クイーンズ・パーク・レンジャーズFC

クイーンズ・パーク・レンジャーズ・フットボール・クラブ (Queens Park Rangers Football Club) は、イングランドロンドンに本拠地を置くサッカークラブ。通称QPR、愛称フープス (The Hoops)[3]

クイーンズ・パーク・レンジャーズFC
原語表記 Queens Park Rangers Football Club
愛称
  • The Superhoops
  • The Rs
  • Rangers
クラブカラー 青と白
創設年 1882年
所属リーグ フットボールリーグ
所属ディビジョン チャンピオンシップ
ホームタウン ロンドン
ホームスタジアム カイヤン・プリンス・ファウンデーション・スタジアム[1]
収容人数 18,439[2]
代表者 イングランドの旗 アミット・バティア
監督 イングランドの旗 マーク・ワーバートン
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

1882年、学校のクラブだったセント・ジューズ (St Jude's) がクライストチャーチ・レンジャーズ (Christchurch Rangers) と合併してクイーンズ・パーク・レンジャーズが設立された。チーム名は多くの選手がロンドン郊外のクイーンズ・パーク地区から来ていた事に由来する[3]

2007年にはフォーミュラ1で有名なフラビオ・ブリアトーレバーニー・エクレストンが買収しオーナーとなったが、2011年8月にエアアジアCEOのマレーシアトニー・フェルナンデスが株式の過半数を取得し、新オーナーとなった[3]

2010-11シーズンは、2011年4月30日、アウェーでのワトフォード戦に2-0で勝利し、チャンピオンシップ優勝と15シーズンぶりのプレミアリーグ昇格を果たした。[4]2011-12シーズンは苦しみながらも最終節で17位となり、降格を免れた。[3]

2012-13シーズンは、2012年の夏にマンチェスター・ユナイテッドより元韓国代表MFの朴智星インテルよりブラジル代表GKのジュリオ・セザルなどを獲得したにも関わらず、開幕12試合で勝ち点4しか獲得できず、リーグ最下位に低迷し、2012年11月23日、マーク・ヒューズ監督を解任。[5]ハリー・レドナップの新監督就任や、[6]冬の移籍市場でマルセイユからフランス代表FWのロイク・レミを獲得するが事態は好転せず、2013年4月28日、同じく降格を争っていたレディングとアウェーで0-0で引き分け、2シーズンでプレミアリーグからチャンピンシップに降格となった。[7]

2013-14シーズンはチャンピオンシップで4位となり、昇格プレーオフ出場権を獲得。準決勝でウィガン・アスレティックを破り、2014年5月24日に行われた決勝では90分にボビー・ザモラがゴールを挙げ、ダービー・カウンティに1-0で勝利し、1シーズンでプレミアリーグ復帰を果たした。[8]

2014-15シーズンはプレミアリーグ最下位に低迷し、1シーズンでチャンピンシップ降格となった。

タイトル編集

 
ロフタス・ロード

国内タイトル編集

1967
2010-11

国際タイトル編集

なし

クラブ各種記録編集

一試合最多観客動員数

一試合最多得点勝利試合

一試合最多失点敗戦試合

最多出場記録

最年長出場記録

最年少出場記録

最多得点記録(リーグのみ)

最多得点記録(1シーズン)

リーグ戦 35ゴール
FAカップ 3ゴール
リーグカップ 11ゴール

過去の成績編集

シーズン ディビジョン FAカップ リーグ
カップ
欧州カップ/その他 最多得点者
リーグ 順位 選手 得点数
1980-81 ディビジョン2 42 15 13 14 56 46 43 8位 3回戦敗退 3回戦敗退 トミー・ラングリー 9
1981-82 42 21 6 15 65 43 69 5位 準優勝 3回戦敗退 シモン・ステインロッド 24
1982-83 42 26 7 9 77 36 85 1位 3回戦敗退 2回戦敗退

