ダンツシリウス[1]日本競走馬繁殖牝馬。おもな勝鞍は1998年シンザン記念チューリップ賞

ダンツシリウス
欧字表記 Dantsu Sirius[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 芦毛[1]
生誕 1995年3月29日[1]
死没 2008年7月18日(13歳没)
登録日 1997年4月24日
抹消日 1998年11月25日
タマモクロス[1]
スイートニース[1]
母の父 ハードツービート[1]
生国 日本の旗 日本北海道門別町[1]
生産 長田ファーム[1]
馬主 山元哲二[1]
調教師 山内研二栗東[1]
競走成績
生涯成績 12戦3勝[1]
獲得賞金 1億1084万3000円[1]
 
勝ち鞍
GIII シンザン記念 1998年
GIII チューリップ賞 1998年
テンプレートを表示

戦歴編集

1997年6月、この年の最初の3歳新馬戦にてデビュー。初勝利を2ヵ月後にあげると1勝馬ながら阪神3歳牝馬ステークスに出走し3着と健闘する。

続くシンザン記念では圧倒的な支持を集めたアグネスワールドが不良馬場に苦戦するのを尻目に差しきり勝ちを収め牡馬相手に重賞初勝利を記録、さらにチューリップ賞では2番人気の支持に応え、馬群中位置から抜け出し優勝。重賞2連勝で桜花賞に弾みをつけた。

しかし1番人気に推された桜花賞では、ロンドンブリッジの作り出した前半1000メートルが57秒7というハイペースに巻き込まれ、直線既に脚色なく馬群に沈み11着と大敗を喫する。

レース後、オークスに向け調整がなされていたが、5月6日の調教中に右第1趾骨骨折を発症。翌日に施術され放牧休養に出されたものの、11月の帰厩後に左前種子骨を骨折。重度のものであるため現役復帰は不可能と判断され、そのまま引退となった。

競馬評論家の大川慶次郎は桜花賞前に「キャリア11戦と明らかに使いすぎ、調子も下降線で気になる」と同馬を懸念していた[2]

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.com[3]およびJBISサーチ[4]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
(kg)
距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム差 勝ち馬/(2着馬)
1997.06.07 函館 3歳新馬 10 8 10 03.1 0(1人) 09着 藤田伸二 53 芝1000m(良) 1:00.9 (36.9) -1.6 テツマスター
0000.08.10 札幌 3歳未勝利 11 8 10 10.3 0(5人) 02着 熊沢重文 53 芝1800m(重) 1:53.5 (39.2) -0.3 マイネルシャンセ
0000.08.24 札幌 3歳未勝利 6 2 2 01.8 0(1人) 01着 熊沢重文 53 芝1200m(良) 1:10.8 (36.2) -0.3 (ワンダーフルフィル)
0000.09.06 札幌 3歳500万下 16 5 10 09.5 0(2人) 05着 熊沢重文 53 芝1200m(良) 1:11.8 (37.2) -1.9 ロンドンブリッジ
0000.09.20 札幌 札幌3歳S GIII 14 4 5 94.3 (14人) 14着 菊沢隆徳 53 芝1800m(良) 1:54.6 (41.0) -3.7 アイアムザプリンス
0000.10.11 京都 りんどう賞 500 12 3 3 87.1 (10人) 02着 藤田伸二 53 芝1400m(良) 1:22.8 (34.8) -0.2 ビクトリアスバイオ
0000.11.01 京都 ファンタジーS GIII 12 8 12 49.1 0(7人) 05着 四位洋文 53 芝1400m(良) 1:22.1 (33.7) -0.9 ロンドンブリッジ
0000.11.16 京都 白菊賞 500 13 7 10 05.0 0(2人) 04着 藤田伸二 53 芝1600m(良) 1:35.8 (37.3) -0.9 マウントアラタ
0000.11.30 阪神 阪神3歳牝馬S GI 16 8 15 19.7 0(8人) 03着 O.ペリエ 53 芝1600m(良) 1:36.0 (36.7) -0.2 アインブライド
1998.01.18 京都 シンザン記念 GIII 15 6 11 16.4 0(5人) 01着 四位洋文 53 芝1600m(不) 1:36.8 (36.9) -0.9 (アグネスワールド)
0000.03.07 阪神 チューリップ賞 GIII 13 1 1 02.9 0(2人) 01着 四位洋文 54 芝1600m(良) 1:36.9 (34.6) -0.1 (ロッチラヴウインク)
0000.04.12 阪神 桜花賞 GI 18 4 8 03.8 0(1人) 11着 四位洋文 55 芝1600m(良) 1:35.0 (36.8) -1.0 ファレノプシス

繁殖成績編集

生まれ故郷である北海道・門別の長田ファームにて繁殖牝馬として繋養されていたが、不受胎が多く4頭の産駒(4頭すべて牝馬)しか残せなかった。後に広中稔牧場に移動している。2008年7月に疝痛で死亡。後継牝馬は出なかった。

産駒一覧編集

生年 馬名 毛色 馬主 管理調教師 戦績 主な勝利競走 供用 出典
初仔 2000年 ダンツフラワー 芦毛 コマンダーインチーフ 山元哲二 美浦・伊藤伸一 2戦0勝 [5]
2番仔 2002年 シリウススポート 鹿毛 マヤノトップガン (有)ターフ・スポート
→濱本泰彰
→浜井弘至
美浦久保田貴士
園田・柏原誠路
29戦5勝(うち地方24戦5勝) [6]
3番仔 2007年 (ダンツシリウスの2007) ストラヴィンスキー (血統登録) [7]
4番仔 2008年 (ダンツシリウスの2008) 芦毛 アルカセット (血統登録) [8]

血統表編集

ダンツシリウス血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 フォルティノ系(ナスルーラ系
[§ 2]

タマモクロス
1984 芦毛
父の父
シービークロス
1975 芦毛
*フォルティノ
Fortino
Grey Sovereign
Ranavalo
ズイショウ *パーソロン
キムラス
父の母
グリーンシャトー
1974 栗毛
*シャトーゲイ
Chateaugay
Swaps
Banquet Bell
クインビー *テューダーペリオッド
コーサ

スイートニース
1980 鹿毛
*ハードツービート
Hard to beat
1969 鹿毛
*ハーディカヌート
Hardicanute
*ハードリドン
Harvest Maid
Virtuous Above Suspicion
Rose of India
母の母
スイートチェリー
1970 芦毛
*パーソロン
Partholon
Milesian
Paleo
スイートエイト *ゲイタイム
*スヰート F-No. 1-s
母系(F-No.) スヰート(USA)系(FN:1-s) [§ 3]
5代内の近親交配 パーソロン4×3=18.75% [§ 4]
出典
  1. ^ [9]
  2. ^ [10]
  3. ^ [9]
  4. ^ [9][10]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ダンツシリウス”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年11月13日閲覧。
  2. ^ 1998年4月12日日刊スポーツ
  3. ^ ダンツシリウスの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年11月13日閲覧。
  4. ^ ダンツシリウス 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年11月13日閲覧。
  5. ^ ダンツフラワー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年11月13日閲覧。
  6. ^ シリウススポート”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年11月13日閲覧。
  7. ^ (ダンツシリウスの2007)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年11月13日閲覧。
  8. ^ (ダンツシリウスの2008)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年11月13日閲覧。
  9. ^ a b c ダンツシリウス 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年11月13日閲覧。
  10. ^ a b c ダンツシリウスの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年11月13日閲覧。

外部リンク編集