メインメニューを開く

トニー・フェルナンデス (実業家)

タン・スリ・アンソニー・フランシス・"トニー"・フェルナンデス:Tan Sri Anthony Francis "Tony" Fernandes,CBE1964年4月30日 -)は、マレーシア人の企業家で、東南アジア地区を中心にアジア地区を網羅しているLCC(Low cost carrier)であるエアアジア最高経営責任者(CEO)である。

トニー・フェルナンデス
生誕 1964年4月30日
マレーシア クアラルンプール
国籍 マレーシア
職業 実業家
純資産 6.5億ドル
トニー・フェルナンデス(エアアジアのイベントにて)

生い立ちと経歴編集

1964年4月30日、マレーシアのクアラルンプールでインドのゴア人の父親と、マラッカポルトガル人の母親の間に生まれる。幼い頃はビジネスウーマンであった母親に連れられ、タッパーウェア社のディーラーのパーティーや集会に顔を出していた。

1977年から1983年まで、英国のエプソム・カレッジ(Epsom College)で学び、1987年にはロンドン・スクール・オブ・エコノミクスを卒業する。その後は短期間、ヴァージン・アトランティック航空監査役(Auditor)として働いていた。 マレーシアに帰国後、ワーナーミュージックマレーシア社(Warner Music (Malaysia) Sdn Bhd)で、史上最も若いマネージング・ディレクターとなった。 1992年から2001年まで、ワーナーミュージックグループの東南アジア地区担当副社長を務めたものの、ワーナーミュージックの親会社タイム・ワーナーAOLとの合併を発表後、格安航空会社(LCC)設立の夢を追い、退職した。

2001年10月、当時のマレーシアの首相マハティール・ビン・モハマドから、地元の航空会社・エアアジアの買収を進言された。当時のエアアジアは、マレーシア政府系の重工業会社DRB-ハイコムの傘下に入っており、ボーイング737-300を2機所有していたが、業績の低迷により1100万USドル(以下ドル)の負債を抱え、経営破綻状態に陥っていた。 マハティールが同社の存続を望んでいたことから、進言を受けたトニーは貯蓄をはたき、持ち家を抵当に入れた上で、1リンギット (約30円/26セント))で買収した。

ちょうどアメリカ同時多発テロ事件の起きた直後であり、航空業界にとっては最悪の時期であった。誰もがエアアジアの経営破綻を予言し、トニーを「クレイジー」と思っていた。しかし、事業継続1年後、エアアジアはすべての負債を完済した。飛行機のリース料は40 %も下がっていて、また他の航空会社が行ったレイオフにより、経験者の採用が容易であった。トニーはのちに「買収のタイミングはパーフェクトだった」と語った。

2007年には、クアラルンプールに最初の格安ホテルチェーンのチューン・ホテルズを開業させ、今後マレーシアや東南アジアを中心に店舗網を拡大する計画である。

また、2010年のF1世界選手権よりF1に参入したマレーシアのロータス・レーシング(現・ケータハムF1チーム)のチーム代表も務める。

F1の2010年シーズン開始前、トニーは今シーズンの目標は同じくこの年からF1に参入するヴァージン・レーシングより上位でシーズンを終える事であり、それが出来なければ引退し自殺するとコメントした。これに対し、ヴァージン・レーシングのボスであり、航空会社であるヴァージン・アトランティック航空などを経営するリチャード・ブランソンは、コンストラクターズランキングで負けたほうが勝ったチーム側の航空会社のスチュワーデス制服を着るとの賭けをトニーに提案した[1][2]。結局この賭けはブランソンの負けとなり、トニーからエアアジアの制服が支給された[3]

2010年5月に航空業界での功績が認められレジオンドヌール勲章(階級はオフィシエ)を、2011年2月には「英国とマレーシアを航空業界を通じて密接に結び付けた功績」により大英帝国勲章(第3位のコマンダー)を受勲した。

2011年8月、サッカーイングランド・プレミアリーグクイーンズ・パーク・レンジャーズの株式の66 %を取得、事実上チームを買収した[4]

2014年7月、不振の続くF1チームに見切りをつけ、チームを売却した[5]

2017年12月、著書“Flying High: My Story”を刊行した[6]2018年9月、日本語版『フライング・ハイ ——エアアジア、F1、プレミアリーグ』刊行[7]

脚注編集

外部リンク編集