ワーナーメディア

かつてのアメリカの多国籍メディア・コングロマリット
タイム・ワーナーから転送)

ワーナーメディアWarnerMedia, LLC)は、かつてのアメリカ合衆国の多国籍マスメディア・エンターテイメント複合企業。アメリカ合衆国ニューヨークの30 ハドソン・ヤードに本社を置いていた。1990年にスティーヴ・ロスがタイムとオリジナルのワーナー・コミュニケーションズを合併して設立され、2022年にディスカバリーとの合併し、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーとなった。1972年から1990年はワーナー・コミュニケーションズ(Warner Communications)、1990年から2001年はタイム=ワーナー(Time-Warner)、1992年から2001年はタイム・ワーナー・エンターテイメント(Time Warner Entertainment Company, L.P.、Time Warner Entertainment Inc.)、2001年から2003年はAOLタイム・ワーナー(AOL Time Warner)、2003年から2018年はタイム・ワーナー(Time Warner)として知られた。

ワーナーメディア
WarnerMedia, LLC
商号
WarnerMedia
以前の社名
元の種類
子会社
業種 マスメディア
娯楽
その後 ディスカバリーと合併
前身
後継 ワーナー・ブラザース・ディスカバリー
設立 1972年2月10日 (52年前) (1972-02-10)
創業者 スティーヴ・ロス
解散 2022年4月8日 (2年前) (2022-04-08)
本社 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク 30 ハドソン・ヤード
事業地域
世界中
主要人物
  • ジェイソン・キラール(CEO)
ブランド
売上高 増加 US$35.63 billion (2021)
営業利益
減少 US$7.24 billion (2021)
従業員数
25,600 (2015年) ウィキデータを編集
親会社
  • 独立(1972年 - 2018年)
  • AT&T(2018年 - 2022年)
部門
  • ワーナーメディア・スタジオ&ネットワーク
  • ワーナーメディア・ニュース&スポーツ
  • ワーナーメディア・セールス・アンド・ディストリビューション
  • ワーナーメディア・ダイレクト
  • ワーナーメディア・インターナショナル
ウェブサイト www.warnermedia.com/us
Footnotes / references
[1][2][3][4][5]

映画、テレビ、ケーブル事業を展開し、その資産には、ワーナーメディア・スタジオ&ネットワーク(ターナー・エンターテイメント・ネットワークスHBO、シネマックスのエンタテインメント資産、およびワーナー・ブラザース・エンターテイメント)、ワーナーメディア・ニュース&スポーツ(CNN、ターナースポーツ、AT&Tスポーツネット、ターナー・ブロードキャスティングのニュースおよびスポーツ関連資産)、ワーナーメディア・セールス・アンド・ディストリビューション(デジタルメディア会社オッター・メディア)、ワーナーメディア・ダイレクト(ストリーミングサービスHBO Max)などが含まれた。

歴史 編集

 
ニューヨークのタイム・ワーナー・センター
 
ワーナー・ブラザース本社(バーバンク)
  • 1923年 - ワーナー・ブラザースが設立される。
  • 1923年 - タイム誌が創刊される。
  • 1967年 - セヴン・アーツ・プロダクションズがワーナー・ブラザースを買収。
  • 1969年 - 駐車場・ビルディング・葬儀サービスの複合企業「キニー・サービス英語版」がワーナー・ブラザース=セヴン・アーツを買収。
  • 1972年 - 駐車場での価格決定を伴う金融スキャンダルのため非エンターテインメント資産をナショナルキニーコーポレーション英語版として独立させ、キニー・サービスがワーナー・コミュニケーションズと改名[6]
  • 1989年 - クオンタム・コンピューティング・サービス社がAOLサービスを開始。
  • 1989年3月4日 - タイム社とワーナー・コミュニケーションズの合併を発表。
  • 1990年1月10日 - タイム社とワーナー・コミュニケーションズの合併が完了し、タイム・ワーナーとなる[要出典]
  • 1991年 - クオンタム・コンピューティング・サービス社がアメリカ・オンラインと改名。
  • 1996年10月10日 - タイム・ワーナーがテッド・ターナーがオーナーであるターナー・ブロードキャスティング・システム(TBS, Inc.)及びその傘下のCNN等を買収。
  • 2000年 - AOLのM&Aによって、AOLとタイム・ワーナーが合併し、AOLタイム・ワーナーとなる。
  • 2002年 - AOLのITバブル崩壊などの影響で、AOLとの合併を解消し、社名をタイム・ワーナーに戻す。
  • 2008年5月21日 - タイム・ワーナーとタイム・ワーナー・ケーブル社が分離に同意。
  • 2009年2月19日 - タイム・ワーナーがタイム・ワーナー・ケーブル社の分離・スピンオフを完了。
  • 2009年5月 - タイム・ワーナーがAOL部門の分離・スピンオフを決定。
  • 2009年12月9日 - AOLとの正式に合併を解消した。
  • 2013年3月6日 - タイム・ワーナーが独立した株式公開企業としてタイム社の売却を発表。
  • 2016年10月 - 米大手通信業者AT&Tがタイム・ワーナー社に850億ドル(約8兆5000億円)の合併提案。
  • 2018年6月12日 - AT&Tによる買収完了。
  • 2018年6月15日 - タイム・ワーナーが社名をワーナーメディアに変更した。
  • 2019年3月4日 - AT&Tは、前年に買収したタイム・ワーナー(現・ワーナーメディア)の事業再編に正式に着手し、種類の異なるネットワーク網やエンターテインメント事業を統合した[7]
  • 2020年5月27日 - 定額制動画配信サービスであるMaxのサービスを開始。
  • 2022年4月8日 - スピンオフ制度を活用して、ディスカバリーチャンネルなどを運営している同業会社のディスカバリーと経営統合し、「ワーナー・ブラザース・ディスカバリー」を設立[8][9][10]。これにより、ワーナーメディアは約4年でAT&Tグループから離れることになった[11]

