タジキスタン共産党

タジキスタンの共産主義政党

タジキスタン共産党(タジキスタンきょうさんとう、タジク語: Ҳизби Кумунисти Тоҷикистон、Hezb-e Komunist-e Tajikestan、ロシア語: Коммунистическая партия Таджикистана、ペルシア語:حزب کمونیست تاجیکستان, 英語: Communist Party of Tajikistan)は、タジキスタン政党

タジキスタンの旗 タジキスタン政党
タジキスタン共産党
Ҳизби Кумунисти Тоҷикистон
LogoKPT.svg
書記長 ショディ・シャブドロフ
成立年月日 1992年1月
本部所在地 ドゥシャンベ
代表者会議議席数
2 / 63   (3%)
(2020年3月1日)
政治的思想・立場 共産主義
国際組織 共産党・労働者党国際会議
共産党連合=ソビエト連邦共産党
テンプレートを表示

党員は、2005年現在で2万5千人。機関紙は「ニドイ・ランチバル」、「タジキスタンの声」、「トジキストン・オヴォジ」。

概要編集

1992年1月に復活。同年3月17日に法務省に登録。

2005年3月13日に行われたタジキスタン議会選挙では、得票率13.97パーセントで4議席を獲得した。[1]

タジキスタン共産党は、旧ソ連共産党書記のオレグ・シェーニンが創設したソ連共産党シェーニン派 Communist Party of the Soviet Union (Shenin)と提携していた。[2]

歴史編集

ソビエト時代編集

最初の社会民主主義グループは1905年のロシア第一革命の間にタジキスタンで発生し、1917年の終わりから1918年の初めまでに、ボルシェビキの組織がホジェンドイスタラフシャンパンジケント、シュラブに設立された。1924年12月6日、政府はタジク自治ソビエト社会主義共和国ウズベキスタン共産党中央委員会の組織局を設立した。最初のタジク党大会は1927年10月21日から27日まで開催された。1929年11月25日、CPSUの政治局の決定により、CPTはCPUからの分離によって形成された。1975年、CPTには94,000人以上のメンバーがいた。

独立後編集

ソ連崩壊後、タジキスタンの社会党のCPTの名前を変更することが投票されたが、1991年12月までに、共産党の活動の禁止が解除された[3][4]タジキスタン内戦中、CPTは政府とタジキスタン人気戦線を支援した。現在、タジキスタン共産党はエモマリ・ラフモン政権に無関心である。2000年代以降、CPTは有権者の過半数を失い、今日の党の有権者は主に定年の人々で構成されている。

脚注編集

関連事項編集

外部リンク編集