ニック・ファジーカス

日本のバスケットボール選手

ニック・ファジーカス: Nick Fazekas)こと、ニコラス・ライアン・ファジーカス: Nicolas Ryan Fazekas1985年6月17日 - )は、アメリカ合衆国コロラド州アーバダ出身で、元NBA選手である。日本国籍に帰化したバスケットボール選手である。日本代表。ポジションはセンター。身長211cm、体重111kg。

ニック・ファジーカス
Nick Fazekas
Nick fazekas.jpg
川崎ブレイブサンダース  No.22
ポジション C
背番号 22
身長 210cm (6 ft 11 in)
体重 111kg (245 lb)
足のサイズ 33.0cm
基本情報
本名 Nick Fazekas
愛称 ホップス
ラテン文字 Nick Fazekas
英語 Nick Fazekas
誕生日 (1985-06-17) 1985年6月17日(35歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国日本の旗 日本
出身地 コロラド州の旗 コロラド州アーバダ
出身 ネバダ大学リノ校
ドラフト 2007年のNBAドラフト 2巡目34位  DAL  
選手経歴
2007-2008
2008
2008-2009
2009
2009-2010
2010-2011
2012

2012
2012-
ダラス・マーベリックス
ロサンゼルス・クリッパーズ
ベースオーステンデ(ベルギー)
ASVEL(フランス)
JDAディジョン(フランス)
リノ・ビッグホーンズ(NBADL)
ペトローン・ブレーズ・ブースターズ
フィリピン
サン・ミゲル・ビアーメン(アセアンリーグ)
川崎ブレイブサンダース

来歴編集

ネバダ大学リノ校に入学、同校を4年連続でNCAAトーナメントに導いた。1年次には同トーナメントでベスト16に進出している[1]。2006年11月18日の試合で、それまでエドガー・ジョーンズが1979年までに記録した1,877得点を更新する大学新記録を作った。また2005-2006シーズンには、ジョーンズが持っていたシーズン大学得点記録も更新している。ウェスタン・アスレティック・カンファレンスのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに2005年から2007年まで3年連続で選ばれた[1]

2007年のNBAドラフト2巡でダラス・マーベリックスに指名された[1]。サマーリーグで平均17分の出場で、6.6得点、4.4リバウンドをあげた彼は、7月26日にマーベリックスと1年契約を結んだ(契約内容はチーム方針により公開されていない。)。

2008年2月19日、マーベリックスがジェイソン・キッドを獲得するためのトレード要員の1人として、キース・ヴァン・ホーンと契約した際、解雇された[2]。2月27日、ロサンゼルス・クリッパーズと契約を結んだが、シーズン終了後、契約延長がされず、同年8月1日に無制限フリーエージェントになった[3]。その後、デンバー・ナゲッツのトレーニングキャンプに参加したが、シーズン開幕前の10月23日に解雇された。

2008年10月28日、ベルギーのベースオーステンデと契約を結んだ[4]

2009年1月、リーグ・ナショナル・バスケットボール(フランスリーグ)のASVELリヨンビラーバンと契約した。この年夏には、アメリカのボストン・セルティックスのサマーリーグに出場。

2009-2010年シーズンは、フランスのJDAディジョンでプレーした。

2010年のNBAデベロップメント・リーグドラフト全体1位でリノ・ビッグホーンズに指名された[5]。同年12月30日、足首を負傷したことから解雇されたが[6]、2011年に再びチームに加わった[7]。2011年12月に怪我のため、チームからウェーバーされた。

その後、フィリピン、アセアンリーグを経て、2012年に来日し、東芝ブレイブサンダースに入団。リーグベスト5と得点王を受賞した。

2013年のNBLオールスターに選出されている[8]

2018年4月26日に日本国籍を取得した[9][10]。官報告示では『ニコラス・ライアン・ファジーカス』と表記されている[10]

