トレイルミックス

スナック

トレイルミックス: Trail mix, scroggin)は、スナックミックス英語版の一種である。一般的にはグラノーラドライフルーツナッツなどを混ぜたもの(チョコレートを入れることもある)で、ハイキングの際に携帯する食品として開発された。トレイルミックスは軽量で保存が容易で栄養価が高く、ドライフルーツやグラノーラの炭水化物で素早くエネルギーを補給できるとともにナッツの脂質からも持続的にエネルギーを得られるため、ハイキングに理想的な軽食と考えられている。

トレイルミックス
Gorp.jpg
ピーナッツレーズンM&M'sで作られた
トレイルミックス
種類 スナック
主な材料 ドライフルーツ穀物ナッツチョコレートなど
テンプレートを表示
アメリカ合衆国の食品ブランドPlanters英語版のトレイルミックス
ドイツの「学生の餌」Studentenfutter

ナッツ、レーズン、チョコレートの組み合わせで作られたトレイルスナックは少なくとも1910年代から確認されており、野外活動愛好家ホーラス・ケパート英語版作の有名キャンプガイドでも紹介されている[1]

その他の名称編集

ニュージーランドでは「scroggin」「schmogle」などと呼ばれている[2]。一説では、「scroggin」は「sultanas, carob, raisins, orange peel, grains, glucose, and nuts(サルタナキャロブレーズンオレンジピール穀物, グルコース、およびナッツ)」または「sultanas, chocolate, raisins and other goody-goodies including nuts(サルタナチョコレートレーズン、およびナッツを含むその他のおいしいもの)」の略とされているが、バクロニム(後付け)の可能性もある[3]

アメリカ英語では「gorp」という名称が北アメリカハイカーの間で広く用いられている。これは一般的には「good ol' raisins and peanuts(古き良きレーズンとピーナッツ)」の頭字語とされている[4]が、 M&M'sやその他ナッツ類を入れることもある。オックスフォード英語辞典では動詞「gorp」について1913年の参考文献を引用し、「ガツガツ食べる」を意味するとしている。

ドイツポーランドハンガリーオランダスカンディナヴィア、その他ヨーロッパ諸国では、現地の言葉で「学生の餌」「学生のオート麦」「学生のミックス」などと呼ばれており、通常チョコレートは入っていない。イランでは、ミックスナッツは「ajil」と呼ばれており、ヤルダーのようなお祭りやメフムニ(mehmooni)などの社交行事で食されている[5]

材料編集

一般的な材料は以下のとおりである。

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ Kephart, Horace (1916). The Book of Camping and Woodcraft. p. 196 
  2. ^ Harper, Laura; Mudd, Tony; Whitfield, Paul (2002). Rough guide to New Zealand. Rough Guides. p. 1023. ISBN 1-85828-896-7. https://books.google.com/books?id=aiIrweIMckQC&lpg=PA1023&dq=scroggin%2C%20trail%20mix&pg=PA1023#v=onepage&q&f=false 
  3. ^ World Wide Words: Gorp”. World Wide Words. 2010年4月5日閲覧。
  4. ^ Olver, Lynne. “The Food Timeline-history notes: muffins to yogurt”. The Food Timeline. 2010年1月31日閲覧。
  5. ^ Nilipour, Leila (2014年9月5日). “How to Survive a Mehmooni Party in Iran”. Vice Magazine. https://www.vice.com/en_us/article/ypx8zj/how-to-survive-a-mehmooni-party-in-iran