ソマリアの大統領一覧

ウィキメディアの一覧記事

ソマリアの大統領一覧(ソマリアのだいとうりょういちらん)では、特記なき限り、ソマリアを代表すると国際的に承認された政府の歴代大統領について一覧を記載する。ソマリアの一部を構成し、事実上独立状態となっているソマリランドならびにプントランドの大統領については、それぞれの大統領の項目を参照されたい。

ソマリア連邦共和国大統領
Seal of the President of the Federal Republic of Somalia.svg
大統領章
260px
現職者
モハメド・アブドゥライ・モハメド

就任日 2017年2月8日
任期4年
初代就任アデン・アブドラ・ウスマン
創設1960年7月1日

ソマリア内戦勃発後から現在の位置付け編集

バーレ政権の崩壊後、軍閥やイスラム法廷会議などの勢力により内戦が繰り広げられ、正統な中央政府は構築されていなかった。ソマリア暫定国民政府(TNG)の大統領として2000年8月27日に就任したアブディカシム・サラ・ハッサンおよび2004年10月14日にその後を継いだソマリア暫定連邦政府(TFG)のアブドゥラヒ・ユスフが対外的にはソマリアの国家元首とされたが、2008年12月29日に暫定政府内の対立からユスフは辞任。2009年1月31日、穏健イスラーム主義勢力の指導者、シェイフ・シャリーフ・シェイフ・アフマドが新たに暫定政府大統領に就任した。この時まで、暫定政府というソマリア国内で数多く活動する一勢力の長という位置付けに過ぎず、ソマリア国家の版図を統治する正統な中央政府は存在しなかった(対外的にソマリアを代表する権能は保持)。

2012年8月1日に暫定憲法が採択され、これに従って連邦議会議員を選出。8月20日に予定通りTFGによる暫定統治は終了し、9月10日に連邦議会によってハッサン・シェイク・モハムド大統領に選出された。暫定憲法による大統領任期は4年間と定められている[1]次期大統領選挙は予定日からは延期されたが2017年2月8日に行われ[2]モハメド・アブドゥライ・モハメドが当選した[3]。2021年2月の任期満了までに次期大統領の選出方法について合意ができなかったため、下院議会によりモハメドの任期は2年間延長された[4]ものの上院議長が違憲と批判し、モハメドは上院の採決を待つことなく任期延長の法案に署名[5]。これにより抗議デモが発生し内外から批判が続出したため[6]、モハメドは4月28日に任期延長法を撤回[7]。5月1日に下院議会が全会一致で大統領任期延長を撤回し[8]、2020年9月17日の合意に立ち返り、ローブル首相が次期大統領選挙の準備・実施を行うことも同時に承認した[9]

