メインメニューを開く

チビ太

チビ太(チビた)は、赤塚不二夫ギャグ漫画おそ松くん』に登場する架空の人物である。

目次

人物編集

身長60センチ[1]の小柄な男児で、坊主頭のてっぺんにの毛が1本生えている。左右の頬に3本の線があるがこれは鼻水が乾いて固まった状態のビジュアル化[2] 。生意気で負けず嫌いな腕白少年で、笑い声は「ケケッ」。よく六つ子にいじめられているが、イヤミと悪巧みにはげむことも多い。基本的に純粋で心優しい性格。刑事やガンマン、桃太郎など様々な役を演じている。ブラックな作品が多いおそ松くんのキャラの中で、感動の名作の主人公になることが多く、ある意味「おそ松くん」の影の主役とも言える。アニメ第2作では、怒ると「てやんでぇバーローちくしょーっ!」とべらんめぇ口調になる。

チビ太のおでん編集

△
〇
□
|
チビ太のおでん

好物はおでん。漫画では鍋で煮込んで自作するシーンもあるが、おでんの屋台で買った串にさしたものを持って登場することが多く、キャラクターを特徴づける道具のひとつになっている。このおでんは上からコンニャクガンモナルトで、だしは関西風と設定されている[3] 。作者の赤塚によれば、子供の頃、酒を飲ませる大人向けのおでん屋とは別に子供のおやつにおでんを売りにくる屋台があり、ちくわぶ、ガンモ、コンニャクを串に刺して1本5円で売っていたという[4]

モデル編集

チビ太のモデルは、赤塚が少年時代に近所に住んでいた馬車屋の息子。ガキ大将だった赤塚がいくらいじめてもめげずについてくる憎めない子で、さすがの赤塚もそのバイタリティーに脱帽して仲間に入れたというエピソードがある。後に赤塚が漫画家になった時、思い出して脇役として採用した。奈良県大和郡山市の常照寺に墓があり、「行年59歳 平成10年3月5日」と刻まれているという[5]

チビ太は21世紀の日本ではその名自体が死語となって久しい浮浪児である。戦後間もない昭和30年代までは、傷病兵の物乞いや見せ物小屋等と並び、彼のような浮浪児、浮浪少年が少なくなかった。チビ太の頬に描かれた斜線は顔を洗わず薄汚れていることを示し、親はなく住所も不定で、しばしば空き地の土管で寝泊まりしている。おでんはそんな彼のような浮浪少年にとって、ささやかなご馳走であり、虐められようと、蔑まれようと、彼は逞しくしたたかに生きてきたのである。

商品編集

コンビニエンスストアサークルKサンクス(旧サークルKブランド側からの存続)では、チビ太にちなんで「チビ太のおでん」という商品を販売しているが、上記の通り、鳴門巻きが一般的でないためごぼう天、ちくわぶなど代替品が使われることが多く、正確な「チビ太のおでん」ではない。 「チビ太のおでん」は1993年から2014年春まで商品展開され、販売終了後も再開してほしいという要望が多数寄せられたため、2016年1月に再発売が行われることが決定した[6]

また、日本酒メーカーの黄桜は、おでんに合う日本酒「チビ太の燗酒」(紙パック入り)を2005年秋から期間限定で発売した。ちょび髭を生やしたチビ太がパッケージに大きく出ている。

その他編集

デーブ・スペクターは日本人の友人の影響で週刊少年サンデーを愛読していた。その中で、『おそ松くん』に出てくるチビ太がいつも手にしているおでんを見て、それが食べ物であると知るまで「何らかの武器に違いない」と信じ込んでいた、と語っている。

『ギャハハ三銃士』(『オバケのQ太郎』・『ブラック団』とのクロスオーバー漫画)では孫悟空風の姿で登場し、その後『おそ松くん』アニメ第2期の第64・65話、及び『平成天才バカボン』終了後のSPアニメ『バカボンおそ松のカレーをたずねて三千里』では「チビ太の孫悟空」として登場している。

声優編集

1988年以降、例外はあれど、ほとんどの場合田中真弓がチビ太を演じている。

登場作品編集

脚注編集

  1. ^ チビ太”. 赤塚不二夫公認サイト これでいいのだ!!. 2016年3月14日閲覧。
  2. ^ Q チビ太のほっぺたにあるヒゲのようなものは何ですか?”. 赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!. 2016年2月13日閲覧。
  3. ^ Q チビ太がいつも持っているおでんの具を教えてください。”. 赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!. 2016年2月13日閲覧。
  4. ^ 赤塚不二夫 『赤塚不二夫120%』 アートン、1999年、82頁。
  5. ^ 朝日新聞2016年12月22日夕刊 「(都ものがたり)赤塚不二夫とチビ太と大和郡山 泣かないめげない、悪ガキ仲間」
  6. ^ 「チビ太のおでん」がサークルKとサンクスで復活販売”. ねとらぼ (2015年12月25日). 2015年12月28日閲覧。
  7. ^ とっても!ラッキーマン追手内洋一役や、ゲゲゲの鬼太郎(第5作)の毛目玉役でも同様の台詞を連呼している。

外部リンク編集