲーム開始と共に館内をめぐっていく極限の中で、ゲームに勝ち抜き、2時間以内に解毒剤入り注射器を手に入れなければ、ドアが開くまで生きられないというルール。

刑事エリックは殺人鬼ジグソウことジョン・クレイマーを逮捕するが、彼の部屋で発見したモニターに映る息子がジグソウに監禁されており、かつて自分が証拠をでっち上げ逮捕した7人とジグソウのゲームに臨んでいるという光景を見て驚愕する。

エリックは、ジョンに詰め寄るが彼は動揺することなく、エリックと2時間、2人きりで話をする"ゲーム"を要求する。

キャスト編集

殺人鬼編集

ジグソウ / ジョン・クレイマー
演 - トビン・ベル、日本語吹替 - 石田太郎
連続猟奇殺人犯とされる男。序盤で警察やSWATに見つかってしまうも、エリックの息子・ダニエルをゲームにかけていることを材料にしてエリックとのゲームを開始する。彼の過去が明らかになる。

警察編集

エリック・マシューズ
演 - ドニー・ウォルバーグ、日本語吹替 - 山路和弘
気性の荒い刑事でダニエルの実の父。妻と離婚している。ケリーと共にジグソウ事件の調査を行い、アジトでジグソウ(=ジョン)を拘束する。しかし、息子のダニエルがゲームに参加していたことを知り、ダニエル救出の為にジョンと「ただ2時間会話をするだけ」というゲームをする。
過去にありもしない証拠をでっち上げて容疑者を逮捕したり、丸腰の犯人を射殺したりするなどの悪徳警官であった。その為か、内務調査課に目をつけられている。ダニエルを除く今作のゲーム参加者達もエリックに証拠をねつ造されて逮捕された。
アリソン・ケリー
演 - ディナ・メイヤー、日本語吹替 - 富本牧子
殺人鬼ジグソウを追い続ける調査官。エリックの同僚で1作目ではタップ刑事とシン刑事の3人で調査していた。誰よりもジグソウの特性を理解し、冷静に事件に挑んでいるが、ダニエルをゲームに掛けられている事で焦りを募らせるエリックやリッグと衝突する。
ダニエル・リッグ
演 - リリク・ベント、日本語吹替 - 谷昌樹
SWAT隊長でたたき上げの黒人警官。エリックとケリーの同僚。常に隊員を引率し全力で調査に携わっている。

ゲーム参加者編集

アマンダ・ヤング
演 - ショウニー・スミス、日本語吹替 - 藤貴子
薬物中毒者でジグソウ事件に巻き込まれ、逆トラバサミヘッドギアのゲームから生き延びた女性。生還後、ジグソウから命の大切さを学ぶも、ジグソウ事件のトラウマからリストカットをしてしまい、命の大切さを忘れたことにより彼女もまたダニエルらとともに監禁され、2度目のゲームに参加することになる。
元々は薬物中毒者ではなかったが、エリックに証拠をでっち上げて逮捕されたことで精神を病み、本当に薬物中毒者になってしまった。
ダニエル・マシューズ
演 - エリック・ナドセン、日本語吹替 - 平川大輔
エリックの息子。窃盗を働き警察に捕まりエリックに解放してもらうが、口喧嘩になる。
ザビエル・チャベス
演 - フランキー・G、日本語吹替 - 乃村健次
麻薬ディーラー。巨漢な男性。肉体派で全て力で捻じ伏せようとする人物。言葉は下品で男尊女卑な考えを持ち、特にアディソンをバカにしている。
アディソン・コーデイ
演 - エマニュエル・ヴォージア、日本語吹替 - 岡寛恵
売春婦で若い女性。自己主張が激しく他人とすぐぶつかってしまう。自分を見下すザビエルと折り合いが悪いが、ローラ、アマンダ、ダニエルには比較的優しい。
ジョナス・シンガー
演 - グレン・プラマー、日本語吹替 - 辻親八
ギャングの一員。黒人男性。一番冷静であり脱出のためメンバーに協調性を求める。
オビ・テイト
演 - ティム・バード、日本語吹替 - 彩乃木崇之
放火犯・詐欺師で無口な男。根暗な性格をしており一匹狼。不気味な風貌からゲーム参加者に距離を置かれている。「ソウ3」では通行人として登場。
ローラ・ハンター
演 - ビヴァリー・ミッチェル、日本語吹替 - 加納千秋
盗癖者。金髪女性。学生と思われる発言をしている。大人しく、身体的にも精神的にも弱い人物。ローラ、アマンダ、ダニエルと行動を共にする。
ガス
演 - トニー・ナッポ、日本語吹替 - 宇垣秀成
横領・薬物厚生施設の患者。中年男性。おどおどした性格。

その他の関係者編集

マイケル・マークス
演 - ノーム・ジェンキンス、日本語吹替 - 不明
冒頭のゲーム参加者。タレこみ屋。エリックによく情報を提供してた。
アダム・フォークナー
演 - リー・ワネル、日本語吹替 - 平田広明
1作目のゲーム参加者。元刑事タップの依頼でローレンス・ゴードンを調査していた。終盤、バスルームでミイラ化した状態で登場する。声は1作目のものを流用している。
ゼップ・ヒンドル
演 - マイケル・エマーソン、日本語吹替 - 牛山茂
1作目のゲーム参加者。アダム同様、ミイラ化した状態で登場する。声も1作目のものを流用している。
ローレンス・ゴードン
演 - ケイリー・エルウィス、日本語吹替 - 大塚芳忠
1作目のゲーム参加者。前回右足を切断してバスルームから脱出したが生死は不明。ジョンの回想シーンにて病院の診察室のネームプレートに書かれた名前のみ登場。

ポスター回収騒動編集

切断された二本の指をあしらったポスターが過激すぎるとMPAAから通告があり、制作・配給のライオンズ・ゲート・フィルムは全米の映画館からポスターを自主回収。それに伴い、公式サイトのデザインも一部修正されることになった。

その他編集

  • 撮影はわずか25日間で終了した(前作は18日間)。
  • ゲームに使用された毒ガスはサリンであることが示唆されている。「"Tokyo Subway Attack(東京地下鉄テロ攻撃)"で使用した毒ガス」と地下鉄サリン事件を示す台詞があるが、日本語版では吹き替え・字幕にも登場しない。ただし、サリンは体中から出血するなどの毒性は示さない。

外部リンク編集