ターナー・フィールド

ターナー・フィールドTurner Field)は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタにかつて存在した野球場1997年から2016年までMLBアトランタ・ブレーブスのホーム球場であった。1996年アトランタオリンピックのメイン会場であるセンテニアル・オリンピックスタジアムを野球用に改築したスタジアムである。閉場後は再び改築され、現在はアメリカンフットボール専用スタジアムの「センターパーク・スタジアム」となっている(後述)。

ターナー・フィールド
The Ted
ターナー・フィールド
ターナー・フィールドの位置(アトランタ内)
ターナー・フィールド
施設データ
所在地 755 Hank Aaron Drive SE
Atlanta, Georgia 30315
座標 北緯33度44分08秒 西経84度23分22秒 / 北緯33.73556度 西経84.38944度 / 33.73556; -84.38944座標: 北緯33度44分08秒 西経84度23分22秒 / 北緯33.73556度 西経84.38944度 / 33.73556; -84.38944
開場 1997年3月29日
閉場 2016年10月2日
所有者 アトランタ市、フルトン郡
グラウンド 天然芝(GN-1 Bermuda Grass)
建設費 2億3500万ドル
設計者 Heery International, Inc.
Rosser International, Inc.
Williams-Russell and Johnson, Inc.
Ellerbe Becket, Inc.
建設者 Beers Construction Co.
HJ Russell Construction Co.
CD Moody Construction Co.
使用チーム • 開催試合
アトランタ・ブレーブスMLB)(1997年 - 2016年)
収容能力
50,091人
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 335 ft(約102.1 m)
左中間 - 380 ft(約115.8 m)
中堅 - 401 ft(約122.2 m)
右中間 - 390 ft(約118.9 m)
右翼 - 330 ft(約100.6 m)
バックネット - 53 ft(約16.2 m)
フェンス 8 ft(約2.4 m)

概要編集

元々ブレーブスは1966年から1996年まで、同じアトランタ市内にあるアトランタ・フルトン・カウンティ・スタジアムを使用していたが、施設の老朽化が著しいことを理由に、1996年のアトランタオリンピックのメイン会場として使用された陸上競技場(センテニアル・オリンピックスタジアム)を野球場に作り変えて1997年のシーズン開幕から新本拠地球場とした。フルトン・カウンティ・スタジアム跡は当球場の駐車場として整備されている。

球場名はファンから「ハンク・アーロン・スタジアム」にしようとの要望があったが、結局アメリカのメディア王として知られ、ターナー・ブロードキャスティング・システム(TBS)、並びにブレーブスを所有していたテッド・ターナーの名を冠したものとなった。

この球場には、世界最大級の屋外型デジタルハイビジョン映像スクリーンが設置されている。これは日本の三菱電機が製造したオーロラビジョンで、以前はギネスブックにも世界最大と認定されていた(2006年9月30日からは東京競馬場のオーロラビジョンが世界最大となった)。

2005年3月23日にオープニング・セレモニーを行い運用を開始、ギネス認定式も同セレモニーにおいて実施した。セレモニーでは、メジャーリーグ最多本塁打記録をもつ元ブレーブスのハンク・アーロンによる点灯式が行われた。デジタルスクリーンコントローラーを採用しており、デジタルハイビジョン映像やパソコンの映像を同時に3画面まで合成して表示できる。表示素子には高輝度LEDを利用し、画素ピッチは2cm(素子ピッチは1cm)。画素数は1088×1200画素。スクリーンサイズは縦21.76m×横24.0m(1275インチ相当)となっている。

2008年、2013年、2015年に転落死亡事故が起きた [1]

