ソビエト連邦の崩壊

ソビエト連邦が解体された出来事
ソ連崩壊から転送)

ソビエト連邦の崩壊(ソビエトれんぽうのほうかい、: распад CCCP)では、1991年12月ソビエト連邦共産党解散を受けた全ての連邦構成共和国主権国家としての独立、ならびに同年12月25日ソビエト連邦(ソ連)大統領ミハイル・ゴルバチョフの辞任に伴い、ソビエト連邦が解体された出来事[1][2]について述べる。

概要編集

1917年11月7日ロシア革命十月革命)からロシア内戦を経て1922年12月30日に成立したソビエト連邦は、69年後の1991年12月25日に崩壊した。同日、ソビエト連邦に比して規模が小さいロシア連邦が成立した。かつてのソビエト連邦を構成した国々は、それぞれが独立国として別々の外交政策を採り始めた。

  1. ソビエト連邦が解体され、CISという緩やかな国家同盟へと変容した。
  2. ロシアの歴史を見ても、現在まで続くロシア連邦は、ソビエト連邦成立以前のロシア帝国の後継国家として、自国の起源を定義しており、一党独裁については明確に否定した上で自由選挙を行う共和制多党制国家となった。正式な国旗や軍旗などもロシア帝国時代の物を採用している。
  3. アメリカ合衆国が名実共に唯一の超大国となり、アメリカ単独覇権の時代が始まった。
  4. 共産主義大国が、中華人民共和国に取って代わった。
  5. 核兵器という究極兵器を持つ国家が、軍事的に衰えないまま潰れた。世界最強の軍事大国が軍事力以外の要因で潰れるのはあり得なかった出来事であり、これは国際政治学でのパワーポリティクス現実主義)への批判を招いた(ハード・パワーからソフト・パワーへの移行)。

ソビエト連邦の崩壊は、これら五つの意味を持つ。1989年から1992年までは、東欧の脱共産化東西ドイツの統一、そしてソビエト連邦の崩壊というように、冷戦が終わると同時に「世界地図が塗り替わった時代」であり、冷戦の一方の超大国であるソ連の崩壊はそれを象徴する大事件でもある。

社会主義の実現を信じていた西側諸国(自由主義国)内のソ連型社会主義政党や政治学者は、イデオロギー論争に敗北し、冷戦時代にソビエト共産党から受けていた資金提供の実態が、ロシア連邦政府による情報公開によって暴露された。ソ連型社会主義とは一線を画するユーロコミュニズム政党だったイタリア共産党も解散し、日本共産党名誉議長だった野坂参三は、1930年代のソ連滞在当時に、同志の山本懸蔵を密告した事実が判明、満100歳を超えていながら除名された[3]

しかし、中国やキューバなど、ソビエト連邦以外にも東側諸国(共産国)が幾らでもあるにも拘わらず、西側諸国は「ソビエト連邦の崩壊=共産主義の絶滅」と錯覚してしまった。これが、別の共産国である中華人民共和国の大国化を許す結果になった。冷戦後期においても、アメリカが共産中国と結んでソ連に対抗する政策を取っていたこと、文化大革命などの影響で経済が非常に立ち遅れていたために、共産中国が大国化してアメリカと対峙することを予測する向きは少なかった。

独立国家共同体の設立編集

反ゴルバチョフを掲げる国家非常事態委員会などの守旧派による8月クーデター失敗後、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国もソビエト連邦からの離脱を国民投票英語版ロシア語版ウクライナ語版で決定し、12月8日に急遽行われたロシア共和国白ロシア、ウクライナの代表者による秘密会議においてベロヴェーシ合意が宣言され、3ヶ国のソビエト連邦からの離脱と欧州共同体(EC)と同レベルの共同体の創設が確認された。

その後の12月21日ロシアを始めとした12共和国が、ソビエト連邦に代わる新しい枠組みとして独立国家共同体(CIS)の設立を宣言するアルマ・アタ宣言英語版に調印したことで、明確にソビエト連邦の消滅が宣告された。日本のマスメディアは、この1991年12月21日をソビエト連邦の消滅と見なす見解がある[4]

こうした中で、12月25日19時の会見で、ミハイル・ゴルバチョフソビエト連邦大統領の辞任を表明し、辞任と同時にクレムリンに掲げられていたソビエト連邦の「鎌と鎚の赤旗」の国旗も降ろされ、これに代わってロシア連邦の「白・青・赤の三色旗」の国旗が揚げられた。翌日12月26日にはソ連最高会議共和国会議ロシア語版でソ連の消滅が確認された。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 森下敏男「ソビエト・システムの崩壊と大統領制の誕生 : 1990年第3回ソ連邦人民代議員大会の展開」第6巻、2018年12月7日閲覧。
  2. ^ Распад СССР и его последствия для мира”. diplom-legko.ru. 2018年12月7日閲覧。
  3. ^ 小林峻一、加藤昭 『闇の男 野坂参三の百年』文藝春秋、1993年
  4. ^ 例えば、朝日新聞は、アルマ・アタ宣言の翌日である1991年12月22日付1頁で、「ソ連69年の歴史に幕」と報じている。

関連文献編集

  • 『読売報道写真集 1992』読売新聞社編、読売新聞社、1992年2月。ISBN 978-4-643-92012-3

関連項目編集

ソ連崩壊に関する出来事
冷戦終結期の出来事

外部リンク編集