メインメニューを開く

トウテムポール(Toutemu Poru/Totem Pole、7月21日 - )は、農家兼漫画家。女性。岩手県出身。現在は岩手県に在住。

目次

略歴編集

  • 2005年 - 同人誌を発行。
  • 2007年 - 『星のやうにさよなら』掲載。
  • 2013年 - 『東京心中』、『opera』(茜新社)連載。同人誌(本編)、雑誌(番外編vol.36 - 39)⇒同人誌(番外編)、雑誌(本編vol.40 - )。
  • 2015年3月6日 - 『或るアホウの一生』、『ヒバナ』(小学館)連載。2017年8月7日発売の2017年9月10日号をもって刊行を終了した⇒2017年9月28日、『マンガワン』へ移籍。

受賞編集

  • 星のやうにさよなら(70P)、志ろう(トウテムポール)。アフタヌーン四季賞2007年秋池上遼一特別賞。
  • 東京心中、トウテムポール。このBLがやばい!2014 1位。

作品リスト編集

現在連載中編集

  • 『東京心中』(2013年 - 、雑誌opera、茜新社、単行本現在9卷)
  • 『或るアホウの一生』(2015年 - 2018年、雑誌ヒバナ⇒移籍マンガワン、小学館、単行本現在4卷)※第一部完

単行本編集

  • 東京心中上(茜新社、2013年1月25日)
  • 東京心中下(茜新社、2013年1月25日)
  • 東京心中2:愛してるって言わなきゃ殺す(茜新社、2013年2月28日)
  • 東京心中3:君も人生棒に振ってみないか?(茜新社、2013年3月29日)
  • 東京心中4:アンタのドレイのママでイイ(茜新社、2014年8月8日)
  • 東京心中5:聖誕祭(茜新社、2015年10月7日)
  • 或るアホウの一生1(小学館、2015年10月7日、橋本崇載(棋譜監修))
  • 東京心中6:はるのしんぞう(茜新社、2016年10月1日)
  • 或るアホウの一生2(小学館、2016年10月12日、橋本崇載(棋譜監修))※「東京心中」の番外編も収録されている。
  • 東京心中7:ブラック ドッグ ノー ビスケッツ(茜新社、2017年10月28日)
  • 或るアホウの一生3(小学館、2017年11月10日、橋本崇載(棋譜監修))
  • 東京心中8:いつだってそうだ正気でいられない(茜新社、2018年8月30日)
  • 或るアホウの一生4(小学館、2019年1月18日、橋本崇載(棋譜監修))[1]※電子書籍のみ

限定小冊子編集

  • アホウ&東京心中コラボ note 001(B5)(小学館/茜新社、2016年1月1日)
  • OPERA Menu di stagione 1(A5、36P)(茜新社、2018年02月28日)※東京心中番外編「宮坂の夢」収録されている。
  • OPERA コラボカフェ記念小冊子 in the cafe(茜新社、2018年3月16日)※東京心中番外編「カフェ」収録されている。

読み切り編集

  • 星のやうにさよなら(70P)(講談社月刊アフタヌーン付録小冊子「アフタヌーン四季賞PORTABLE」、2007年)
  • 海に行く道(小学館月刊IKKI2013年12月、2013年、休刊)
  • グッドバイ(62P)(講談社、good!アフタヌーン39号、2014年)
  • サヨナラせんぷうき(マッグガーデンのWEBコミックサイト・EDEN vol.1、2014年)
  • 人間の証明(28P)(講談社、good!アフタヌーン2015年4号、pp.227-254、2015年)
  • 明け方のカラス(42P)(講談社、good!アフタヌーンン2017年4号、pp.317-358、2017年)
  • 探してよ(32P)(講談社、モーニング2019年15号、2019年)