2016年で20年の借用権が期限切れとなるのにともない、ブレーブスが本拠地をアトランタ郊外のサントラスト・パークに移転するため19年の歴史に幕を下ろした。シーズン最終戦、最後の公式戦を前に、かつてビッグスリーと呼ばれたグレッグ・マダックストム・グラビンジョン・スモルツの3人が並んで始球式が行われた[2]。 球場はジョージア州立大学に譲渡されて25,000人収容のフットボール球技場に改装され、名称も「ジョージア・ステート・スタジアム」に改称された[3][4]。本球場のホームプレートはサントラスト・パークへと移設される[5]

フィールドの特徴編集

右中間が広くなっているため、中堅手や右翼手には守備範囲の広さや強肩が求められる。 またシーズン序盤は風が吹きピッチャーに有利だが、夏場になるとホームランがよく出るようになる。季節ごとに特徴が変わる球場である。

設備、アトラクション、演出編集

トマホーク・チョップ

スコアボードの上部にはロゴにも描かれているトマホークが設置されている。ブレーブスが得点のチャンスを迎えるとトマホークが動き出し、ファンはトマホークを模した応援グッズを音楽に合わせて振り回す。

主要な出来事編集

ジョージア・ステート・スタジアム編集

ジョージア・ステート・スタジアム
Georgia State Stadium
センターパーク・スタジアム
Center Parc Stadium
 
施設情報
所在地 755 Hank Aaron Drive SE
Atlanta, Georgia 30315
開場 2017年8月18日
所有者 ジョージア州立大学
グラウンド 天然芝
旧称
センテニアル・オリンピックスタジアム (1996)
ターナー・フィールド (1997 - 2016)
使用チーム、大会
NCAA / ジョージア・ステート・パンサーズ(2017 - 現在)
AAF / アトランタ・レジェンズ(2019)
収容能力
24,333人(2016年)

ジョージア・ステート・スタジアムGeorgia State Stadium)は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタにあるアメリカンフットボール専用スタジアムである。NCAAジョージア・ステート・パンサーズが本拠地として使用している。2017年開場。2020年にアトランタ・ポスタル・クレジット・ユニオンが15年間の命名権を取得し、センターパーク・スタジアムCenter Parc Stadium)と改名された。

ターナー・フィールドの座席は概ね残されたうえ、フィールド部分に新たに座席を設置したため、グラウンドは狭くなっている。また、元のオリンピックスタジアムと比較しても小規模になっている。座席は低層階のみの使用となるため、席自体の数は増えたものの、収容能力は大幅に落としている。

脚注編集

  1. ^ スポーツニッポン (2015年8月29日). “マー君沈痛 観客が転落死「観客がざわざわして…」”. http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/08/31/kiji/K20150831011037460.html 2015年8月21日閲覧。 
  2. ^ Atlanta Braves give Turner Field a rousing send-off in final game”. ESPN (2017年10月3日). 2017年6月4日閲覧。
  3. ^ AFPBB News (2013年11月12日). “ブレーブス、2017年から新本拠地に移転”. http://www.afpbb.com/articles/-/3003139 2016年10月7日閲覧。 
  4. ^ The Stadium” (英語). Georgia State University. ジョージア州立大学. 2018年9月2日閲覧。
  5. ^ Paul, Newberry (2016年10月2日). “Final game: Turner Field gets rousing send-off; home plate transferred to SunTrust Park” (英語). The Marietta Daily Journal. Associated Press (Marietta, Georgia, USA). http://www.mdjonline.com/news/final-game-turner-field-gets-rousing-send-off-home-plate/article_16183fac-8910-11e6-8471-2b0d43ef3d9d.html 2016年12月2日閲覧。 
  6. ^ Cox breaks all-time ejections recordMLB.com 2012年10月5日閲覧

外部リンク編集

前本拠地:
フルトン・カウンティ・スタジアム
1966 - 1996
アトランタ・ブレーブスの本拠地
1997 - 2016
次本拠地:
トゥルーイスト・パーク
2017年 -
先代:
フェンウェイ・パーク
MLBオールスターゲーム開催場
第71回(2000年
次代:
セーフコ・フィールド