16
1983-84 ディビジョン1 42 22 7 13 67 37 73 5位 3回戦敗退 2回戦敗退 シモン・ステインロッド 16
1984-85 42 13 11 18 53 72 50 19位 3回戦敗退 準々決勝敗退 UEFAカップ 2回戦敗退 ゲーリー・バニスター 28
1985-86 42 15 7 20 53 64 52 13位 3回戦敗退 準優勝 18
1986-87 42 13 11 18 48 64 50 16位 5回戦敗退 2回戦敗退 16
1987-88 40 19 10 11 48 38 67 5位 5回戦敗退 3回戦敗退 フルメンバーズカップ 1回戦敗退 10
1988-89 38 14 11 13 43 37 53 9位 3回戦敗退 準々決勝敗退

準決勝敗退

1回戦敗退
マーク・ファルコ 15
1989-90 38 13 11 14 45 44 50 11位 準々決勝敗退 3回戦敗退 コリン・クラーク 9
1990-91 38 12 10 16 44 53 46 12位 3回戦敗退 4回戦敗退 フルメンバーズカップ 2回戦敗退 Roy Wegerle 19
1991-92 42 12 18 12 48 47 54 11位 3回戦敗退 3回戦敗退 フルメンバーズカップ 準々決勝敗退 デニス・ベイリー 11
1992-93 プレミア 42 17 12 13 63 55 63 5位 4回戦敗退 4回戦敗退 レス・ファーディナンド 24
1993-94 42 16 12 14 62 61 60 9位 3回戦敗退 4回戦敗退 18
1994-95 42 17 9 16 61 59 60 8位 準々決勝敗退 3回戦敗退 26
1995-96 38 9 6 23 38 57 33 19位 4回戦敗退 4回戦敗退 Danny Dichio 12
1996-97 ディビジョン1 46 18 12 16 64 60 66 9位 5回戦敗退 2回戦敗退 ジョン・スペンサー 18
1997-98 46 10 19 17 51 63 49 20位 3回戦敗退 1回戦敗退 マイク・シェロン 11
1998-99 46 12 11 23 52 61 47 20位 3回戦敗退 2回戦敗退 9
1999-00 46 16 18 12 62 53 66 10位 4回戦敗退 1回戦敗退

14
2000-01 46 7 19 20 45 75 40 23位 4回戦敗退 1回戦敗退 ピーター・クラウチ 12
2001-02 ディビジョン2 46 19 14 13 60 49 71 8位 1回戦敗退 1回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 1回戦敗退 アンディ・トムソン 21
2002-03 46 24 11 11 69 45 83 4位 1回戦敗退 1回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 1回戦敗退

14
2003-04 46 22 17 7 80 45 83 2位 1回戦敗退 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 南セクション準決勝敗退 ケビン・ガーレン 17
2004-05 チャンピオン 46 17 11 18 54 58 62 11位 3回戦敗退 1回戦敗退 ポール・ファーロング 18
2005-06 46 12 14 20 50 65 50 21位 3回戦敗退 1回戦敗退

9
2006-07 46 14 11 21 54 68 53 18位 3回戦敗退 2回戦敗退 デクスター・ブラックストック 14
2007-08 46 14 16 16 60 66 58 14位 3回戦敗退 1回戦敗退 アーコシュ・ブジャーキ 10
2008-09 46 15 16 25 42 44 61 11位 3回戦敗退 4回戦敗退 デクスター・ブラックストック 12
2009-10 46 14 15 17 58 65 57 13位 3回戦敗退 3回戦敗退 ジェイ・シンプソン 13
2010-11 46 24 16 6 71 32 88 1位 3回戦敗退 1回戦敗退 アデル・ターラブト 19
2011-12 プレミア 38 10 7 21 43 66 37 17位 4回戦敗退 1回戦敗退 ヘイザル・ヘルグソン 9
2012-13 38 4 13 21 30 60 25 20位 4回戦敗退 3回戦敗退 ロイク・レミー 6
2013-14 チャンピオン 46 23 11 12 60 44 80 4位 3回戦敗退 2回戦敗退 チャーリー・オースティン 16
2014-15 プレミア 38 8 6 24 42 73 30 20位 3回戦敗退 2回戦敗退 18
2015-16 チャンピオン 46 14 18 14 54 54 60 12位 3回戦敗退 2回戦敗退

