テッド・シモンズ

アメリカの野球選手 (1949 - )

テッド・シモンズTed Lyle Simmons:テッド・ライル・シモンズ 1949年8月9日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州ハイランドパーク出身の元プロ野球選手捕手)。右投両打。

テッド・シモンズ
Ted Simmons
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州ハイランドパーク
生年月日 (1949-08-09) 1949年8月9日(70歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
193 lb =約87.5 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 捕手
プロ入り 1967年 ドラフト1巡目(全体10位)でセントルイス・カージナルスから指名
初出場 1968年9月21日 ロサンゼルス・ドジャース
最終出場 1988年10月2日 シンシナティ・レッズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2020年
得票率 81.25%
選出方法 ベテランズ委員会選出

略歴編集

プロ入り後編集

1967年6月6日に、ドラフト1巡目でセントルイス・カージナルスから指名を受け、プロ入り。

プロ2年目となる1968年9月21日のロサンゼルス・ドジャース戦でメジャーデビューを果たした(デビュー戦には「7番・捕手」で出場。3打席ともクラウディ・オスティーンと対戦。第1打席は三振、第2打席はシングルヒット、第3打席は四球という結果)。しかし、シーズンが終盤に近かった事もあって、シモンズはその後1試合に出場しただけで、3打数1安打打率.333という成績でシーズンを終えた。

1969年も5試合で打率.214と、数字を残す事が出来なかったが、メジャー3年目となる1970年に飛躍。打率.243、3本塁打、24打点と打撃成績こそ平凡以下だったものの、82試合に出場した。1971年には遂にレギュラーの座を手に入れ、1973年まで3年連続で.300以上の打率を記録。その間、MVP投票でもそれぞれ16位、10位、14位にランクインしている。また、1972年と1973年にはオールスターゲームにも出場している。1974年は打率こそ.300を下回ったものの、いずれも自身初となる20本塁打、100打点を記録。3年連続となるオールスター出場、MVP投票で13位にランクインなど充実した1年となった。1975年は打率.332と大爆発。MVP投票では自己最高となる6位にランクインした。1976年こそ今一つの成績に終わったが、1977年から4年連続で20本塁打以上、80打点以上をクリア。オールスターにも4年連続で出場した。

1980年12月12日、シモンズはトレードでミルウォーキー・ブルワーズに放出された(トレードの内訳:シモンズ、ローリー・フィンガーズ投手、ピート・ブコビッチ投手がブルワーズに移籍。シクスト・レスカーノ外野手デビッド・グリーン外野手[1]ラリー・ソレンセン投手がカージナルスに移籍)。ブルワーズ移籍1年目となった1981年はわずか100試合の出場に留まり、打率.216、14本塁打、61打点と大きく期待を裏切る成績に終わったが、5年連続でオールスターには出場している。

その後、1982年は23本塁打、97打点、1983年は打率.308、108打点と復活。オールスター出場、MVP投票19位ランクインなど、カージナルス時代の輝きを取り戻し、11月7日にFAとなったが1984年1月16日にブルワーズと再契約を結んだ。しかし、捕手というハードなポジションを続けていた事もあってか、その後は年々成績が低下した。

1986年3月5日にトレードでブレーブスに移籍(トレードの内訳:シモンズがブレーブスに移籍。リック・セロン捕手、マイナーリーガーのデービッド・クレイフラビオ・アルファロがブルワーズに移籍)。しかしその後、ブレーブスでは思うような成績を残す事が出来ず、1988年に引退した。

引退後編集

ピッツバーグ・パイレーツGM、ブルワーズとサンディエゴ・パドレスでコーチを歴任し、現在はシアトル・マリナーズのシニアアドバイザーを務める。

2020年ベテランズ委員会の選出でアメリカ野球殿堂入りを果たした[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1968 STL 2 4 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .333 .500 .333 .833
1969 5 16 14 0 3 0 1 0 5 3 0 0 0 1 1 0 0 1 0 .214 .250 .357 .607
1970 82 324 284 29 69 8 2 3 90 24 2 2 0 1 37 5 2 37 5 .243 .333 .317 .650
1971 133 563 510 64 155 32 4 7 216 77 1 3 4 10 36 3 3 50 20 .304 .347 .424 .771
1972 152 629 594 70 180 36 6 16 276 96 1 3 1 3 29 8 2 57 18 .303 .336 .465 .801
1973 161 690 619 62 192 36 2 13 271 91 2 2 1 7 61 15 2 47 29 .310 .370 .438 .808
1974 152 662 599 66 163 33 6 20 268 103 0 0 1 9 47 8 6 35 22 .272 .327 .447 .774
1975 157 649 581 80 193 32 3 18 285 100 1 3 0 4 63 16 1 35 20 .332 .396 .491 .887
1976 150 625 546 60 159 35 3 5 215 75 0 7 0 6 73 19 0 35 9 .291 .371 .394 .765
1977 150 601 516 82 164 25 3 21 258 95 2 6 0 4 79 25 2 37 20 .318 .408 .500 .908
1978 152 604 516 71 148 40 5 22 264 80 1 1 0 8 77 17 3 39 19 .287 .377 .512 .889
1979 123 521 448 68 127 22 0 26 227 87 0 1 0 8 61 22 4 34 10 .283 .369 .507 .876
1980 145 562 495 84 150 33 2 21 250 98 1 0 0 6 59 13 2 45 13 .303 .375 .505 .880
1981 MIL 100 413 380 45 82 13 3 14 143 61 0 1 1 6 23 2 3 32 10 .216 .262 .376 .638
1982 137 581 539 73 145 29 0 23 243 97 0 0 1 7 32 5 2 40 20 .269 .309 .451 .760
1983 153 650 600 76 185 39 3 13 269 108 4 2 0 7 41 6 2 51 23 .308 .351 .448 .799
1984 132 532 497 44 110 23 2 4 149 52 3 0 1 1 30 3 3 40 23 .221 .269 .300 .569
1985 143 592 528 60 144 28 2 12 212 76 1 1 1 5 57 9 1 32 17 .273 .342 .402 .744
1986 ATL 76 144 127 14 32 5 0 4 49 25 1 0 0 4 12 5 1 14 1 .252 .313 .386 .699
1987 73 200 177 20 49 8 0 4 69 30 1 1 0 2 21 5 0 23 4 .277 .350 .390 .740
1988 78 123 107 6 21 6 0 2 33 11 0 0 0 1 15 2 0 9 4 .196 .293 .308 .601
通算:21年 2456 9685 8680 1074 2472 483 47 248 3793 1389 21 33 11 100 855 188 39 694 287 .285 .348 .437 .785
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰編集

記録編集

  • オールスターゲーム出場:8回 (1972年 - 1974年、1977年 - 1979年、1981年、1983年)

脚注編集

  1. ^ レスカーノは1987年に大洋ホエールズで、グリーンは1986年に近鉄バファローズでプレイした。ただし、レスカーノは開幕前に入団して1か月ほどプレイして引退。グリーンはシーズン途中の来日で、シーズン終了後に解雇となった。
  2. ^ Marvin Miller, Ted Simmons elected to Hall of Fame” (英語). MLB.com. 2019年12月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集