同人誌編集

サークル名「青空駐車とトウテムポール」。

主な作品に『おおきく振りかぶって』同人誌、『東京心中』、『或るアホウの一生』がある。

  • 『おおきく振りかぶって』
    • 再録集壱巻「少年 春と修羅」(1~5話目集録)(220P、B6)(2006年12月29日)
      • 1 冊目「君に会いにゆこう」(42P、B5)(2005年4月29日)
      • 1.5 冊目(B5)(2005年4月29日)
      • 2 冊目「バッテリーこうじ」(B5)(2005年7月18日)
      • 3 冊目「もうちょっと右だったらストライク」(B5)(2005年11月23日)
      • 4 冊目「マシマロモンスター」(B5)(2006年1月29日)
      • 5 冊目「デーゲーム Day Game」(B5)(2006年5月4日)
    • 再録集弐巻「少年 屈折率」(6~9話目集録)(180P、B6)(2010年8月14日)
      • 6 冊目「望棒グラフ」(36P、B5)(2006年6月9日)
      • 7 冊目「蓄電慕情」(B5)(2006年9月18日)
      • 8 冊目「乙女のスクイス」(20P、B5)(2006年9月18日)
      • 9 冊目「美しい決意 A beautiful decision」( 40P、B5)(2006年12月29日)
    • 再録集参巻「少年 グラウンド電柱」(B6)
    • 10 冊目「BLUE sympathy 青のシンパシー」(40P、B5)(2007年2月25日)
    • 11 冊目「オコサマドットコム」(B5)(2007年5月3日)
    • 12 冊目「 I scream」(64P、B5)(2007年8月18日)
    • 12.5 冊目「本日の日記」(B5)(2007年10月14日)
    • 「MARRY GO ROUND マリィゴゥラウンド」(2010年5月3日)
  • 『東京心中』
    • 再録集壱巻(1~5話目集録)(2010年8月14日、コミケ78)
      • 1 冊目「入口はどこにでもあル」
      • 2 冊目「アンタの欲しいノ知ってるヨ」
      • 3 冊目「初恋」(2008年10月26日、Jガーデン25)
      • 4 冊目「いなくていいひと」(2009年3月8日、Jガーデン26)
      • 5 冊目「いてもいいひと」(2009年3月15日、春コミ14)
    • 再録集弐巻(6~9話目集録)2011年6月26日、Jガーデン30)
      • 6 冊目「ワァド」(2009年8月16日、コミケ76)
      • 7 冊目「アイアンメイデン」(2009年10月25日、Jガーデン27)
      • 8 冊目「ワンルーム」(2009年12月30日、コミケ77)
      • 9 冊目「スーサイドモーニング」(2010年5月2日、スパコミ19)
    • 再録集参巻(10~14話目集録)(2012年4月1日、Jガーデン32)
      • 10 冊目「暴露」(2010年8月14日、コミケ78)
      • 11 冊目「愛してるって言わなきゃ殺す」(2010年10月31日、Jガーデン29)
      • 12 冊目「理由」(2010年12月30日、コミケ79)
      • 13 冊目「ロデオ」(2011年6月26日、Jガーデン30)
      • 14 冊目「デモドリ」(2011年8月14日、コミケ80)
    • 15 冊目「ヒゲとなみだ」(2011年10月9日、Jガーデン31)
    • 16 冊目「ウォーキンアンドスリーピン」(2011年12月30日、コミケ81)
    • 17 冊目「君も人生棒に振ってみないか」(2012年4月1日、Jガーデン32)
    • 18 冊目「初めての撮影機」(2012年9月2日、コミティア101)
    • 19 冊目「変態化」(2012年10月8日、Jガーデン33)
    • 20 冊目「金色夜叉」(2013年3月3日、Jガーデン34)
    • 21 冊目 番外編「友達in東京」(2013年8月11日、コミケ84)
    • 番外編「イルミネーションのゴミ」(2014年12月28日、コミケ87)
    • 番外編「行きて帰りし物語」(2015年3月8日、Jガーデン38)
    • 番外編「裏」(2016年8月12日、コミケ90)
  • その他
    • 無題
    • トウテムゲーム紀行
    • フリートーク
    • フリートーク 2
    • フリートーク 3(2017年12月30日、コミケ93)
    • フリートーク 4(コミケ94)
  • 『或るアホウの一生』
    • 青空 迫メイン本(28P、B5)(2018年12月29日、コミケ95)[2]※過去ペーパーも収録。東京心中も数ページ描きおろし。

その他出版物編集

  • 東京心中番外編とインタビュー(宙出版、このBLがやばい! 2014年度版 、2013年12月11日)[3]
  • 「ビーラブシネマ情報局」コーナー(講談社、BE・LOVE、2014年3月1日)[4]
  • 4P漫画(徳間書店月刊コミックゼノン2019年5月号、2019年3月25号)[5]

インタビュー編集

  • 宙出版、このBLがやばい! 2014年度版 、2013年[3]
  • 茜新社、opera vol.40|トウテムポール特集、2013年[6]
  • 美術出版社美術手帖2014年12月号、2014年[7]
  • cakes編集部、将棋女子座談会、2015年[8]
  • 飛鳥新社、季刊エス2016年4月号(复刊ドットコム)、2016年[9]
  • 宙出版、BL進化論、pp.124-149、2017年[10]

脚注編集

  1. ^ 小学館eコミックストア -或るアホウの一生”. 小学館eコミックストア. 2018年12月28日閲覧。
  2. ^ 冬コミは1日目西、む‐08b”. トウテム日記 (2018年12月13日). 2018年12月28日閲覧。
  3. ^ a b NEXT編集部 (2013年12月11日). このBLがやばい! 2014年度版 (Next BOOKS). 宙出版. 
  4. ^ THE 報告”. トウテム日記 (2014年2月28日). 2018年12月28日閲覧。
  5. ^ 報告”. トウテムポール (2019年3月4日). 2019年3月7日閲覧。
  6. ^ “OPERA彼の人”. opera 40. (2013). 
  7. ^ 美術手帖BL特集号に明日美子16P描き下ろし、雲田はるこらの絵やインタビュー”. natalie (2014年11月17日). 2018年12月27日閲覧。
  8. ^ 今日から萌えられる!「観る将」のはじめ方――将棋女子座談会 vol.1”. cakes (2015年10月26日). 2018年12月27日閲覧。
  9. ^ 季刊エスで「テガミバチ」「D.Gray-man」特集、いくえみ綾の“好きな男子”も”. natalie (2016年3月15日). 2018年12月27日閲覧。
  10. ^ 溝口彰子 (2017.11). BL進化論. 宙出版. 

外部リンク編集