四位洋文

四位 洋文(しい ひろふみ、1972年11月30日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 栗東所属の騎手。叔父に、元騎手の四位満教(しい みちのり)がいる。

四位洋文
Hirofumi-Shii20100328.jpg
2010年高松宮記念表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県姶良郡牧園町
(現・霧島市
生年月日 (1972-11-30) 1972年11月30日(44歳)
身長 160.0cm
体重 50.0kg
血液型 B型
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
所属厩舎 フリー
初免許年 1991年
免許区分 平地[1]
経歴
所属 栗東・古川平(1991.3 - 1996.10)
栗東・フリー(1996.10 -)
テンプレートを表示

妻は元エンドレスギャルズ(9期)の鈴木美帆子

目次

来歴編集

小学校3年よりポニーでの乗馬を経験しており、競馬学校入学以前すでに乗馬では全国区の活躍をし、乗馬雑誌「乗馬ライフ」でも取り上げられたことがある[2]。同期の安田は、自身の引退後に競馬評論家となったが、「競馬最強の法則」2017年11月号で競馬学校時代の四位のことを「馬乗りが上手であった」旨を簡潔ながらも述べていた。

中学校卒業後に競馬学校に入学(7期生)、同期には藤田伸二安田康彦橋本広喜らがいる。競馬学校では教官から馬乗りを評価され7期生の中では一番の注目株であり、成績も優秀であった[2]

1991年古川平厩舎からデビュー。同期の藤田が1年目から重賞を勝利するなどの華々しい活躍をしていたのとは対照的に、デビューから3年間はあまり目立った成績は挙がらなかった[2][3]

4年目の1994年ゴールデンジャック桜花賞トライアル4歳牝馬特別を制して重賞初勝利。本番の桜花賞では13着に敗れたものの、続く4歳牝馬特別に勝利し、優駿牝馬(オークス)では2着に入るなどの活躍を見せた。この頃から成績も伸びてきて、関西リーディングの上位に名を連ねるようになる。

1996年にはイシノサンデー皐月賞を制し、GI初勝利。同年に古馬にも開放された牝馬限定GIエリザベス女王杯ではダンスパートナーに騎乗してこれを制した。

2001年には騎手を引退した的場均の後を受けアグネスデジタルに騎乗、マイルチャンピオンシップ南部杯天皇賞(秋)香港カップを制した。特に天皇賞(秋)はテイエムオペラオーを破る快挙だった。この年は、98勝を挙げ関西リーディングに輝いている。また、アグネスデジタルでは2002年フェブラリーステークスを、2003年には安田記念を勝利した。

2006年2月18日東京競馬第10競走の勝利で、JRA通算1000勝を達成した。

2007年5月27日、第74回東京優駿(日本ダービー)ウオッカで勝利し、日本ダービー初制覇。これは、クリフジ以来64年振り3頭目となる牝馬による日本ダービー勝利という快挙であった。また同年10月21日、第68回菊花賞アサクサキングスで勝利し、三冠競走の全てに勝利した(史上17人目)。また同一年の日本ダービー・菊花賞を異なる馬で制覇したのも国営競馬・中央競馬を通じ、現行の3歳クラシック路線が整備されて以降、史上初となるものであった。ただしその後、四位はウオッカから降ろされている。

2008年5月11日の第13回NHKマイルカップおよび同年6月1日の第75回東京優駿をディープスカイで制覇した。特に東京優駿は前年のウオッカに続く2年連続制覇(武豊に次ぐ史上2人目)であり、かつ牡馬と牝馬の双方での制覇は国営競馬・中央競馬を通じて史上初となるものであった。

成績編集

GI及びJpnI競走勝利編集

斜字は交流GI太字は海外GIを指す)

