メインメニューを開く

ソビエト連邦大統領 (ソビエトれんぽうだいとうりょう、ロシア語: Президент Советского Союза‎, ラテン文字転写: Prezident Sovetskogo Soyuza)、公式にはソビエト社会主義共和国連邦大統領ないしソ連邦大統領Президент СССРまたはПрезидент Союза Советских Социалистических Республик)は、1990年3月15日から1991年12月25日まで存在したソビエト連邦国家元首である。この地位にあったのはミハイル・ゴルバチョフただ一人であった。ゴルバチョフは1985年3月から1991年8月までソビエト連邦共産党書記長を務めていた。彼は1991年8月のクーデターで共産党書記長を辞任するまで、強大な権限を有していた。

ソビエト連邦の旗ソビエト社会主義共和国連邦
大統領
Президент Союза Советских Социалистических Республик
State Emblem of the Soviet Union.svg
呼称 閣下
官邸 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ大統領官邸 (旧元老院)[1]
任命 直接選挙[2]
人民代議員大会による間接選挙[3]
前身 最高会議議長
創設 1990年3月15日 (1990-03-15)[4]
初代 ミハイル・ゴルバチョフ
最終代 ミハイル・ゴルバチョフ
廃止 1991年12月25日 (1991-12-25)
継承順位 ロシア連邦大統領ほか

概要編集

大統領制導入以前に国家元首の権限を行使していたソビエト連邦最高会議幹部会の英訳が「Presidium of the Supreme Soviet」であることから、最高会議幹部会議長は西側諸国においてしばしば「大統領」と呼ばれた。しかし、最高会議幹部会議長は儀礼的・象徴的な意味合いが強い名誉職的な地位であり、ソビエト連邦の歴史の大部分において、政治的な実権はソビエト連邦共産党書記長が握っていた。

1977年レオニード・ブレジネフ書記長がソ連史上初めて最高会議幹部会議長と党書記長を兼任し、それ以降の書記長(ユーリー・アンドロポフコンスタンティン・チェルネンコ)も書記長就任と同時に最高会議幹部会議長に選出されるのが慣例化していた[5]

共産党書記長・最高会議議長ミハイル・ゴルバチョフによるペレストロイカの下、旧態依然としていた連邦最高会議を中心とした国家機構改革の総仕上げとして、1990年3月に召集された第3回ロシア語版人民代議員大会で採択されたソビエト連邦憲法改正法案[6]で、それまでの最高会議議長に代わる国家元首として位置付けされた。

なお、憲法改正法では大統領は国民による直接選挙[2]で選出されると定められていたが、憲法改正法第3編により、初代大統領は特例として人民代議員大会によって選出され[3]、人民代議員大会議長を務めることとされていた。そのため、憲法改正法の議決に伴って行われた大統領選挙ではゴルバチョフが人民代議員2245人中、1329人(59.2%)の支持を獲得し、大統領に選出された[7]

大統領権限編集

大統領権限は1977年憲法の第119条[8]で最高会議幹部会が保有していた権限がほぼそのまま継承され、アメリカの大統領制フランスの大統領制を合体した役職であった[7][9]

副大統領編集

  ソビエト連邦副大統領
Вице-президент Советского Союза
 
呼称 閣下
官邸   ソビエト連邦モスクワカザコフ館
任命 直接選挙[10]
ソビエト連邦人民代議員大会[11]
前身 最高会議第一副議長
創設 1990年12月27日
初代 ゲンナジー・ヤナーエフ
最終代 ゲンナジー・ヤナーエフ
廃止 1991年8月21日

ソビエト連邦副大統領 (ロシア語: Вице-президент Советского Союза, Vitse-Prezident Sovetskogo Soyuza)のポストは1990年12月に召集された第4回ロシア語版人民代議員大会で採択された憲法改正法案で新設された。憲法改正法の規定で、副大統領は大統領権限の一部を大統領から委任され、大統領が欠けた場合または職務を遂行できない場合には、大統領代行として大統領権限を一時的に行使することが認められた[11]

