ツクバネウツギ(衝羽根空木、学名:Abelia spathulata)はスイカズラ科ツクバネウツギ属落葉低木

ツクバネウツギ
Abelia spathulata 1.JPG
福島県会津地方 2008年5月
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : キキョウ類 Campanulids
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
: ツクバネウツギ属 Abelia
: ツクバネウツギ A. spathulata
学名
Abelia spathulata Siebold et Zucc.
和名
ツクバネウツギ(衝羽根空木)

特徴編集

樹高は2mになり、密に分枝する。若いにはわずかに毛があり、しばしば赤みを帯びる。は長さ1-3mmの葉柄をもって対生する。葉身は広卵形から長楕円状卵形で、長さ2-5cm、幅1-3.5cmになる。縁にはあらく不規則な鋸歯があり、葉の両面には短い毛が生えるが、表面には生えない場合がある。

は4-6月に咲く。枝の先端から共通花柄を出し、5個の同じ長さの萼片をつけ、ふつう2花をつける。花冠は二唇状の鐘状漏斗形で、白色、黄白色、ときに黄色、まれにピンク色になり、長さは1.5-3cmになる。雄蕊は4本ある。果期は9-11月で、果実は長さ8-14mmの線形の痩果になる。

和名は、果実がプロペラ状の萼片をつけ、羽根突きの「衝羽根」に似ること、枝の様子がウツギに似ていることに由来する[1]

分布と生育環境編集

本州の東北地方の太平洋側、関東地方および中部地方以西、四国ならびに九州の北西部に分布し、丘陵地や山地に生育する。

ギャラリー編集

品種、変種編集

  • タキネツクバネウツギ Abelia spathulata Siebold et Zucc. f. colorata (H.Hara et S.Kuros.) H.Hara et S.Kuros. - 花冠は明るい紅赤色で、本州の東北地方南東部および関東地方北東部の標高300-1,000mの山地に分布する。福島県の大滝根山が基準産地。
  • ヤエノツクバネウツギ Abelia spathulata Siebold et Zucc. f. duplexa H.Ohba
  • ケツクバネウツギ Abelia spathulata Siebold et Zucc. f. pilosa Nakai - 全体に長い白色の毛が生え、本州の東海地方および近畿地方の太平洋側に分布する。
  • ベニバナノツクバネウツギ Abelia spathulata Siebold et Zucc. var. sanguinea Makino - 花冠は濃赤色で、主に本州中部の標高1,000-2,000mの山地に分布する。
  • ウゴツクバネウツギ Abelia spathulata Siebold et Zucc. var. stenophylla Honda - 葉が、長さ5-10cm、幅1.5-4cmと大型で、厚く光沢があり、本州の東北地方および北陸地方の日本海側に分布する。
  • アベリア(=ハナゾノツクバネウツギ)は、街路や公園、マンションなどの植え込みに多用されていて、本種と同属。本来「アベリア」は属の名前であるが、一般的にはハナゾノツクバネウツギを指すようになった[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ツクバネウツギ(突羽根空木)” (日本語). 庭木図鑑 植木ペディア. 2020年5月22日閲覧。
  2. ^ ツクバネウツギ(突羽根空木)” (日本語). 庭木図鑑 植木ペディア. 2020年5月22日閲覧。

参考文献編集