歴代大統領編集

前記のように、ソマリア内戦後のソマリア大統領の権限はソマリアのごく一部でしか効力が無い。

大統領 就任日 退任日 出身党派 出身氏族(支族)
ソマリア共和国
1   アデン・アブドラ・ウスマン 1960年7月1日 1967年6月30日 ソマリ青年同盟 (SYL) ハウィエ (Mudulood
2   アブディラシッド・アリー・シェルマルケ 1967年6月30日 1969年10月15日 ソマリ青年同盟 (SYL) ダロッド(Majeerteen)
代理   シェイハ・ムクター・モハメド・フセイン 1969年10月15日 1969年10月21日 ソマリ青年同盟 (SYL) ラハンウェイン (Hadame
ソマリア民主共和国
3   モハメド・シアド・バーレ 1969年10月21日 1991年1月27日 ソマリ社会主義革命党 (SRSP) ダロッド (Marehan
ソマリア内戦
4   アリ・マフディ・ムハンマド 1991年1月29日 1997年1月3日 統一ソマリ会議 (USC) ハウィエ (Abgaal
自称   モハメッド・ファッラ・アイディード[10] (1995年1月15日) (1996年8月1日) ソマリ国民同盟英語版 (SNA) ハウィエ (Habar Gidir
自称   フセイン・モハメド・ファラー・アイディード[10] (1996年8月2日) (1998年3月20日) ソマリ国民同盟英語版 (SNA) ハウィエ (Habar Gidir
- 空席 1997年1月3日 2000年8月27日
ソマリア暫定国民政府
代理   モハメド・アブシル・ムセ英語版 2000年8月13日 2000年8月22日 ダロッド(Majeerteen)
代理   アブドゥッラー・イサーク・デロウ英語版 2000年8月22日 2000年8月27日 ラハンウェイン (Hadame
5   アブディカシム・サラ・ハッサン 2000年8月27日 2004年10月14日 ハウィエ (Habar Gidir
自称   アブディヌール・アフマド・ダーマンドイツ語版[11] (2003年7月)
ソマリア暫定連邦政府
6   アブドゥラヒ・ユスフ 2004年10月14日 2008年12月29日 ソマリ救済民主戦線英語版 ダロッド(Majeerteen)
自称   シェイク・シャリフ・シェイク・アフマド[12] (2006年6月5日) (2006年6月29日) イスラム法廷会議 (ICU) ハウィエ (Habar Gidir
自称   ハッサン・ダヒール・アウェイス[12] (2006年6月29日) (2006年12月28日) イスラム法廷会議 (ICU) ハウィエ (Habar Gidir
代理   アダン・モハメド・ヌール・マドベ 2008年12月29日 2009年1月31日 ラハンウェイン抵抗軍 ラハンウェイン (Hadame
7   シェイフ・アフマド 2009年1月31日 2012年8月20日 ソマリア再解放連盟 (ARS) ハウィエ (Abgaal
ソマリア連邦共和国
代理   ムッセ・ハッサ・アブドゥレ 2012年8月20日 2012年8月28日 無所属 ダロッド (Marehan
代理   モハメド・オスマン・ジャワリ 2012年8月28日 2012年9月16日 無所属 ラハンウェイン (Hadame
8   ハッサン・シェイク・モハムド 2012年9月16日 2017年2月8日 平和・開発党英語版 (PDP) ハウィエ (Abgaal
9   モハメド・アブドゥライ・モハメド 2017年2月8日 (現職)[13] タヨ党英語版 (TPP) ダロッド (Marehan

出典編集

  1. ^ “ソマリア大統領にモハムド氏選出、21年ぶりの安定政府樹立へ”. CNN.co.jp (CNN). (2012年9月11日). http://www.cnn.co.jp/world/35021599.html 2012年9月11日閲覧。 
  2. ^ ソマリアで大統領選=現職ら出馬、テロ警戒” (2017年2月8日). 2017年2月11日閲覧。
  3. ^ ソマリア連邦共和国大統領選挙の結果について(外務報道官談話)”. 外務省 (2017年2月10日). 2017年2月11日閲覧。
  4. ^ “Somalia’s parliament votes to extend embattled president’s term”. アルジャジーラ. (2021年4月12日). https://www.aljazeera.com/news/2021/4/12/somalias-parliament-votes-to-extend-embattled-presidents-term 2021年4月13日閲覧。 
  5. ^ “Somali president signs law extending mandate for two years”. France 24. (2021年4月14日). https://www.france24.com/en/africa/20210414-somali-president-signs-controversial-law-extending-mandate-to-donors-dismay 2021年4月30日閲覧。 
  6. ^ “Somali prime minister turns against presidential term extension”. ロイター. (2021年4月28日). https://jp.reuters.com/article/somalia-politics-prime-minister-idAFL8N2MK5Z2 2021年4月30日閲覧。 
  7. ^ “Bowing to pressure, Somalia’s president agrees not to extend presidential term”. ロイター. (2021年4月29日). https://www.reuters.com/world/africa/bowing-pressure-somalias-president-agrees-not-extend-presidential-term-2021-04-27/ 2021年4月30日閲覧。 
  8. ^ “Somalia's parliament votes to cancel presidential term extension”. ロイター. (2021年5月2日). https://www.reuters.com/world/africa/somalias-lower-house-parliament-votes-cancel-presidential-term-extension-2021-05-01/ 2021年5月2日閲覧。 
  9. ^ “Somalia: Elections to hold as President Farmajo drops term extension”. アフリカニュース. (2021年5月2日). https://www.africanews.com/2021/05/02/somalia-elections-to-hold-as-president-farmajo-drops-term-extension/ 2021年5月2日閲覧。 
  10. ^ a b 国際的に正統政府と承認されず。
  11. ^ モガディシュの一部とソマリア南部の一部を実行統治。国際的に正統政府と承認されず。
  12. ^ a b モガディシュとソマリア南部を実行統治。国際的に正統政府と承認されず。
  13. ^ 2021年2月8日で任期満了。

関連項目編集