メインメニューを開く

テレポートあきた』は、秋田テレビ(AKT)が放送した平日夕方秋田県向けローカルワイドニュース番組
放送時期は1978年4月3日から1989年3月31日まで。

番組概要編集

  • 当初は『FNNニュースレポート6:00』のローカルパートとして流されていたが、1984年10月1日からはフジテレビ系列の18時から全国パートの『FNNスーパータイム』が開始され全国パートとローカルパートを一体化し、FNNの冠をつけてリニューアル。
  • 1989年4月3日に『FNNスーパータイムあきた』がはじまるまで放送され、正式タイトルは2回変更された。
  • なお、全国ニュースの改題期間中も週末は改題せず『FNNニュースレポート5:30』→『FNNスーパータイム』のままで放送しローカル枠は『AKTニュース・お天気ダイアリー』として放送された。
  • テレポートがフジテレビ系列で放送されたのは秋田テレビ(AKT)と福島テレビ(FTVテレポート、当初は「JNNニュースコープ」が全国ニュース)、富山テレビ(中日ニュース テレポートとやま)、テレビ西日本(テレポートTNC)がある。
  • 放送開始当時の秋田県内の民放テレビ局は、AKTと同じ秋田魁新報の資本が入るNNN秋田放送(ABS)のみだったものの、当番組の視聴率は30%越えもあり先発番組の『ワイドレーダーあきた』を1981年に終了に追い込んだ。[要出典]

  • 『FNNスーパータイム』がスタートした1984年10月以降、平日は新聞のテレビ欄にて『FNNスーパータイム』とのコンプレックス扱いとして『AKTスーパータイム』と表記されており、『スーパータイムあきた』に衣替えしてからもこのように表記されていた。

放送時間編集

  • 1978年4月3日 - 1984年9月28日 月曜日 - 金曜日18:30 - 18:55
  • 1984年10月1日 - 1989年3月31日 月曜日 - 金曜日18:00 - 18:55

天気予報は18:55から「お天気ダイアリー」という別枠で放送。

ニュースキャスター編集

オープニング編集

  • 1978年4月3日 - 1984年9月28日:縁取りのない番組タイトルロゴが大きく出るもの。
2009年10月の開局40周年特別番組で、このOPとともにテレポートあきた第1回の映像が放送された。
  • 1984年10月1日 - 1989年3月31日:『FNNスーパータイム』の地球CGの流用。
スーパータイムの地球CGのオープニングは、1988年4月から新しく作り直した2代目に移行したが、テレポートあきたが終了するまで初代オープニングを継続使用した。なお、オープニングの提供クレジットは、AKTから送出していた。
この頃、冒頭は通常各局ローカルパートの司会者が簡単な挨拶やその日の気候などについて触れ、その後「ではまず、(東京から)今日のニュースの主な項目です」と振り、東京から2-3項目、続いて各局ローカルパートから2-3項目を紹介して、「スーパータイム」のスタジオから全国ニュースという流れであったが、「テレポートあきた」では冒頭から「スーパータイム」のスタジオでの挨拶→全国ニュースから2-3項目のヘッドライン→その後で秋田ローカルパートから2-3項目をキャスター(画面左上に「後半、秋田からは」という字幕あり。顔出しなし)が紹介するというものだった。この形式は山陰中央テレビジョン放送TSKイブニングワイド」でも行われたが、特に初期は山陰地区で放送がない関東ローカルの項目もそのままネットされてしまった。(中期から山陰ローカルニュースの項目紹介に差し替え。「TSKスーパータイム」は冒頭の司会者挨拶もTSKのローカル版となった)

番組タイトルロゴの変遷編集

タイトルロゴは一切変更されなかったが、後番組の「スーパータイムあきた」では「あきた」の部分だけ流用し、使い続けられた。

  • 1978年4月3日 - 1984年9月28日:AKTテレポートあきた
  • 1984年10月1日 - 1989年3月31日:FNNテレポートあきた

関連項目編集