テンジン・ヒラリー空港

テンジン・ヒラリー空港ネパール語:तेन्जिङ-हिलारी विमानस्थल ラテン文字:Tenzing-Hillary Airport)は、ネパール東端の第一州ソルクンブ郡英語版クンブ地方のルクラにある空港である[1]

テンジン・ヒラリー空港
तेन्जिङ-हिलारी विमानस्थल
Lukla airport 2010.JPG
IATA: LUA - ICAO: VNLK
概要
国・地域 ネパールの旗 ネパール
所在地 ルクラ
種類 公共用
標高 2,846 m
座標 北緯27度41分16秒 東経086度43分53秒 / 北緯27.68778度 東経86.73139度 / 27.68778; 86.73139座標: 北緯27度41分16秒 東経086度43分53秒 / 北緯27.68778度 東経86.73139度 / 27.68778; 86.73139
地図
ネパールでの空港の位置
ネパールでの空港の位置
LUA
ネパールでの空港の位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
06/24 527×20 アスファルト
出典:Great Circle Mapper[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

概要編集

旧称「ルクラ空港」。2008年1月に現空港名へと改名された。この名称は、1953年5月29日エベレストの初登頂に成功し、この空港建設に尽力したテンジン・ノルゲイと、エドモンド・ヒラリーに由来する[2]

ヒマラヤ山脈の谷間に位置し、標高が高いために大気密度が低く、非常に変わりやすい天候の上、滑走路全長は527mしかなく、その短く傾斜した滑走路は世界で最も高度な操縦技術が要求される空港の1つである。ヒストリーチャンネルで放送された「最も過激な空港ランキング」で1位にランクされた[3]

ルクラはエベレストのネパール側登山口として利用されるために空港の需要は高く、天候不順などの欠航を除き日中カトマンズにあるトリブバン国際空港との間に定期便が毎日運航している。飛行時間は30分から40分と短いが、カトマンズで天候が良好であってもルクラでは降雨が発生することが多く、強風や雲量の変化による視程の変化などは、多くの場合で飛行の遅延や空港の閉鎖などに繋がっている[4]

この空港での離着陸は非常に高度な操縦技術が求められるため、ネパール民間航空局により厳しい一定基準が設けられている。その基準の一例としては、ネパール国内で1年以上のパイロット経験、なおかつ100回以上の短距離離着陸の訓練を行ったベテランパイロットである必要がある。そこから更に、ネパールの認定インストラクターパイロットと共に、ルクラでの飛行訓練を10回合格したパイロットに対し、ルクラでの飛行・離着陸が許可される[5][6]

空港施設編集

 
滑走路

滑走路は1本のみで全長527メートル、幅20メートルで北側に向け11.7%の上り勾配が付いており、標高2800メートル(9100フィート)に位置する。滑走路はアスファルトで舗装されており、ヘリコプター軽飛行機、又はデ・ハビランド・カナダ DHC-6ドルニエ 228などの短距離離着陸(STOL)機でしかアクセスすることができない。

その立地から滑走路06は着陸、24は離陸のみに使用されており、ショートファイナルからの着陸復行の成功はまず望めない。また、その地形から滑走路南端は急勾配で610メートル下には渓谷が広がりドドコシ川英語版が東西に流れている。エプロンには4機の駐機場と1つのヘリパッドが有り管制塔から140メートルの場所に位置している。

就航航空会社編集

航空会社就航地
シムリク航空 カトマンズ
ゴルカ航空 カトマンズ
ネパール航空 カトマンズ、カングルーダンダ、ラミダンダ、ファープルー、ラムジャター[7]
シーター・エア カトマンズ[8]
タラ・エア[注 1] カトマンズ[9]

年間利用客数編集

乗客[10][11][12][13][14]
2003年 70,959
2004年   71,422
2005年   53,943
2006年   61,992
2007年   80,733
2008年   92,172
2009年   88,881
2010年   92,011
2011年   93,292
2012年   97,394
2013年   85,179
2014年   87,490
2015年   81,174
2016年   119,801
2017年   146,879
2018年   124,929
2019年   129,508

