メインメニューを開く

アインブライドとは、日本の競走馬繁殖牝馬である。1997年阪神3歳牝馬ステークスに優勝し、同年のJRA賞最優秀3歳牝馬(旧称。現在のJRA賞最優秀2歳牝馬)に選ばれた。

アインブライド[1]
欧字表記 Ein Bride[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1995年4月14日[1]
死没 2002年3月28日(7歳没)
コマンダーインチーフ[1]
セブンレットウ[1]
母の父 パーソロン[1]
生国 日本の旗 日本北海道新冠町[1]
生産 北星村田牧場[1]
馬主 荒木美代治[1]
調教師 宮徹栗東[1]
厩務員 佐藤正美
競走成績
タイトル JRA賞最優秀3歳牝馬(1997年)[1]
生涯成績 14戦3勝(うち地方1戦0勝)[1]
獲得賞金 8807万7000円[1]
 
勝ち鞍
GI 阪神3歳牝馬S 1997年
テンプレートを表示

戦績編集

母セブンレットウの4番仔として1995年4月14日に生まれた。父コマンダーインチーフは、アインブライドをはじめとした1995年生まれが初年度産駒だった。なお、本馬は抽選馬である[2]。宮徹厩舎の管理馬として、1997年8月9日小倉競馬第7競走で古川吉洋を背にデビューしたアインブライドは、単勝2番人気に支持されるが3着に敗れる。その3週間後のレースで勝ち上がると、続けて野路菊ステークスを勝利、さらにファンタジーステークス7着を経て、同年暮れの阪神3歳牝馬ステークスに挑む。

この年の阪神3歳牝馬ステークスは、絶対的な主役は不在、さらに若い牝馬のレースでもあることから波乱を予想する声も少なくなかった。単勝7番人気のアインブライドは、道中は中団を追走。直線では内から一気に末脚を伸ばし、キュンティアを抑え1着でゴールした。騎乗していた古川にとってはGI初勝利であった。勝利騎手インタビューでは古川が「馬鹿騒ぎをしたい」とコメントした。この阪神3歳牝馬ステークスの勝利が評価され、アインブライドは同年の最優秀3歳牝馬に選出される。

阪神3歳牝馬ステークスを制したが、年が明けて挑んだ2月のきさらぎ賞では、単勝2番人気の支持を受けながらも見せ場なく7着。続くチューリップ賞では3着に入るが、牝馬クラシックレース第一弾桜花賞では良いところなく10着に敗れる。その後の優駿牝馬(オークス)でも冴えは見られず12着という結果に終わる。それからおよそ10ヶ月の休養を経て、翌年のマイラーズカップで戦線に復帰するが、13着に敗れた。以後4回レースに出走するが成績は落ち込んだままで、結局、阪神3歳牝馬ステークスの勝利がアインブライドにとって最後の勝利となった。

アインブライドは1999年のマーメイドステークスを最後に現役を引退。

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.com[3]およびJBISサーチ[4]の情報に基づく。