人民代議員大会では共産党政治局員書記ゲンナジー・ヤナーエフが選出されたが[12]、ヤナーエフは翌1991年8月のクーデター国家非常事態委員会を組織し、大統領代行への就任を宣言した。しかしクーデターは内外の支持を得られず3日後には終息し、ゴルバチョフが復権した。なお、副大統領のポストはクーデターの失敗を受けて1991年9月に召集された第5回人民代議員大会の決議で廃止された[13]

歴代大統領・副大統領の一覧編集

大統領編集

代数 肖像 氏名
(生没年)
任期開始日 任期終了日 所属政党
1 ミハイル・ゴルバチョフ
(1931–)
1990年3月15日 1991年12月25日 ソビエト連邦共産党
代行 ゲンナジー・ヤナーエフ
(1937–2010)
1991年8月19日 1991年8月21日 ソビエト連邦共産党

副大統領編集

代数 肖像 氏名
(生没年)
任期開始日 任期終了日 所属政党
1 ゲンナジー・ヤナーエフ
(1937–2010)
1990年12月27日 1991年8月21日 ソビエト連邦共産党

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ O’Clery, Conor (2011). Moscow, December 25, 1991: The Last Day of the Soviet Union. New York: Public Affairs. p. 120. https://books.google.com/books?id=HXqy7_58ii8C&pg=PA120&lpg=PA120&dq=gorbachev+office+%22building+14%22&source=bl&ots=qUedfNMXR-&sig=M3wx7DcIGLVpCGgQBfzXcx8keZA&hl=en&sa=X&ved=2ahUKEwi77bGSve_cAhVLxYMKHbJPDiAQ6AEwDHoECAgQAQ#v=onepage&q&f=false 2018年8月15日閲覧。. 
  2. ^ a b 1977 Soviet Constitution with amendments of 1989—1990. Chapter 15.1: President of the Soviet Union Archived 2013-02-16 at the Wayback Machine.
  3. ^ a b Soviet Law from 14 March 1990 N 1360-I "On establishment of the Presidency of the Soviet Union and amendments and additions to the Constitution (Basic Law) of the Soviet Union". Article III
  4. ^ 宇野俊一ほか編『日本全史(ジャパン・クロニック)』講談社、1991年、1184頁。ISBN 4-06-203994-X
  5. ^ ゴルバチョフの最高会議幹部会議長就任は1988年
  6. ^ 憲法改正法の正式名称は、「ソ連邦大統領のポストの創設ならびにソ連憲法の改正および追加に関するソ連邦の法律」(Об учреждении поста Президента СССР и внесении изменений и дополнений в Конституцию (Основной Закон) СССР)
  7. ^ a b ソビエト・システムの崩壊と大統領制の誕生:1990年第3回ソ連邦人民代議員大会の展開
  8. ^ 憲法改正法によって、最高会議幹部会が保有していた権限は大統領制について規定した第127条3項に移行した。
  9. ^ “Soviet Union - The U.S.S.R. from 1953 to 1991” (英語). Encyclopedia Britannica. https://www.britannica.com/place/Soviet-Union/The-U-S-S-R-from-1953-to-1991#ref42079 2018年10月6日閲覧。 
  10. ^ 1977 Soviet Constitution with amendments of 1989—1990. Chapter 15.1: President of the Soviet Union
  11. ^ a b ソビエト大統領制の強化:1990年第四回ソ連邦人民代議員大会の展開
  12. ^ 憲法改正法では副大統領は大統領と同じく、国民による直接選挙で選出されると定められていたが、人民代議員大会の議決により、副大統領も初代大統領と同じく特例として人民代議員大会によって選出されることになった。
  13. ^ Закон СССР № 2392-I от 5 сентября 1991 года «Об органах государственной власти и управления Союза ССР в переходный период»

関連項目編集

参考文献編集