メインメニューを開く

デス・ハント』(Death Hunt)は、1981年アメリカ合衆国アクションスリラー映画ピーター・R・ハント監督、チャールズ・ブロンソンリー・マーヴィンアンドリュー・スティーヴンスカール・ウェザースエド・ローター出演。アルバート・ジョンソン英語版という男を追う、王立カナダ騎馬警察の実話を物語化した作品である[2]。本作以前に同じテーマを描いた作品は、イギリスのテレビ映画『The Mad Trapper』(1972年)とアメリカ映画『Challenge to Be Free』(1975年)がある[3][4]

デス・ハント
Death Hunt
監督 ピーター・R・ハント
脚本 マイケル・グレイス英語版
マーク・ヴィクター
製作 マーレイ・ショスタックドイツ語版
製作総指揮 レイモンド・チョウ
アルバート・S・ラディ
出演者 チャールズ・ブロンソン
リー・マーヴィン
アンドリュー・スティーヴンス
カール・ウェザース
エド・ローター
音楽 ジェロルド・インメル英語版
撮影 ジェームズ・デヴィス
編集 ジョン・F・バーネット
アラン・ジェイコブス
製作会社 ゴールデン・ハーベスト
ノースショア・インヴェストメンツLtd
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1981年5月22日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $5,000,000[1]
テンプレートを表示

日本では劇場未公開でビデオスルーとなった。

ストーリー編集

1930年代初頭のカナダユーコン準州、闘犬場で違法な賭け闘犬の真っ最中のヘイゼルという男が、闘いに負けた自分の犬に暴力を振るおうとしたとき、町で見かけないジョンソンという猟師が現れ、ヘイゼルを殴り倒した上で犬を買い取ると言ってくる。犬を渡したくないヘイゼルは値を上げて諦めさせようとするが、ジョンソンは金を置いて犬と共に去ってしまう。逆恨みしたヘイゼルは、仲間らと騎馬警察隊長のエドガー・ミレンの元へと向かう。

その途中、赤い制服を着たアルヴィン・アダムスという新任の警官に会い、彼からエドガーの所に送ってほしいと頼まれ、ついでだからとヘイゼルは彼を連れて行く。一行が警察に到着し、アルヴィンとの話を済ませたエドガーはヘイゼルの言い分を聞き、闘犬を行い犬が死ぬところだったことを言伝に知っていた彼は、ヘイゼルの逮捕要請を一蹴する。

交易場で薬や弾丸などを仕入れたジョンソンは、自ら山小屋を建てて買った犬と過ごしていた。そこにヘイゼルと仲間らが押しかけ、ジョンソンはとりあえず小屋の中に入れるが、隙を突いて犬を取り戻そうとしたヘイゼルに対し犬が激しく噛み付いたため、仲間のジミー・トムが犬を撃ち殺し、そのジミー・トムをジョンソンが射殺する。逃亡したヘイゼルはジョンソンに非はないという仲間らの意見を無視して騎馬警察に行き、彼から事の成り行きを聞いたエドガーは、彼の言葉に疑問を抱きながらもジョンソンの逮捕をアルヴィンに指示する。

キャスト編集

※括弧内はフジテレビ版日本語吹替(初回放送1988年4月28日)

スタッフ編集

日本語版スタッフ

  • 吹替翻訳 - 高橋京子
  • 吹替演出 - 松川陸
  • 吹替効果 - 新音響
  • 吹替調整 - 近藤勝之
  • 吹替スタジオ - コスモスタジオ
  • 吹替担当 - 小嶋尚志、多部博之
  • 吹替製作 - フジテレビ、コスモプロモーション

参考文献編集

  1. ^ a b Death Hunt”. IMDb. 2017年4月19日閲覧。
  2. ^ Lentz 1999, p. 166.
  3. ^ The Mad Trapper”. IMDb. 2017年4月19日閲覧。
  4. ^ Details: The Mad Trapper”. ニューヨーク・タイムズ. 2017年4月19日閲覧。

外部リンク編集