年度別成績編集

年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 備考
1991年 10 17 15 180 .056 .150 .233
1992年 24 33 23 297 .081 .192 .269
1993年 27 23 27 341 .079 .147 .226
1994年 56 40 36 493 .114 .195 .268
1995年 64 59 46 497 .129 .247 .340
1996年 71 69 56 578 .123 .242 .339
1997年 64 65 69 534 .120 .242 .371
1998年 85 80 44 572 .149 .288 .365
1999年 85 81 66 675 .126 .246 .344 JRAフェアプレー賞(関西)
2000年 101 81 72 730 .138 .249 .348 JRA優秀騎手賞
JRAフェアプレー賞(関西)
2001年 98 72 52 613 .160 .277 .362 JRA優秀騎手賞
関西リーディング
JRAフェアプレー賞(関西)
2002年 85 75 73 694 .122 .231 .336 JRAフェアプレー賞(関西)
2003年 73 53 55 654 .112 .193 .277 JRAフェアプレー賞(関西)
2004年 74 75 49 624 .119 .239 .317 JRAフェアプレー賞(関西)
2005年 78 57 58 644 .121 .210 .300
2006年 64 81 64 680 .094 .213 .307 1000勝達成
2007年 62 31 44 507 .122 .183 .270 JRAフェアプレー賞(関西)
2008年 50 39 40 490 .102 .182 .263
2009年 54 32 36 434 .124 .198 .281 JRAフェアプレー賞(関西)
2010年 54 47 35 459 .118 .220 .296 中京競馬記者クラブ賞
2011年 51 36 43 421 .121 .207 .309 JRAフェアプレー賞(関西)
2012年 45 39 43 430 .105 .195 .295
2013年 49 46 28 406 .121 .234 .303
2014年 40 30 30 375 .107 .187 .267
中央 1464 1261 1104 12328 .119 .221 .311
地方 24 21 19 110 .218 .409 .582

(2015年1月2日現在 JRA騎手名鑑より)

記録編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1991年3月2日 1回中京3日2R 4歳未勝利 キリシマミズキ 16頭 11 13着
初勝利 1991年5月19日 5回京都2日8R 5歳上500万円下 サンラブホーラー 13頭 3 1着
重賞初騎乗 1992年6月7日 3回阪神6日11R 阪急杯 ナムラボレロ 10頭 7 10着
重賞初勝利 1994年3月20日 1回中京8日11R 4歳牝馬特別 ゴールデンジャック 14頭 8 1着
GI初騎乗 1994年4月10日 3回阪神6日10R 桜花賞 ゴールデンジャック 18頭 7 13着
GI初勝利 1996年4月14日 2回中山8日10R 皐月賞 イシノサンデー 18頭 4 1着

エピソード編集

  • 競馬雑誌『サラブレ』にて「ジョッキーズ・トーク」なる自らのコーナーをもち、対談とエッセイを執筆している。2008年1月より2009年まで『週刊プレイボーイ』で連載を始めた。
  • 横山典弘と仲が良くサラブレや週刊Gallopで対談を行っている。また若手に対して面倒見がよく慕われており、1000勝達成時のセレモニーでは松岡正海藤岡佑介の両騎手が看板持ちを務めた。
  • 2006年宝塚記念では枠番4・馬番4・4番人気のダイワメジャーに騎乗して4着になり、名前の一部分(位)も含め全て4づくしという結果となった。
  • 1999年の函館開催にて、四位の出馬投票を忘れた菊池憲太に対し、教育的指導と称して一方的な暴行を加えていたことが発覚。後日JRAから処分を受けている。
  • 平安ステークス1999年から、日経新春杯2002年からそれぞれ3連覇している。この他にも京都記念を4勝、京都金杯を2勝などを挙げている。
  • 2008年のNHKマイルカップ制覇後、検量室前で両手を上げガッツポーズした際、鞍上から振り落とされ右手関節を捻挫。最終第12競走が後藤浩輝に乗り替わりとなった。
  • 2008年の東京優駿(日本ダービー)表彰式後の勝利騎手インタビュー中に、「しーい、しーい」とコールをしつこく連呼する観客に対し「うるせぇよ、おい!」と一喝。JRAは「マナーの悪い観客を制裁する意味合いがあった」と発表している。
  • 2008年8月30日札幌第1競走で斜行し、騎乗停止4日の処分を受けた。なお、この斜行によって落馬した小林徹弥は右鎖骨遠位端粉砕開放骨折と診断された。
  • 2009年5月24日レッドディザイアで挑んだ第70回優駿牝馬(オークス)で1万回騎乗を達成。「僕を育ててくれた両親に感謝の気持ちを伝えたいですね」とのコメントを残す。
  • 大の競艇好きであり、競艇選手の田中信一郎と親交が深い。
  • 騎乗依頼仲介者小原靖博(競馬ブック)。

テレビ出演編集

連載編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月6日閲覧。
  2. ^ a b c 藤田伸二「特別模範男」2006年 宝島社
  3. ^ 藤田伸二「騎手・藤田伸二 20年の「男道」」2010年 宝島社
  4. ^ 第68回 朝日杯フューチュリティステークス - JRA

関連項目編集

外部リンク編集