メインメニューを開く

ゾラニ・テテZolani Tete1988年3月8日 - )は、南アフリカ共和国プロボクサー東ケープ州ムダントセーン出身。元IBF世界スーパーフライ級王者。現WBO世界バンタム級王者。リーチの長い技巧派サウスポーだが、KO率70%の強打も合わせも持つ。愛称はLast Born(天性最後の逸材)フランク・ウォーレンのクィーンズ・ベリー・プロモーションズ所属。

ゾラニ・テテ
基本情報
本名 ゾラニ・テテ
通称 Last Born(天性最後の逸材)
階級 バンタム級
身長 173cm
リーチ 182cm
国籍  南アフリカ共和国
誕生日 (1988-03-08) 1988年3月8日(31歳)
出身地 東ケープ州ムダントセーン
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 28
KO勝ち 21
敗け 3
引き分け 0
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2006年5月29日、イースト・ロンドンのオリエント・シアターでデビュー戦を行い、初回1分39秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2007年9月23日、WBF世界フライ級王座決定戦をビッキー・タフミルと行い、タフミルの4回終了時棄権により王座獲得に成功した。この試合はWBF世界フライ級ランカーではない者同士による王座決定戦だった。

2008年3月30日、オリエント・シアターでオラニ・ンテセと対戦し、12回3-0(120-110、119-109、120-108)の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2008年6月29日、フランシス・ミイェユショと対戦し、初回2分24秒TKO勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2009年11月20日、WBOアフリカフライ級王座決定戦をアンソニー・マシスと行い、初回2分38秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年2月26日、ウェンブリー・インドア・アリーナで元PABAフライ級王者リチャード・ガルシアとIBF世界フライ級王者モルティ・ムザラネへの指名挑戦権を賭けて対戦し、12回3-0(2者が118-110、118-108)の判定勝ちでムザラネへの指名挑戦権獲得に成功した。

2010年9月1日、IBF世界フライ級王者モルティ・ムザラネと対戦し、プロ初黒星となる5回2分27秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

その後スーパーフライ級に転向したテテは2011年11月26日、シナロア州マサトランのプラザ・デ・トロスで元IBF世界スーパーフライ級王者ファン・アルベルト・ロサスと対戦し、12回0-2(2者が112-115、113-113)の判定負けを喫しロドリゴ・ゲレロへの指名挑戦権獲得に失敗した。

2012年9月1日、コルドバ州コルドバのポリデポルティーボ・カルロス・セルッティでファン・カルロス・サンチェス・ジュニアへの指名挑戦権を賭けてロベルト・ソーサと対戦し、12回1-2(115-114、2者が114-115)の判定負けを喫し指名挑戦権獲得にまたしても失敗した。

2013年11月30日、バハ・カリフォルニア州メヒカリのアウディトリオ・デル・エスタードで亀田大毅への指名挑戦権を賭けてファン・カルロス・サンチェス・ジュニアと対戦。5回と10回にダウンを奪うも6回にダウンを奪われるダウンの応酬になった。5回にサンチェス・ジュニアがドロップアウトの時にマウスピースを出したため減点され、テテも8回と9回にホールディングで減点されるラフファイトになったが、10回2分43秒KO勝ちを収め亀田への指名挑戦権獲得に成功した。なお試合後のスコアは2-0(84-82、87-79、83-83)とテテがやや有利だった[1]

2014年7月18日、神戸ポートピアホテルで亀田大毅の王座返上に伴いIBF世界スーパーフライ級6位の帝里木下とIBF世界スーパーフライ級王座決定戦を行い、12回3-0(2者が118-110、119-109)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[2]

2014年10月25日、リヴァプールエコー・アリーナ・リヴァプールポール・バトラーと対戦する予定だったが、練習中にテテが左拳を骨折し、試合が延期された[3]

2015年3月6日、リヴァプールのエコー・アリーナ・リヴァプールでポール・バトラーと対戦し、8回に左アッパーでダウンを奪いバトラーはなんとか立ち上がるもレフェリーが試合を止め、8回1分34秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[4]

2015年3月9日、IBFがIBF世界スーパーフライ級1位のマックジョー・アローヨと指名試合を行うよう指令を出した[5]

2015年6月2日、アローヨ陣営との対戦交渉が決裂したため、IBF世界スーパーフライ級王座を返上した[6][7]

2015年12月、イギリスのプロモーターのフランク・ウォーレン率いるクィーンズ・ベリー・プロモーションズと契約を交わした[8]

