チョークポイント

チョークポイント: choke point)とは、海洋国家地政学における概念のひとつであり、 シーパワーを制するに当たり、戦略的に重要となる海上水路をいう。 見方を変えれば、例えば、シーレーン防衛において、重要な航路が集束している部位であったり、あるいはスエズ運河パナマ運河など、水上の要衝を意味する。ボトルネックという語で表されることもあるが、重要なのは、チョークポイントは水上航路のみを指す概念である点である。よって、陸上は含まず、海峡運河、場合によっては港湾など、もっぱら水運の要衝を指す語である点に注意すること[1]

目次

概要編集

英語での"choke point" は、文字通り「絞めることで、相手を苦しめられるポイント」を語源とし、軍事的な意味合いにおいても海峡や運河などの海上に限らず、陸上における峡谷なども含めた要衝、隘路を表す。

石油天然ガスといった主要なエネルギー資源の取引が世界規模になっており、複数の国・地域を支えるうえで物資輸送ルートとしてのチョークポイントにおける安全保障が重要となる[2]アルフレッド・セイヤー・マハンは、チョークポイントという語は使用しなかったが、チョークポイントを制する者が世界を制するという意味のことを述べている[要出典]

世界にチョークポイントがいくつあるかについては、論者により大きく異なるが、その内決定的な影響を与えるチョークポイントについては地政学上広く語られる[3]。またこれらは各国家の位置、立場によって定義が変わるもので、例えば中東への依存度が高い日本にとってはホルムズ海峡マラッカ海峡がとりわけ重要な箇所となる。

チョークポイントという「」を押さえるだけで、水路そのもの(線)や太洋(面)の全てを押さえることができるというのは、優れて海軍的な発想であり、コストに比して多くの成果をもたらしている。(要衝そのものを重視する発想は陸軍でも常にあることはいうまでもない。)

チョークポイントを抑えることが必要なのは、シーパワー(例えばアメリカ)にとってのことであり、ランドパワー(例えばロシア中国が挙げられる場合があるが、両国とも経済発展と共に海洋への依存度が日増しに増大しており、海賊対策の名目で積極的に外洋海軍を派遣したり海軍の近代化を急ぐなど、近年シーパワーの強化が著しい)にとっては常に重要なことではない。しかし、チョークポイントにおいて航路を一つでも、敵国の影響下から引き離せば、それは当該国にとって大きな勝利となるのである。

代表的なチョークポイント編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 参考文献『地政学事典』141-142頁。
  2. ^ http://www.gisa-japan.org/dl/21-1PDF/21-1-47.pdf
  3. ^ 例えば、マハンは世界に7つあると述べている。

参考文献編集

関連項目編集