サンディエゴ・パドレス

サンディエゴ・パドレス英語: San Diego Padres、略称: SD)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はカリフォルニア州サンディエゴにあるペトコ・パーク

サンディエゴ・パドレス
San Diego Padres
1969創設
SD Logo Brown.svg
所属リーグ
チーム名
  • サンディエゴ・パドレス (1969年 - )
本拠地
1969-現在の位置(アメリカ合衆国内)
1969-現在
1969-現在

center|295px

永久欠番
獲得タイトル(獲得年)
ワールドシリーズ優勝(0回)
リーグ優勝(2回)
地区優勝(5回)
  • 1984
  • 1996
  • 1998
  • 2005
  • 2006
ワイルドカード(1回)
  • 2020
球団組織
オーナー ロン・ファウラー
GM A.J.プレラー
監督 ボブ・メルビン

概要編集

 
迷彩模様のユニフォームを着用したパドレスの選手たち(2004年)。

1969年のリーグ拡張時、創設された球団の1つ。

本拠地であるサンディエゴは、アメリカ西海岸最大の海軍および海兵隊基地を構える軍事都市で知られ、毎年4月には現役および退役軍人への感謝と敬意を捧げるイベント「ミリタリー・オープニングデー」が行われ、迷彩模様の軍服のような限定ユニフォームを着用する。2008年からはこのユニフォームは毎週日曜日のホームゲームで着用されている。また、メキシコ合衆国に隣接している影響で関わりの深い選手を獲得するなど、メキシコ人の野球ファンに向けたアピールも行っている。

2004年に開場した投手有利のペトコ・パークを活かし、投手陣は安定したチーム防御率を誇っている。その反面、打線は力不足と言わざるを得ず、ペトコ・パークを本拠地として以来、エイドリアン・ゴンザレスが初の30本塁打以上を記録したものの、チーム打率はリーグワースト2位の.251に留まっている。

かつては資金力に枯渇しており、若手育成を中心としたチームであった。2018年以降、エリック・ホズマーの8年総額1億4400万ドルをはじめ、マニー・マチャドの10年総額3億ドル、フェルナンド・タティス・ジュニアの14年総額3億4000万ドルなどの大型補強を進めている。

同地区のロサンゼルス・ドジャースとはライバル関係であり、サンディエゴロサンゼルスがサンディエゴ・フリーウェイとサンタアンナ・フリーウェイによって近距離で結ばれている事により、両チームが対戦する際には多くのファンが足を運ぶ。

球団の歴史編集

1969年にMLBのチーム拡張に伴いナショナルリーグに加入。

1970年代編集

球団創設から1974年まで6年連続で最下位だった。同年にはチームがワシントンD.C.への移転の危機にさらされたが、マクドナルドレイ・クロックにより買収され、サンディエゴにとどまることとなった(1994年以降は、テキサス出身の実業家ジョン・ムーアズがオーナーとなっている)。その後デーブ・ウィンフィールドランディ・ジョーンズらの台頭によって、チームも徐々に浮上。

1975年には地区4位だった。

1978年には球団史上初の勝率5割を上回った。

1980年代編集

1984年ディック・ウィリアムズ監督の下、安打製造機トニー・グウィンスティーブ・ガービーら好選手を揃え、初の地区優勝と共に、初のリーグ優勝を果たす。ワールドシリーズではデトロイト・タイガースと対戦したが、1勝4敗で敗れた。

1990年代編集

1996年は2度目の地区優勝を果たした。

1998年には2度目のリーグ優勝を果たした。球団史上初のレギュラーシーズン勝率6割だったが、ワールドシリーズではニューヨーク・ヤンキースに4連敗を喫した。

1999年は負け越した。

2000年代編集

2000年は2年連続で負け越した。

2001年は3年連続で負け越した。

2002年は4年連続で負け越した。

2003年は5年連続で負け越した。オフには日本プロ野球中日ドラゴンズからポスティングシステムMLB挑戦を目指した大塚晶則とベテラン技巧派投手デビッド・ウェルズが加入した。

2004年は大塚はリリーフとしてナ・リーグ最多ホールドを獲得するなど好成績を残した。またこの年、新球場ペトコ・パーク(極めて投手有利で有名)が完成し、ロゴマーク及びユニフォームが一新され、新球場・新戦力効果に後押しされたのか3位ながらも87勝75敗と久々に勝ち越した。

2005年には勝率5割そこそこながら地区優勝を果たした。

2006年プレーオフに進出したが、地区シリーズでセントルイス・カージナルスに敗退した。

2007年は12年間チームを率いたブルース・ボウチーがチームを去り、バド・ブラックが監督に就任。6月には宿敵ドジャースをホームに迎えた試合で、チームの顔トレバー・ホフマンが前人未到の通算500セーブを達成した。同年もアリゾナ・ダイヤモンドバックスコロラド・ロッキーズと最後まで三つ巴の地区優勝争いを続けたが、ワイルドカード争いでロッキーズと同率となった結果行われた10月1日での1ゲームプレーオフで敗れて、3年連続のプレーオフ出場はならなかった。