2017年4月22日、レスターのレスター・アリーナでアーサー・ビラヌエバWBO世界バンタム級暫定王座決定戦を行い、12回3-0(119-108×2、120-107)の判定勝ちを収め2階級制覇を達成した[9][10]。同日、WBOは最新ランキングを発表し、正規王者のマーロン・タパレスが翌23日に予定されていた大森将平戦の前日計量で体重超過があり王座を剥奪されたことに伴いテテをWBO世界バンタム級正規王者としてランクインした[11][12][13]

2017年11月18日、ベルファストSSEアリーナでWBO世界バンタム級3位のシボニソ・ゴニャと対戦し、1994年9月3日にダニエル・ヒメネスがハラルド・ゲイアー戦で初回17秒KO勝ちを収めた世界戦最短KO記録を23年ぶりに更新する初回11秒KO勝ちを収め、初防衛に成功した[14][15][16]

2018年2月10日にオマール・ナルバエスと対戦予定であったが、1月にテテが練習中にふくらはぎを負傷したため試合は延期になった[17]

2018年4月21日、ベルファストのSSEアリーナで元世界2階級制覇王者でWBO世界バンタム級1位のオマール・ナルバエスと対戦し、12回3-0(120-108×3)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した[18][19]

2018年10月13日、ロシアのエカテリンブルクで行われたWorld Boxing Super Series(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)バンタム級一回戦でミーシャ・アロイヤンと対戦し、12回判定勝ちを収め、3度目の防衛に成功しWBSSの準決勝に進出した。

2019年4月27日のWBSS準決勝ではノニト・ドネアと対戦予定であったが、直前の4月24日に肩の故障により欠場することが発表され、代役としてステフォン・ヤングがドネアと対戦した[20]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ 亀田大の指名挑戦者にテテ 敵地でサンチェスをKO! Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月2日
  2. ^ 帝里がテテに完敗、IBF・S・フライ級王座決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月18日
  3. ^ Zolani Tete Injured, Paul Butler Showdown Postponed”. Boxing Scene.com (2014年10月2日). 2014年10月3日閲覧。
  4. ^ テテがIBF・S・フライ級初防衛、バトラーを8回KO Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月7日
  5. ^ Tete-Arroyo Negotiations Begin For Mandatory Bout”. Boxing Scene.com (2015年3月9日). 2015年3月10日閲覧。
  6. ^ McJoe Arroyo to face Arthur Villanueva for vacant IBF super flyweight belt Fightnews.com(英語) 2015年6月2日
  7. ^ ワンヒンがWBCミニマム級防衛、テテが王座返上 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年6月3日
  8. ^ Looking for more world titles, Tete signs with Warren”. ESPN.com (2015年12月21日). 2015年12月27日閲覧。
  9. ^ Tete outclasses Villanueva, wins interim WBO bantamweight title RAPPLER 2017年4月22日
  10. ^ テテがWBOバンタム級暫定王者に、M級クルツィゼも Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月23日
  11. ^ WBO RANKING APRIL 2017 WBO公式サイト 2017年4月22日
  12. ^ Tete elevated to full WBO bantam champion Fightnews.com 2017年4月26日
  13. ^ 亀田和毅と久我勇作がWBOランク入り、テテ正規王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月27日
  14. ^ WBO champ Tete KOs Gonya in 11 seconds Fightnews.com 2017年11月18日
  15. ^ Fastest KO in title fight history Gympie Times 2017年11月19日
  16. ^ 世界戦最短新記録! テテがゴニャを11秒KO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月19日
  17. ^ Zolani Tete Suffers Injury, Narvaez Clash Pushed Back To April”. Boxing Scene.com (2018年1月15日). 2018年3月20日閲覧。
  18. ^ Tete beats Narvaez in snoozer Fightnews.com 2018年4月21日
  19. ^ ドネアはフランプトンに判定負け テテは完封勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月22日
  20. ^ WBSSバンタム級準決勝 テテ欠場でドネアは代役と Boxing News(ボクシングニュース) 2019年4月25日

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
亀田大毅
IBF世界スーパーフライ級王者

2014年7月18日 - 2015年6月2日(返上)

空位
次タイトル獲得者
マックジョー・アローヨ
暫定王座決定戦 対戦者
アーサー・ビラヌエバ
WBO世界バンタム級暫定王者
2017年4月22日 - 2017年4月22日
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
マーロン・タパレス
WBO世界バンタム級王者

2017年4月22日 - 現在

次王者
N/A