10
2016-17 46 15 8 23 52 66 53 18位 3回戦敗退 3回戦敗退 イドリッサ・シラ 10
2017-18 46 15 11 20 58 70 56 16位 3回戦敗退 2回戦敗退 マット・スミス 11
2018-19 46 14 9 23 53 71 51 19位 5回戦敗退 3回戦敗退 ナーキ・ウェルズ 9
2019-20 46 16 10 20 67 76 58 13位 4回戦敗退 2回戦敗退

15
2020-21 46

現所属メンバー編集

2020年9月30日現在[9]
No. Pos. 選手名
1   GK ジョー・ラムリー
2   DF トッド・ケイン
3   DF リー・ウォレス
4   DF ロバート・ディッキー
6   DF ヨアン・バルベ
8   MF ルーク・エイモス
9   FW リンドン・ダイクス
10   FW イリアス・シャイル
11   MF ブライト・オシャイ=サミュエル
12   MF ドミニク・ボール
13   GK セニー・ディエン
14   MF ライアン・マニング
No. Pos. 選手名
17   MF オラミデ・ショディポ
18   FW アラミデ・オテフ
19   MF ジョージ・トーマス
20   DF ジェフ・キャメロン
22   MF トム・キャロル
23   DF コナー・マスターソン
24   DF オスマン・カカイ
25   DF ニコ・ハマライネン
30   MF チャーリー・オーウェンス
32   GK リアム・ケリー
38   FW ポール・スミス

※括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

監督

ローン移籍選手編集

in
No. Pos. 選手名
out
No. Pos. 選手名
33   GK ディロン・バーンズ (ハイバーニアン)

歴代監督編集

歴代所属選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

エンブレム編集

ユニフォームカラーはチーム設立当時は紺と青。その後緑と白にした時代を経て1926年に青と白のストライプとなった。途中青一色や白一色にしたこともあったが1959年以降は一貫して青と白を使っている[3]

エンブレムは1953年に当時のハマースミス区章を胸につけたが、1975年に古いボールにQPRのアルファベットを入れたオリジナルのエンブレムを定めた。1989年にクラブ100周年を記念して変更され、2008年に盾形のデザインへ変更した[3]

脚注編集

  1. ^ https://www.qpr.co.uk/news/club-news/loftus-road-renamed-the-kiyan-prince-foundation-stadium/
  2. ^ Queens Park Rangers”. The Football League. 2013年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ a b c d e f エンブレムの世界 QPR『サッカーマガジン』2012年6月5日号、ベースボール・マガジン社、斉藤健仁、2012年、雑誌23881-6/5, 056頁。
  4. ^ “Watford 0–2 QPR”. BBC Sport. (2011年4月30日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/13174445.stm 2011年5月7日閲覧。 
  5. ^ Mark Hughes Sacked”. Thesackrace.com. 2018年8月23日閲覧。
  6. ^ “QPR: Harry Redknapp takes over as manager”. BBC Sport. (2012年11月24日). https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/20466488 2012年11月27日閲覧。 
  7. ^ James, Stuart (2013年4月28日). “Reading and QPR relegated from Premier League after goalless draw”. The Guardian. https://www.theguardian.com/football/2013/apr/28/reading-qpr-match-report 2014年5月27日閲覧。 
  8. ^ Moore, Glenn (2014年5月24日). “QPR promoted to the Premier League: Bobby Zamora's £80m goal seals play-off victory for Rangers”. The Independent. https://www.independent.co.uk/sport/football/football-league/qpr-promoted-to-the-premier-league-harry-redknapp-says-his-side-were-hanging-on-for-their-lives-before-bobby-zamoras-late-winner-9431483.html 2014年5月27日閲覧。 
  9. ^ First Team”. QPR. 2020年9月30日閲覧。

外部リンク編集