主な子会社 編集

ワーナーメディア・ダイレクト 編集

ワーナーメディア・スタジオ&ネットワーク 編集

ワーナーメディア・ニュース&スポーツ 編集

ワーナーメディア・インターナショナル 編集

ワーナーメディア・セールス・アンド・ディストリビューション 編集

手放した子会社 編集

動画配信サービス 編集

HBO Max 編集

2019年7月9日(現地時間)、AT&Tの傘下でHBOの親会社であるワーナーメディアは定額制動画配信サービスHBO Max」を2020年春に開始すると発表[16]。2020年5月27日から同サービスの提供を開始した[17][18]。HBOやTBSカートゥーン ネットワークなどのワーナーメディアの各番組に加え、ワーナー・ブラザーズニュー・ライン・シネマDCコミックスといった関連会社が制作した映画・ドラマ、本配信サービスのオリジナル番組などを配信する[17][18][19][20]

脚注 編集

  1. ^ Financial and Operational Schedules & Non-GAAP Reconciliations”. AT&T (2022年1月26日). 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月27日閲覧。
  2. ^ Cohen, Roger (1992年12月21日). “The Creator of Time Warner, Steven J. Ross, Is Dead at 65”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1992/12/21/obituaries/the-creator-of-time-warner-steven-j-ross-is-dead-at-65.html 2018年4月11日閲覧。 
  3. ^ Time Warner Inc. Reports Fourth-Quarter and Full-Year 2017 Results (10-K)”. Time Warner (2018年2月1日). 2017年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月5日閲覧。
  4. ^ AT&T Corporate Profile”. about.att.com. 2021年11月13日閲覧。
  5. ^ Business Units | WarnerMedia”. www.warnermediagroup.com. 2019年4月25日閲覧。
  6. ^ BEGIN PRIVACY-ENHANCED MESSAGE”. 2020年8月2日閲覧。
  7. ^ 米AT&T、ワーナー・メディアの事業再編に着手”. WSJ (2019年3月5日). 2019年3月24日閲覧。
  8. ^ AT&Tがメディア事業スピンオフ、ディスカバリーと資産統合へ”. Bloomberg.com (2021年5月17日). 2021年5月22日閲覧。
  9. ^ 米メディア大手2社統合へ ワーナーとディスカバリー”. 共同通信 (2021年5月17日). 2021年5月17日閲覧。
  10. ^ 米CNNテレビ、有料配信終了へ 開始後わずか1カ月”. 共同通信 (2022年4月22日). 2022年4月26日閲覧。
  11. ^ AT&Tが「ワーナーメディア」切り離し、ディスカバリーと統合…ネットフリックスなどに対抗”. 読売新聞 (2021年5月17日). 2021年5月22日閲覧。
  12. ^ ソニー、米アニメ運営会社を約1222億円で買収-エンタメ関連強化”. Bloomberg.com (2020年12月10日). 2020年12月10日閲覧。
  13. ^ 日本放送協会 (2020年12月10日). “ソニー 米 通信大手AT&Tが展開のアニメ配信事業を買収で合意”. NHKニュース. 2020年12月10日閲覧。
  14. ^ ソニー、海外アニメ配信「Crunchyroll」買収完了。約1,300億円”. AV Watch (2021年8月10日). 2021年9月18日閲覧。
  15. ^ FOXが娯楽メディアTMZを買収、「ゴシップネタ」の収益を強化へ”. Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2021年9月16日). 2021年9月16日閲覧。
  16. ^ WarnerMedia、定額動画サービス「HBO Max」を来春立ち上げ”. ITmedia (2019年7月11日). 2020年5月28日閲覧。
  17. ^ a b ワーナー、米で新動画配信 スタジオジブリ作品が目玉に”. 共同通信 (2020年5月28日). 2020年5月28日閲覧。
  18. ^ a b WarnerMediaの定額動画サービス「HBO Max」スタート Apple TVやPS4にも対応”. ITmedia (2020年5月28日). 2020年5月28日閲覧。
  19. ^ 新たな動画配信サービス「HBO Max」、5月27日に米国で開始へ”. CNET Japan (2020年4月22日). 2020年5月2日閲覧。
  20. ^ 米国株市場“2番底”の可能性はあるのか 動画配信銘柄は好調”. 日刊ゲンダイ. p. 2 (2020年4月28日). 2020年5月2日閲覧。

外部リンク 編集