2010年代編集

2014年オフにトレードやFAで大型補強を行った。トレードでデレク・ノリスウィル・マイヤーズウィル・ミドルブルックスジャスティン・アップトンマット・ケンプティム・フェデロビッチショーン・ケリークレイグ・キンブレルメルビン・アップトン・ジュニアを、FAでジェームズ・シールズブランドン・モローを獲得した。

2017年1月17日にマイヤーズと当時球団史上最高額の6年総額8300万ドルで契約延長[1]

2018年はシーズン開幕前の1月6日に日本プロ野球の埼玉西武ライオンズからポスティングシステムでMLB挑戦を目指した牧田和久を獲得した。2月17日にロイヤルズからFAとなっていたエリック・ホズマーと当時球団史上最高額となる8年総額1億4400万ドルで契約合意[2]。オフには牧田を40人枠から外している。

2019年はシーズン開幕前の2月19日にドジャースからFAとなっていたのマニー・マチャドと当時のFA選手のMLB史上最高額となる10年3億ドルで契約合意[3][注 1]。シーズンでは開幕戦でフェルナンド・タティス・ジュニアがデビューした。6月13日から16日に行われた対コロラド・ロッキーズ戦(クアーズ・フィールド)の4連戦で、第1戦は9-6、第3戦は14-8でロッキーズが勝利し、第2戦は12-16、そして第4戦は13-14でパドレスが勝利。ともに2勝2敗の五分で4試合を戦い終えたが、この4試合で両チーム合わせて叩き出した計92点は1929年5月に行われたフィリーズドジャースの88得点を抜き、MLBの歴史の中で4連戦で生まれた史上最多得点となった[4]。また、第1戦は共に13安打ずつの計26安打、第2戦は延長12回までもつれ、パドレスが21安打の計39安打、第3戦は13安打の計32安打、そして第4戦は15安打の計34安打。4試合連続で両軍ともに2桁安打を記録し、計131安打が乱れ飛び、歴史に残る大乱打戦シリーズとなった[5][6]。オフのハロウィンに2020年シーズンから原点回帰した茶色と黄色を基調としたユニフォームに一新されることが発表された。

2020年代編集

2020年はポストシーズン進出に向けて大型トレードを敢行し、6件ものトレードを成立させ、マイク・クレビンジャー等10人を獲得するなど大規模補強を行った[7]。その甲斐もあり、9月20日に2006年以来14年ぶりにプレーオフへ進出した[8]。オフにはカブスとのトレードでダルビッシュ有ビクター・カラティーニを獲得した。また、KBOリーグキウム・ヒーローズからポスティングでMLB移籍に挑戦した金河成を獲得している。

2021年はシーズン開幕前の1月19日にパイレーツ、メッツとの三角トレードでジョー・マスグローブを獲得した。2月18日にはブレーブスからFAとなっていたマーク・マランソンを獲得した。2月23日にタティース・ジュニアと14年総額3億4000万ドルで契約延長をした[9]。オプションとして全球団トレード拒否権が含まれており、契約金として1000万ドルが含まれる。この契約はマイク・トラウトの12年総額4億2650万ドル、ムーキー・ベッツの12年総額3億6500万ドルを超えて、MLB史上最長の契約となった[10]。これらの補強によりドジャースの地区9連覇を阻止出来る対抗馬として非常に注目されていた。 シーズンでは4月9日のテキサス・レンジャーズ戦でマスグローブが球団史上初となるノーヒットノーランを達成した[11]オールスターゲームにはファン投票でタティス・ジュニア、投手としてダルビッシュ、マランソン、控え野手としてジェイク・クロネンワース、マチャドが選出された。ダルビッシュは辞退したものの、他4名は出場している。7月16日の後半戦初戦のナショナルズ戦で球団史上最多得点の24を記録し、同時にクロネンワースが球団史上3人目となるサイクル安打を達成した[12]。オールスターまではワイルドカード2位の位置に付けていた。7月26日にトゥクピータ・マルカーノジャック・スウィンスキーミッチェル・ミリアーノとのトレードでパイレーツからアダム・フレイジャーを獲得した。7月29日にナショナルズからトレードでダニエル・ハドソンを獲得。しかし、この時から一気にチームそいての勢いは失速。一番の強みだったはずの先発陣がマスグローブ以外全員不調に陥り、打線も8月14日のダイヤモンドバックス戦ではノーヒットノーランを浴びた。9月にはマーリンズからFAとなっていたロス・デトワイラーを獲得。しかし、さらに負けが込むようになり、一時はワイルドカードで8.5ゲーム差を付けていたカージナルスの快進撃によって、9月25日にポストシーズン進出を逃すことが決定した。10月1日には2年ぶりのシーズン負け越しも決定し、最終成績を79勝83敗で終えた。 オフは10月6日に監督のジェイス・ティングラーを解任した。11月3日にチームからデトワイラー、ハドソン、ファム、ビンス・ベラスケスがFAとなった[13]。11月27日にマリナーズとのトレードでフレイジャーを放出し、マリナーズからレイ・カーコーリー・ロジアーを獲得した[14]

