メインメニューを開く

ディーン 元気ことディーン・ロドリック・元気(ディーン げんき、Genki Roderick Dean[2], 1991年12月30日 - )は、兵庫県神戸市出身のやり投選手。ミズノ所属。

ディーン元気 Portal:陸上競技
Dean Genki congratulated by Yohei Kono.jpg
2012年第96回日本選手権表彰式にて河野洋平日本陸連会長と
選手情報
フルネーム ディーン・ロドリック・元気
ラテン文字 Genki Roderick Dean
国籍 日本の旗 日本
種目 やり投
所属 ミズノ
生年月日 (1991-12-30) 1991年12月30日(27歳)
生誕地 兵庫県神戸市
身長 182cm[1]
体重 92kg
自己ベスト やり投:84m28(2012年)
 
獲得メダル
陸上競技
東アジア競技大会
2013 天津 男子やり投
世界ジュニア陸上競技選手権大会
2010 モンクトン 男子やり投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

神戸市立平野中学校時代に兄の影響で陸上競技を始める[3]全中砲丸投で4位になった[4]。また3年次のジュニアオリンピック円盤投で優勝している[5]尼崎市立尼崎高等学校に進学後、やり投を始め、3年次のインターハイでは、やり投と円盤投の二冠を達成した[5]。中学時代には四種競技、高校時代には八種競技にも取り組んでいた[6]

早稲田大学スポーツ科学部へ進学後は、やり投に専念するようになった。2010年、世界ジュニア陸上競技選手権大会で銀メダル、日本陸上競技選手権大会で3位、2011年、アジア陸上競技選手権7位、ユニバーシアード12位、日本陸上競技選手権大会2位の成績をあげた[5]

2012年4月29日に広島広域公園陸上競技場で行われたロンドンオリンピック日本代表選考会を兼ねた第46回織田幹雄記念国際大会において、派遣標準A記録を突破し、村上幸史のベスト(83m53、当時)を超え[7]、日本歴代2位(当時)となる84m28を投げた[8]。2012年6月9日、第96回日本選手権において大会新記録の84m03をマークして初優勝するとともに、ロンドンオリンピック出場が決定した[9]。オリンピックでは予選で82m07を投げて決勝に進出したが[10]、決勝では79m95で10位となった[11]

成績編集

主要国際競技会編集

以下は全てやり投げでの成績。

大会 開催地 成績 記録
2010 第13回世界ジュニア陸上競技選手権大会   カナダモンクトン 2位 76m44
2011 第26回ユニバーシアード   中国深セン市 12位 73m44
2012 第30回オリンピック競技会   イギリスロンドン 10位 79m95
2013 第27回ユニバーシアード   ロシアカザン 5位 78m21

年次ベスト編集

所属 やり投 円盤投 備考
2008年 市尼崎高2 65m37
2009年 市尼崎高3 70m57 46m05
2010年 早稲田大1 78m57 45m96 ジュニア日本記録(やり投)
2011年 早稲田大2 79m20 47m05
2012年 早稲田大3 84m28 47m92 日本歴代2位(当時、やり投)、日本学生記録(やり投)
2013年 早稲田大4 80m15 45m27
2014年 ミズノトラッククラブ 77m32 42m28
2015年 77m51
2016年 79m59 50m59
  • 高校規格(1.75kg)の円盤投では高校3年時に52m33を記録している。走幅跳では高校時代に6m47、大学4年時に6m28を記録している[12]

人物編集

兵庫県の出身のため普段は関西弁を喋っており、標準語は話せないと伝えられている[5]

家族編集

父親がイギリス人で母親が日本人。3人姉弟の末っ子で(姉と兄あり)、プロ野球は地元オリックスの大ファン。 父親はイングランドニューカッスル出身のラグビー選手で、20代のときに剣道を学びに来日した。現在神戸製鋼英会話を教えている[4]

脚注編集

外部リンク編集