ナフルズ・ユラコビロフ

ナフルズ・ユラコビロフ(Navruz Jurakobilov 1984年5月17日- )はウズベキスタンカシュカダリヤ州出身の柔道選手。身長172cm[1]。階級は73kg級。4段。現在はタシュケント大学に在学している[2]

獲得メダル
 ウズベキスタン
柔道
世界柔道選手権
2011 パリ 73kg級
ワールドカップ団体戦
2008 東京 73kg級

人物編集

柔道は17歳の時に始めた[2]。2002年の世界ジュニア66kg級で3位となった。その後階級を73kg級に上げるが、アテネオリンピック及び北京オリンピックには出場できなかった。しかし、2008年のワールドカップ団体戦では決勝でグルジアに敗れたものの、ウズベキスタンの準優勝に貢献した。2010年のアジア大会では準決勝で日本の秋本啓之崩袈裟固で敗れたが3位となった。2011年の世界選手権では準々決勝でフランスのウゴ・ルグランに指導2で敗れたが、その後の3位決定戦では秋本を技ありで破って3位になった[3]。2012年のアジア選手権では準決勝で日本の大野将平に有効で敗れて3位だった。続くグランドスラム・モスクワでは決勝で日本の西山雄希に指導3で敗れた。7月のロンドンオリンピックでは3回戦で敗れた[1]

主な戦績編集

脚注編集

外部リンク編集