事故編集

  • 1973年10月15日ロイヤルネパール航空のDHC-6ツインオッター300、登録番号9N-ABGが空港に着陸後、降着装置が修復できないほど破損していた。乗組員3名と乗客3名は無事であった[15]
  • 1991年6月9日、ロイヤルネパール航空のDHC-6ツインオッター300、登録番号9N-ABAが悪天候の中、不安定な状態で着陸を試み滑走路上に墜落。乗組員3名と乗客14人は無事であった[16]
  • 1992年9月26日、ロイヤルネパール航空のY-12、登録番号9N-ACIが離陸に失敗し大破。乗組員2名と乗客12名は無事であった[17]
  • 2004年5月25日イエティ航空のDHC-6ツインオッター300、登録番号9N-AFDが雲が多く視界不良のなかアプローチを試み、丘に激突した。乗員3人全員死亡。乗客は搭乗していなかった。ネパールの事故調査委員会は機長が自機位置を管轄する航空管制センターに誤って報告したことが衝突の原因と結論付けた[18]
  • 2004年10月1日、シーター・エアのドルニエ228が着陸接地時に前脚が壊れたことにより滑走路に沿って滑走し滑走路を塞いだ。この事故により空港は2日間閉鎖された[19]
  • 2005年6月30日、ゴルカ航空のドルニエ228が、機体が横滑りしているにも関わらず着陸を継続したため着陸に失敗。3人の乗組員と乗客9人が軽症を負った。報道によれば事故機はその後、運航から外され解体された[20][21]
  • 2008年10月8日、イエティ航空のDHC-6ツインオッター103便が最終進入時に墜落、炎上した。乗員乗客合わせ18人が死亡し、機長が生存した[22]
  • 2010年8月25日、アグニ・エア101便が悪天候によりルクラに着陸できず、出発地であるカトマンズに引き返している最中シカルプアーにて墜落。乗員乗客合わせ14名全員が死亡した[23]
  • 2010年10月12日、シーター・エアのドルニエ228が着陸時にブレーキが故障。止まり切れず滑走路端にある壁に激突し機首が大破した。乗員乗客は全員無事であった[24]
  • 2019年4月14日、サミットエア(Summit Air)が運航する首都カトマンズ行きのL410型機が離陸中に滑走路を外れ、駐機場に停まっていた2機のヘリコプター(Manang AirとShree Air)に衝突、副操縦士と地上にいた警察官2名が巻き込まれて計3人が死亡した。[25]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ イエティ航空の子会社であり、イエティ航空はコードシェア便となる。

出典編集

  1. ^ a b Lukla, Nepal – Tenzing-Hillary Airport (VNLK / LUA)の空港情報 - Great Circle Mapper.
  2. ^ Nepal to name Everest airport after Edmund Hillary and Tenzing Norgay”. International Herald Tribune (2008年1月15日). 2008年2月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月27日閲覧。
  3. ^ Most Extreme Airports(邦題:驚くべき世界の空港)The History Channel 2010年8月26日放送より。
  4. ^ Lukla Airport Takeoff and Landing NEPAL.TV 2011年10月24日閲覧。
  5. ^ Flight Operations Requirements Aeroplane (Appendix 9)”. Civil Aviation Authority of Nepal. 2017年10月30日閲覧。
  6. ^ Incident: Nepal Airlines DHC6 at Solukhumbu on Apr 19th 2010, hard landing”. The Aviation Herald. 2017年10月30日閲覧。
  7. ^ http://www.nepalairlines.com.np/?section=tarrifdom&action=browse
  8. ^ Destinations”. Sita Air. 2010年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年6月6日閲覧。
  9. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年7月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年12月20日閲覧。
  10. ^ Civil Aviation Report 2009-2010”. Civil Aviation Authority of Nepal. 2018年6月1日閲覧。
  11. ^ Civil Aviation Report 2011–2012”. Civil Aviation Authority of Nepal. 2018年6月1日閲覧。
  12. ^ Civil Aviation Report 2017”. Civil Aviation Authority of Nepal. 2018年6月1日閲覧。
  13. ^ Civil Aviation Report Annual 2018”. Civil Aviation Authority of Nepal. 2019年7月1日閲覧。
  14. ^ CAAN Report 2019–2020”. Civil Aviation Authority of Nepal. 2021年1月1日閲覧。
  15. ^ Aviation Safety Network, retrieved 18 November 2006.
  16. ^ ASN Aircraft accident de Havilland Canada DHC-6 Twin Otter 300 9N-ABA Lukla Airport (LUA)”. 2011年6月23日閲覧。
  17. ^ http://aviation-safety.net/database/record.php?id=19920926-0
  18. ^ Aviation Safety Network, retrieved 18 November 2006.
  19. ^ Aviation Safety Network, retrieved 19 November 2006.
  20. ^ Airline Industry Information, 30 June 2005.
  21. ^ Aviation Safety Network, retrieved 18 November 2006.
  22. ^ BBC News, retrieved 08 October 2008.
  23. ^ Plane Crashes Near Everest, retrieved 25 August 2010.
  24. ^ Air Crash Observer [1], accessed December 15, 2010
  25. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3220757?cx_amp=all&act=all2020年8月20日閲覧.

関連項目編集

外部リンク編集