メインメニューを開く

ワールドマスターズ(World Masters)は2010年度より開催されることになった国際柔道連盟(IJF)主催の柔道の国際大会。オリンピック世界柔道選手権大会に次ぐ大会との位置づけである。今大会はIJFに招待された世界ランキングの上位選手しか出場できない。開催国は2017年まで毎年変わっていた[1]

概要編集

2009年IJFワールド柔道ツアーの導入、それに伴うランキング制の設立に伴い、2010年度から開催されることとなった。第一回は2010年1月16日から2日間の日程で韓国の水原で行われた。2014年は各国の選手事情を勘案して中止となった[2][3]。2015年5月にはモロッコのラバトで再開された[4][5]。2017年から2019年までは12月にロシアのサンクトペテルブルクでの固定開催に一旦は決まった[6]。しかしながら、2018年から2022年まで中国の広州における固定開催に変更された[7][8]。なお、2019年は同じ中国の深圳が予定されていたが、青島開催となった。2020年5月にはカタールのドーハで開催されることになった[9][10][11]

この大会には以下のような特徴がある[12][13]

  • 2018年までは各階級の世界ランキング上位16名のみが出場できた。開催国の選手は全階級に出場することが可能な為、ランキング上位16名以内に開催国の選手が入っていない場合は17名の選手によって争われることになる。2019年からは世界ランキング上位36名まで拡大されることになった[14][15]
  • 出場選手のうち世界ランキングの上位8名はシードされる。同一国の選手が複数いる場合は別々のパートに振り分けられる。
  • 2010年から2012年まで敗者復活戦は設けられていなかったが、2013年からは導入されることになった。準々決勝で敗れた選手は敗者復活戦に回れるが、それ以前に敗れた選手はその時点で試合終了となる。
  • 優勝者には6000ドル、2位には4000ドル、3位には2000ドルが授与される。2015年のワールドマスターズでは、メダリストの他にそのコーチにも賞金が支給されることになった。そのため、メダリストの賞金は従来より2割減となる(優勝者に4800ドル、そのコーチに1200ドル、2位に3200ドル、そのコーチに800ドル、3位に1600ドル、そのコーチに400ドル)[16]
  • 試合の模様はIJFIppon.TVでライブ中継される。
順位 ポイント
優勝 1800
2位 1260
3位タイ 900
5位タイ 648
7位タイ 468
参加ポイント 200

優勝者編集

男子編集

60 kg級 66 kg級 73 kg級 81 kg級 90 kg級 100 kg級 100 kg超級
2010年  リショド・ソビロフ  サンジャースレン・ミヤラグチャー  方貴満  金宰範  小野卓志  穴井隆将  テディ・リネール
2011年  リショド・ソビロフ  ハシュバータル・ツァガンバータル  王己春  エルヌル・ママドリ  エルハン・ママドフ  セルゲイ・サモイロビッチ  テディ・リネール
2012年  アルセン・ガルスチャン  サンジャースレン・ミヤラグチャー  王己春  エルヌル・ママドリ  西山将士  マクシム・ラコフ  ラファエル・シルバ
2013年  高藤直寿  セルゲイ・リム  サインジャルカル・ニャムオチル  イワン・ニフォントフ  イリアス・イリアディス  エルハン・ママドフ  アダム・オクルアシビリ
2015年  高藤直寿  ゲオルグリー・ザンタラヤ  デニス・ヤルツェフ  永瀬貴規  ベカ・グビニアシビリ  エルマール・ガシモフ  テディ・リネール
2016年  オルハン・サファロフ  アン・バウル  橋本壮市  トラヴィス・スティーブンス  ベイカー茉秋  エルマール・ガシモフ  ダニエル・ナテア
2017年  永山竜樹  ガンボルド・ヘルレン  橋本壮市  ハサン・ハルムルザエフ  ベカ・グビニアシビリ  ヴァルラーム・リパルテリアニ  グラム・ツシシビリ
2018年  ロベルト・ムシビドバゼ  丸山城志郎  ルスタム・オルジョフ  佐々木健志  ニコロス・シェラザディシビリ  ヴァルラーム・リパルテリアニ  グラム・ツシシビリ
2019年  永山竜樹  マヌエル・ロンバルド  橋本壮市  マティアス・カス  ラシャ・ベカウリ  ミハエル・コレル  原沢久喜

