メインメニューを開く

ドレフォン (英:Drefong[1]) はアメリカ合衆国生産の競走馬種牡馬である。主な勝ち鞍は2016年ブリーダーズカップ・スプリント(GI)、キングズビショップステークス(GI)、2017年フォアゴーステークス(GI)[1]

ドレフォン
Drefong before the BC Sprint.jpg
2016年BCスプリント出走時
欧字表記 Drefong[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2013年2月19日
Gio Ponti
Eltimaas
母の父 Ghostzapper
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Frederick M Allor, Michael T Barnett
& Anthony M Warrender[2]
馬主 Baoma Corporation[2]
調教師 ボブ・バファート[2]
競走成績
生涯成績 9戦6勝
獲得賞金 $1,538,385[2]
 
勝ち鞍
GI ブリーダーズカップ・スプリント 2016年
GI キングスビショップステークス 2016年
GI フォアゴーステークス 2017年
テンプレートを表示

目次

競走馬時代編集

2014年9月のキーンランド1歳馬セールで45万ドルで落札される[3]。米国の名門ボブ・バファート厩舎から2015年10月にデビューし、2戦目で初勝利を挙げる[4]

2016年8月のキングズビショップステークス(GI)では、1分21秒25の好時計で快勝し、初の重賞制覇をGIで飾った[4]。続くブリーダーズカップ・スプリント(GI)では主戦のマイク・スミスが1番人気のマゾヒスティック(Masochistic)に騎乗のため、2歳時以来となるマーティン・ガルシア英語版が手綱を取った。レースでは激しい先行争いを制し、2着入選(7着に降着)のマゾヒスティックに1馬身1/4差をつけて優勝した[5]。この勝利によって同年の成績を4戦4勝とし、エクリプス賞最優秀短距離馬に選出された[6]

2017年は復帰戦のビングクロスビーステークス(GI)ではスタート直後のラチのない合流地点で内側に切れ込もうとして落馬・競走中止のアクシデントに見舞われるが、人馬ともに身体に異常はなかった[7]。次戦のフォアゴーステークス(GI)は4馬身差で楽勝し、ブリーダーズカップ・スプリント(GI)で連覇に挑んだが6着に敗退。このレースを最後に現役を引退した[8]

競走馬としては、特にスタートダッシュと二の脚の速さに定評があった[4]

競走成績編集

以下の内容は、EQUIBASEの情報[2]に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2015.10.24 サンタアニタ 未勝利 5.5f 5着 M.ガルシア 4馬身3/4 Mac Daddy Mac
0000.10.07 デルマー 未勝利 ダ6f 1着 M.ガルシア 9馬身1/2 (Blue Navy Blue)
2016.05.30 サンタアニタ アローワンス・オプショナルクレーミング ダ6f 1着 M.スミス 3馬身1/2 (Forest Blue)
0000.07.04 サンタアニタ アローワンス・オプショナルクレーミング ダ6f 1着 M.スミス 5馬身1/4 (The Gomper)
0000.08.27 サラトガ キングズビショップステークス G1 ダ7f 1着 M.スミス 3馬身1/4 (Economic Model)
0000.11.05 サンタアニタ ブリーダーズカップ・スプリント G1 ダ6f 1着 M.ガルシア 1馬身1/4 Mind Your Biscuits
2017.07.29 デルマー ビングクロスビーステークス G1 ダ6f 中止 M.スミス Ransom the Moon
0000.08.26 サラトガ フォアゴーステークス G1 ダ7f 1着 M.スミス 4馬身 (Awesome Slew)
0000.11.04 デルマー ブリーダーズカップ・スプリント G1 ダ6f 6着 M.スミス 7馬身3/4 Roy H

種牡馬時代編集

社台グループが購入し、2017年12月22日に社台スタリオンステーションに到着。同スタリオンの関係者は「突出したスピードがあったために短距離を走っていましたが、母父がゴーストザッパーで距離に対応する産駒も出てくるし、とにかく馬体、フットワーク、現役時のレース内容が素晴らしく、血統面から産駒が日本の芝レースで活躍する下地が十分にあります」とコメントした[8]。米国からの輸入種牡馬が社台スタリオンステーションに導入されたのは2003年供用開始のウォーエンブレムスウェプトオーヴァーボード以来15年ぶりのことである[9]

初年度である2018年の種付け料は受胎条件300万円(フリーリターン特約付)に設定され[4]、207頭に種付けを行った。初年度産駒は2021年にデビュー予定[10]

血統表編集

ドレフォン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ストームキャット系
[§ 2]

Gio Ponti
2005 鹿毛
父の父
Tale of the Cat
1994 黒鹿毛
Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Yarn Mr. Prospector
Narrate
父の母
Chipeta Springs
1989 鹿毛
Alydar Raise a Native
Sweet Tooth
Salt Spring Salt Marsh
Jungle Mythologic

Eltimaas
2007 鹿毛
Ghostzapper
2000 鹿毛
Awesome Again Deputy Minister
Primal Force
Baby Zip Relaunch
Thirty Zip
母の母
Najecam
1993 栗毛
Trempolino Sharpen Up
Trephine
Sue Warner Forli
Bitty Girl
母系(F-No.) 1号族(FN:1-n) [§ 3]
5代内の近親交配 Raise a Native5×4=9.38%、Vice Regentヴァイスリーガル5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ ドレフォン(USA) 5代血統表2018年5月13日閲覧
  2. ^ ドレフォン(USA) 5代血統表2018年5月13日閲覧
  3. ^ ドレフォン(USA) 5代血統表2018年5月13日閲覧
  4. ^ ドレフォン(USA) 5代血統表2018年5月13日閲覧

参考編集

  1. ^ a b c ドレフォン(USA)|JBISサーチ(JBIS-Search)
  2. ^ a b c d e Drefong (KY)”. equibase.com. Equibase Company LLC.. 2018年5月13日閲覧。
  3. ^ 最優秀短距離馬ドレフォン、社台スタリオンステーションで供用(アメリカ・日本). 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル(2017年12月7日付). 2019年1月31日閲覧
  4. ^ a b c d e 社台スタリオンステーションにドレフォンがスタッドイン. 競走馬のふるさと案内所(2017年12月25日付). 2018年5月13日閲覧
  5. ^ Equibase | Charts. 2018年5月18日閲覧
  6. ^ ドレフォン-種牡馬・産駒. 社台スタリオンステーション. 2018年5月13日閲覧
  7. ^ Ransom the Moon takes the win in eventful Bing Crosby Stakes. Horse Racing Nation(July 29, 2017). 2018年5月13日閲覧
  8. ^ a b 米G1馬ドレフォン、社台SSで種牡馬入り. ニッカンスポーツ(2017年11月30日付). 2018年5月13日閲覧
  9. ^ 新種牡馬ドレフォン「素晴らしい」15年ぶり米国産. ニッカンスポーツ(2018年2月7日付). 2018年5月13日閲覧
  10. ^ 【2018年度の種付頭数】~社台スタリオンステーション編. 馬市.com(2018年10月16日付). 2019年1月31日閲覧

外部リンク編集