ツンドラ気候

Köppen-geiger-hessd-2007.svg
  fa fb fc fd m wa wb wc wd sa sb sc sd  
E 寒帯   ET EF
D 亜寒帯 Dfa Dfb Dfc Dfd Dwa Dwb Dwc Dwd Dsa Dsb Dsc Dsd  
C 温帯 Cfa Cfb Cfc   Cwa Cwb Cwc Csa Csb Csc  
B 乾燥帯   BSh BSk BWh BWk
A 熱帯 Af   Am Aw   As  

ツンドラ気候(ツンドラきこう)とはケッペンの気候区分における気候区のひとつで寒帯に属する。記号はETで、Eは寒帯、Tはツンドラ(Tundre)を意味する。

ツンドラとは本来、サーミ語ウラル地方の言語で「木がない土地」を意味する。気候が森林の生育に不適格なため樹木が成長せず、永久凍土が広がっていることが多い。

目次

条件編集

最暖月平均気温が0℃以上10℃未満。最寒月平均気温及び降水量についての条件はない。年中平均気温が9度であっても該当する。そのため、年較差の小さい赤道付近の高山では、これに近い形でツンドラ気候の条件を満たす場所が存在する。

特徴編集

主に北半球の大陸北部及びグリーンランド周辺に分布し一年のほとんどは氷雪に覆われているが夏には永久凍土がとけ、ツンドラと呼ばれる蘚苔類(せんたいるい)や地衣類などの植物により、ごくわずかではあるが覆われる。少数のイヌイット(北米)、サーミ人(北欧)などが生活を行っておりトナカイ遊牧が盛んである。

分布編集

 
ツンドラ気候(ET)の世界的な分布

北アメリカ大陸ユーラシア大陸北極海沿岸、グリーンランド南部などの北極海沿岸、アイスランド北部、チリの最南部(フェゴ島)、インド洋南部のケルゲレン諸島南極半島など。またチベット高原アンデス山脈富士山[1]などもこの気候に属するが、高山気候を定義する場合は高山気候に属する。

日本での分布地域編集

日本では富士山を始め、大雪山飛騨山脈などに位置する高山の山頂付近が該当する。気象庁の観測地点で、ツンドラ気候に属するのは富士山頂のみである。

ツンドラ気候に属する観測地点が存在するのは以下の市町村である。(かっこ書きは気象庁・アメダスの設置点):

都市・町村・集落編集

人間の居住が困難なため、基本的にこの気候区の地域は人口が希薄で大都市は発達していない。ツンドラ気候に存在する都市としてはウシュアイアアルゼンチン、人口約6万4000人、Cfcに属することもある)、ヌークグリーンランド、人口約2万人)、アナディリロシア、人口約1万1000人、Dfcに属することもある)がある。

例外的に、アンデス山脈の低緯度地帯では、最暖月平均気温は10度を割るものの、最寒月でも氷点下にならないため、典型的なツンドラ気候の地域に比べ都市が発達している。エル・アルトボリビア、人口約90万3千人、Cwcに属することもある)が代表例である。

その他には、ジクソンロシア)、バローアメリカ合衆国アラスカ州)、イカルイトカナダ)といった人口数千人の小都市・町村が存在するのみである。

気候特性編集

極高圧帯の影響で降水量(積雪)は少ないが、には若干の降水がある。冬の間はEF(氷雪気候)より寒冷となる地域もある。またアイスランド北部、アンデス山脈、フエゴ島、ケルゲレン諸島等最寒月平均気温が-3℃以下に下がらないが最暖月平均気温が10℃に達する月がないためこの気候に分布される地域も存在する。極地の場合は白夜極夜となる。

生態系編集

一年の半分以上は氷雪に覆われているが、短いの間だけ永久凍土の表面が解けて地衣類や蘚苔類が生育する「ツンドラ」と呼ばれる植物帯がひろがる。地衣類や蘚苔類、草本類などの生育が見られる事から氷雪気候の地域に比べて生態系は多様である。キツネクマなどの哺乳類鳥類昆虫など寒地に適合した生物が定住している。

気候変動による影響編集

地球温暖化により、分布域は高緯度あるいは標高が高い場所に向かって移動すると予想される。平年値が上昇して、最暖月の平均気温が10.0℃以上になれば、定義上は温帯亜寒帯に変わることになる。長期的には、植生が変化して、生態系への影響が懸念されている。また、以前は氷雪気候に属していた場所が、ツンドラ気候に変わることもありえる。

土壌編集

地中には永久凍土、永久凍土層の上に強い酸性ツンドラ土が見られる。

産業・産物編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 富士山年・月ごとの値(気象庁)最暖月平均気温は6.2℃
  2. ^ 富士宮市御殿場市小山町富士吉田市鳴沢村と境界を接するが、どの自治体に属するかは決まっていない。