トヨタコミュニケーションシステム

株式会社トヨタコミュニケーションシステム(英:Toyota Communication Systems Co., Ltd. 略称:TCS)は、かつて存在したトヨタグループに属するITソリューション事業会社である。

株式会社トヨタコミュニケーションシステム
Toyota Communication Systems Co., Ltd.
Toyota Home Headquarter Office 20140728.JPG
本社が入居するトヨタホーム栄ビル(2014年7月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 TCS
本社所在地 日本の旗 日本
461-0001
愛知県名古屋市東区1-23-22
トヨタホーム栄ビル7F
北緯35度10分28秒 東経136度54分34.8秒 / 北緯35.17444度 東経136.909667度 / 35.17444; 136.909667座標: 北緯35度10分28秒 東経136度54分34.8秒 / 北緯35.17444度 東経136.909667度 / 35.17444; 136.909667
設立 2001年4月1日
業種 情報・通信業
法人番号 4180001017641 ウィキデータを編集
事業内容 ITソリューション事業、ITサービス事業
代表者 代表取締役社長 大島 哲也
資本金 10億円
売上高 399億73百万円(2016年3月期)
従業員数 1358名(2017年4月1日現在)
主要株主 トヨタ自動車 100%
主要子会社 トヨタケーラム 100%
外部リンク http://www.toyota-cs.com/
テンプレートを表示

概要編集

1990~91年にトヨタ自動車の情報システム部門が分離独立し、ベンダー各社との共同出資により合弁会社(TSR、TSE、TSI)が設立された。2001年に3社が合併したことによりTCSが発足。TCSは「トヨタ自動車が世界一のIT企業を目指して設立した会社」とされている[1]2019年1月に株式会社トヨタシステムズに再編。

カンパニースローガン編集

Do IT now for TCS! ( TCS stands for Tomorrow, Customers, Society and ourselves.)

事業所編集

沿革編集

事業内容編集

研究開発(R&D)編集

  • 先端技術、システム共通基盤、システム開発技術の調査・研究開発

ES:エンジニアリングシステム編集

トヨタ自動車(TMC)の車両開発工程(企画~発売準備)における技術系業務システムの開発

  1. CG(Computer Graphics)/CAD関連システム、画像処理、統計処理を用いたプロセス改革支援
  2. 各種解析やシミュレーションを行うためのCAE(Computer-Aided Engineering)システム
  3. 設計データ共有化を実現するPDM(Product Data Management)システム
  4. 電技系システム、制御分野を支援するMBD(Model-Based Development)、小型情報端末
  5. データ活用(デジタルマーケティング支援、データ正活動推進)

BS:ビジネスシステム編集

  • トヨタ自動車(TMC)の事務系基幹業務システムの開発(車両開発、調達、生産、物流、販売、アフターサービス、一般管理等)
  1. 営業システム(新車、中古車の販売実績、車両点検のサービス実績等、販売店の営業支援)
  2. 技術・生技システム(部品表システム、出図管理システム、原価企画システム)
  3. 生産・物流システム(トヨタIMVプロジェクトに代表されるグローバルサプライチェーン
  4. 調達システム(世界各地のサプライヤーを繋ぐグローバル調達システム)
  5. 販売関連システム、トヨタホーム関連システム
  6. 一般管理システム(経理・財務システム、連結決算システム)

FS:ファイナンスシステム編集

SS:システムサービス編集

  • トヨタ自動車(TMC)向けインフラ、運用サービス、情報セキュリティ対策

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集

公式サイト
その他