選手名鑑編集

現役選手・監督・コーチ編集

サンディエゴ・パドレス ロースター
40人ロースター 監督・コーチ/他

投手

捕手

内野手

外野手


監督

コーチ

60日故障者リスト


* アクティブ・ロースター外

2022年5月20日更新   
公式サイト(英語)より:アクティブ・ロースター, 40人ロースター, コーチ, 選手の移籍・故障情報, 予想オーダー

ロースター一覧

殿堂入り選手編集

永久欠番編集

歴代所属日本人選手編集

歴代所属日本人コーチ・スカウト編集

パドレス野球殿堂編集

1999年に設立され、15人が殿堂入りを果たしている。

殿堂入り表彰者編集

傘下マイナーチーム編集

クラス チーム 参加リーグ 提携 本拠地
AAA エルパソ・チワワズ
El Paso Chihuahuas
トリプルAウエスト
Triple-A West
2014年  テキサス州エルパソ
ニュー・エルパソ・ボールパーク
AA サンアントニオ・ミッションズ
San Antonio Missions
ダブルAセントラル
Double-A Central
2021年  テキサス州サンアントニオ
ネルソン・W・ウォルフ・ミュニシパル・スタジアム
High-A フォートウェイン・ティンキャップス
Fort Wayne TinCaps
ハイAセントラル
High-A Central
1999年  インディアナ州フォートウェイン
パークビュー・フィールド
Low-A レイクエルシノア・ストーム
Lake Elsinore Storm
ロウAウエスト
Low-A West
2001年  カリフォルニア州レイクエルシノア
レイクエルシノア・ダイアモンド
Rookie アリゾナコンプレックスリーグ・パドレス
Arizona Complex League Padres
アリゾナコンプレックスリーグ
Arizona League
2004年  アリゾナ州ピオリア
ピオリア・スポーツ・コンプレックス
ドミニカン・サマーリーグ・パドレス
Dominican Summer League Padres
ドミニカン・サマーリーグ
Dominican Summer League
1990年  ドミニカ共和国
パドレス・コンプレックス

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 同年2月28日、フィラデルフィア・フィリーズブライス・ハーパーに13年3.3億ドルの契約で抜かれた。

出典編集

  1. ^ 球団史上最高額 パドレスがマイヤーズと契約延長「優勝を狙うチーム核に」”. スポーツニッポン (2017年1月18日). 2018年4月7日閲覧。
  2. ^ パドレス、球団史上最大の8年契約でE・ホズマーを獲得”. en:Sporting News (2018年2月19日). 2018年4月7日閲覧。
  3. ^ マチャドがパドレスと合意FA最高10年330億円”. nikkansports.com. 2019年3月1日閲覧。
  4. ^ パドレスとロッキーズ、4連戦で驚異の92得点 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年6月18日閲覧。
  5. ^ 史上最多の4試合計92得点 計131安打が乱れ飛ぶ歴史的大乱打戦シリーズが…” (日本語). Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. 2019年6月18日閲覧。
  6. ^ ロッキーズ対パドレス、4連戦で両チーム合計92得点のMLB記録 ブラックモンは4戦15安打” (日本語). ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). 2019年6月18日閲覧。
  7. ^ パドレスの大補強。3日間に6件のトレードを成立させ、10人を獲得。捕手は2人を入れ替え(宇根夏樹) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年9月21日閲覧。
  8. ^ パドレス勝利、14年ぶりにプレーオフ進出 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年9月21日閲覧。
  9. ^ 14-yr. deal! Tatis in SD for long haul” (英語). MLB.com. 2021年2月23日閲覧。
  10. ^ Largest contract extensions in MLB history” (英語). MLB.com. 2021年2月23日閲覧。
  11. ^ Former Pirates Pitcher Joe Musgrove Throws No-Hitter For Padres” (英語) (2021年4月9日). 2021年4月10日閲覧。
  12. ^ AJ Cassavell (2021年7月16日). “Cronenworth gets cycle as SD scores 24” (英語). MLB.com. 2021年7月17日閲覧。
  13. ^ 160 Players Become XX(B) Free Agents” (英語). mlbplayers.com (2021年11月3日). 2021年11月5日閲覧。
  14. ^ Padres Acquire LHP Ray Kerr & OF Corey Rosier from Mariners” (英語). MLB.com Press Release (2021年11月27日). 2021年11月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集