女子編集

48 kg級 52 kg級 57 kg級 63 kg級 70 kg級 78 kg級 78 kg超級
2010年  浅見八瑠奈  中村美里  松本薫  上野順恵  黄藝瑟  セリーヌ・ルブラン  秦茜
2011年  浅見八瑠奈  中村美里  テルマ・モンテイロ  ジブリズ・エマヌ  リュシ・デコス  楊秀麗  田知本愛
2012年  福見友子  西田優香  松本薫  上野順恵  リュシ・デコス  マイラ・アギアル  秦茜
2013年  遠藤宏美  マイリンダ・ケルメンディ  ドルジスレン・スミヤ  阿部香菜  キム・ポリング  マイラ・アギアル  于頌
2015年  ムンフバット・ウランツェツェグ  ナタリア・クジュティナ  ドルジスレン・スミヤ  田代未来  キム・ポリング  ケイラ・ハリソン  于頌
2016年  近藤亜美  中村美里  ドルジスレン・スミヤ  田代未来  キム・ポリング  ケイラ・ハリソン  イダリス・オルティス
2017年  渡名喜風南  ナタリア・クジュティナ  ドルジスレン・スミヤ  田代未来  マリア・ポルテラ  マリンド・フェルケルク  金珉程
2018年  ディストリア・クラスニキ  角田夏実  芳田司  クラリス・アグベニュー  新添左季  梅木真美  素根輝
2019年  ディストリア・クラスニキ  志々目愛  キム・ジナ  鍋倉那美  キム・ポリング  ファニー=エステル・ポスビト  テシー・サフェルカウルス

金メダル獲得選手上位一覧編集

優勝者の年齢編集

Category 男子 女子
最年少優勝
最年少メダリスト
最年長優勝
最年長メダリスト

(出典JudoInside.com)。

各国メダル数編集

順位 国・地域
1   日本 41 28 45 114
2   モンゴル 10 8 11 29
3   フランス 8 15 18 41
4   ロシア 8 13 22 43
5   ジョージア 8 3 10 21
6   アゼルバイジャン 8 2 9 19
7   韓国 7 6 12 25
8   オランダ 7 6 18 31
9   中国 5 3 3 11
10   ブラジル 4 8 12 24
11   コソボ 3 1 0 4
12   アメリカ合衆国 3 0 0 3
13   ウズベキスタン 2 1 7 10
14   カザフスタン 2 1 5 8
15   キューバ 1 2 5 8
  スペイン 1 4 5 10
17   ベルギー 1 1 3 5
18   ポルトガル 1 1 2 4
19   ギリシャ 1 1 1 3
20   ルーマニア 1 0 4 5
21   イタリア 1 0 3 4
22   ウクライナ 1 0 1 2
23   北朝鮮 1 0 0 1
24   イスラエル 0 5 5 10
25   ハンガリー 0 3 7 10
26   カナダ 0 2 2 4
27   オーストリア 0 2 1 3
  コロンビア 0 2 1 3
  チェコ 0 2 1 3
30   スロベニア 0 1 6 7
31   エジプト 0 1 4 5
  イギリス 0 1 4 5
33   ベラルーシ 0 1 1 2
34   アルゼンチン 0 1 0 1
  クロアチア 0 1 0 1
36   ドイツ 0 0 8 8
37   スウェーデン 0 0 4 4
  トルコ 0 0 4 4
39   ボスニア・ヘルツェゴビナ 0 0 3 3
40   アルジェリア 0 0 1 1
  ポーランド 0 0 1 1
  セルビア 0 0 1 1
  アラブ首長国連邦 0 0 1 1

開催地一覧編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集