2018年6月、日本代表候補に選出。W杯予選突破に貢献した。

2019年9月、ワールドカップ中国大会では日本代表として母国アメリカ戦を含む全5試合に出場した。

経歴編集

  • アルバタ高校 - ラルストンバレー高校 - ネバダ大学 - ダラス・マーベリックス(NBA) - タルサ・66ers(NBADL) - ダラス・マーベリックス - ロサンゼルス・クリッパーズ(以上NBA) - ベースオーステンデ(ベルギー) - アデッコ・ASVEL・リヨンビラーバン - JDA・ディジョンボールゴーン(以上フランス) - リノ・ビッグホーンズ(NBADL) - ペトローン・ブレーズ・ブースターズ(フィリピン) - サン・ミゲル・ビアーメン(アセアンリーグ) - 東芝(2012~)- 川崎(2016~)

成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン   

NBA編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2007–08 DAL 4 0 2.3 .400 .000 .000 .8 .0 .0 .0 1.0
2007–08 LAC 22 0 11.8 .571 .000 .682 3.9 .6 .4 .5 4.7
Career 26 0 10.3 .561 .000 .682 3.4 .4 .3 .4 4.1

Bリーグレギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2016-17 川崎 60 60 30.3 .546 .428 .815 12.7 2.4 .8 .8 2.3 27.1
2017-18 60 59 29.9 .553 .446 .846 10.9 2.8 1.2 .4 2.3 25.3
2018-19 57 48 31.3 .516 .388 .862 10.9 3.2 1.1 .4 2.0 22.3

Bリーグプレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2017 川崎 6 6 28.8 .442 .167 .848 10.0 1.3 .8 1.0 1.7 19.5
2018 3 3 23.1 .645 .250 .909 9.0 2.0 .7 .3 1.3 20.3
2019 2 2 32.6 .455 .000 .600 13.0 1.0 1.0 .0 1.5 16.5

人物編集

祖父のアルバート・ファジーカスは、ハンガリー動乱の時に自由を要求した活動家で、投獄されたが、その後アメリカに妻と子供を連れて逃れてきた。ニックの父親はアメリカで生まれており、ワイオミング大学アイダホ州立大学英語版でバスケットボールをプレーした後、アルゼンチンリーグでプレーした。

2011年のインタビューで将来ハンガリー市民権を獲得し、バスケットボールハンガリー代表としてプレーしたいと語った[11]

その後、日本国籍を取得し、日本候補代表に選出される[12][リンク切れ]

表彰編集

  • Bリーグ
    • レギュラーシーズン最優秀選手賞(2016-17)
    • レギュラーシーズンベストファイブ(2016-17)
    • 得点王(2016-17)
    • Bリーグオールスターゲーム選出:2回(2019、2020)

著書編集

  • 決断徳間書店、2019年8月。ISBN 978-4198648886電子書籍もあり

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c BIG FAREWELL TO NICK FAZEKAS”. nba.com (2011年12月19日). 2013年10月20日閲覧。
  2. ^ Eight-player trade finally clicks, putting Kidd back with Mavs”. ESPN (2008年2月20日). 2013年10月20日閲覧。
  3. ^ Clippers withdraw offer to Fazekas”. rotoworld.com (2008年8月2日). 2013年10月20日閲覧。
  4. ^ Oostende signs big man Nick Fazekas”. eurocupbasketball.com (2008年10月28日). 2013年10月20日閲覧。
  5. ^ 2010 NBA D-LEAGUE DRAFT RESULTS”. nba.com (2010年11月1日). 2010年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月20日閲覧。
  6. ^ Bighorns waive injured Miles, Fazekas”. RGJ.com (2011年1月11日). 2013年10月20日閲覧。
  7. ^ Rosters Set for 2011-12 NBA Development League Regular Season”. nba.com (2011年11月23日). 2011年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月20日閲覧。
  8. ^ NBL/NBDLオールスターファン投票最終結果発表”. BASKETBALL SPIRITS (2013年11月11日). 2014年3月22日閲覧。
  9. ^ 平成30年4月26日法務省告示第125号。
  10. ^ a b 「告示」『官報』7252号、国立印刷局2018年4月26日、3面。
  11. ^ "Gyakran hallok magyar szót" - interjú az egykori NBA-kosarassal, aki magyar válogatott akar lenni” ((ハンガリー語)). origo.hu (2011年10月1日). 2013年10月20日閲覧。
  12. ^ スポーティングニュース・ジャパン

関連項目編集