トヨタテクノサービス

株式会社トヨタテクノサービスは、1982年トヨタ自動車の100%出資子会社として、特許情報を中心とした情報解析を目的に、設立された会社である。

その後、システム開発部門、設計部門を設置(1990年)し、情報解析部門と合わせ、総合エンジニアリング企業・技術者派遣事業として業務を拡大した。

2006年4月、車両開発・計測器開発などを集中的に行うため、トヨタ自動車の子会社であるトヨタマックスと合併し、トヨタコミュニケーションシステムの製品開発機能を吸収するという再編により、新会社のトヨタテクニカルディベロップメントとなった。

沿革編集

  • 1982年6月設立 資本金1千万円 (トヨタ自動車株式会社100%)。目的は「研究開発戦略の策定」と「研究開発の効率化」のための、特許情報を中心とする「情報解析」。
  • 1990年4月 システム開発部門、設計部門を設置。情報解析部門と合わせ、総合エンジニアリング企業へ。プロパ-社員の採用を開始。
  • 1991年11月 増資 新資本金1億円。 愛知県豊田市豊栄町2丁目に本社ビル(後に本社移転のため豊栄オフィスと改名)を建設。
  • 1994年1月 システム開発の受託化を開始。
  • 1996年1月 設計の受託化を開始。
  • 1999年3月 第2ビル(後に三軒町オフィスと改名)を建設。
  • 2000年12月 第3ビル(後に下市場オフィスと改名)を開設。
  • 2001年4月 実験評価業務の受託化を開始。
  • 2001年9月 豊田第4オフィス(後に西町オフィスと改名)を開設。お台場サテライトオフィス(東京都港区)を開設。
  • 2003年3月 豊田市花本町に新本社を建設。既存オフィスの名称を変更。
  • 2004年5月 裾野オフィス(静岡県裾野市)を開設。
  • 2005年4月 豊田市花本町に本社2号館ビルを建設。本社を本社本館へ名称を変更。
  • 2006年4月 トヨタマックストヨタコミュニケーションシステムとの3社再編により、トヨタテクニカルディベロップメント株式会社へ。[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集