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ(人気) 着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 勝ち馬/(2着馬)
1997.08.09 小倉 新馬 芝1200m(良) 14 2 2 03.9(2人) 3着 1:10.8 (35.4) -0.1 古川吉洋 52kg メイショウオウドウ
0000.08.30 小倉 新馬 芝1200m(良) 8 2 2 01.7(1人) 1着 1:10.4 (34.7) -0.3 古川吉洋 52kg (ゼンノシチョウ)
0000.09.27 阪神 野路菊S OP 芝1600m(良) 14 5 8 04.4(2人) 1着 1:36.4 (37.0) -0.2 古川吉洋 53kg (ユノプリンス)
0000.11.01 京都 ファンタジーS GIII 芝1400m(良) 12 5 6 09.1(4人) 7着 1:22.5 (34.4) -1.3 古川吉洋 53kg ロンドンブリッジ
0000.11.30 阪神 阪神3歳牝馬S GI 芝2200m(良) 16 1 2 13.9(7人) 1着 1:35.8 (36.5) -0.2 古川吉洋 53kg (キュンティア)
1998.02.08 京都 きさらぎ賞 GIII 芝1800m(稍) 16 2 3 07.7(2人) 9着 1:53.0 (37.2) -1.7 古川吉洋 55kg スペシャルウィーク
0000.03.07 阪神 チューリップ賞 GIII 芝1600m(良) 13 5 8 06.8(3人) 3着 1:37.1 (34.9) -0.2 古川吉洋 54kg ダンツシリウス
0000.04.12 阪神 桜花賞 GI 芝1600m(良) 18 6 11 13.6(6人) 10着 1:34.8 (36.1) -0.8 古川吉洋 55kg ファレノプシス
0000.05.31 東京 優駿牝馬 GI 芝2400m(良) 18 8 17 33.9(10人) 12着 2:29.7 (35.3) -1.6 古川吉洋 55kg エリモエクセル
1999.03.07 阪神 マイラーズC GII 芝1600m(稍) 14 4 5 163.4(13人) 13着 1:39.0 (39.0) -3.4 古川吉洋 54kg エガオヲミセテ
0000.04.07 船橋 マリーンC GIII ダ1600m(良) 9 2 2 0-(8人) 9着 1:43.9 (-) -3.1 古川吉洋 55kg ファストフレンド
0000.05.09 東京 メトロポリタンS OP 芝2300m(良) 16 4 8 112.0(14人) 14着 2:20.5 (35.9) -2.2 小林淳一 50kg セイウンエリア
0000.06.05 中京 テレビ愛知OP OP 芝1800m(良) 16 1 1 51.8(13人) 13着 1:49.1 (36.8) -1.4 古川吉洋 55kg アンブラスモア
0000.06.27 阪神 マーメイドS GIII 芝2000m(重) 15 7 12 43.4(10人) 11着 2:05.5 (37.8) -1.9 橋本美純 55kg エリモエクセル

引退後編集

北海道日高郡新ひだか町(旧静内町)の塚尾牧場で繁殖入りするが、初年度産駒のアインノール(父フォーティナイナー)を産んだ翌年の2002年に急死する。

唯一の産駒アインノールは母と同じ宮厩舎入りするが、脚元が弱くデビューは遅れ、3歳8月の小倉競馬でようやくデビューが決まるも出走取り消し、結局中央競馬では一度も出走できないままホッカイドウ競馬に移籍し、そこで2戦して3着、2着の成績を残すがそのまま引退。現在は乗馬クラブ『クレイン竜ヶ崎』に乗馬として在籍している。

血統表編集

アインブライド血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 リファール系
[§ 2]

*コマンダーインチーフ
Commander in Chief
1990 鹿毛
父の父
*ダンシングブレーヴ
Dancing Brave
1983 鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Navajo Princess Drone
Olmec
父の母
Slightly Dangerous
1979 鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Where You Lead Raise a Native
Noblesse

セブンレットウ
1984 鹿毛
*パーソロン
Partholon
1960 鹿毛
Milesian My Babu
Oatflake
Paleo Pharis
Calonice
母の母
ホクセーミドリ
1976 黒鹿毛
*ヴェンチア Relic
Rose o'Lynn
*フェアリーテイル Sicambre
Fee Royale
母系(F-No.) フェアリーテイル系(FN:4-j) [§ 3]
5代内の近親交配 なし [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ アインブライド 5代血統表2017年8月28日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com アインブライド 5代血統表2017年8月28日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ アインブライド 5代血統表2017年8月28日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ アインブライド 5代血統表2017年8月28日閲覧。


祖母ホクセーミドリは1979年ラジオたんぱ賞の勝ち馬。同年の牝馬クラシック戦線で活躍し、阪神四歳牝馬特別2着、優駿牝馬ではアグネスレディーの3着の成績を残している。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p アインブライド”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。
  2. ^ JRA育成馬とは”. 日本中央競馬会. 2018年12月25日閲覧。
  3. ^ アインブライドの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月20日閲覧。
  4. ^ アインブライド 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。

外部リンク編集