メインメニューを開く

Bリーグ 2018-19は、2018年9月28日から2019年5月12日まで、日本各地で行われたBリーグの第3回目のシーズンである。

B.LEAGUE 2018-19
運営法人 JPBL
リーグ Bリーグ
競技 バスケットボール
期間 2018年9月28日 - 2019年5月12日
試合数 B1/B2:自地区30試合/他地区30試合
チーム数 B1/B2:18チーム(3地区各6チーム)
TV中継 バスケットLIVEDAZN、NHK、スカパー!他
        B1        
東地区優勝       千葉ジェッツ      (2回目)
中地区優勝     新潟アルビレックス    (初)
西地区優勝    琉球ゴールデンキングス    (2回目)
シーズンMVP 富樫勇樹(千葉)
 B1 スタッツリーダー
得点王 ダバンテ・ガードナー(新潟)
アシスト王 ジュリアン・マブンガ(京都)
リバウンド王 ジョシュ・ハレルソン (大阪
ブロック王 カディーム・コールビー(秋田)
スティール王 中山拓哉(秋田)
3PT成功率 石井講祐 (千葉)
FT成功率 金丸晃輔(三河)
 B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018-19 
チャンピオン      アルバルク東京      (2回目)
準優勝       千葉ジェッツ      (2回目)
FINAL MVP 馬場雄大(A東京)
   B2   
B2東地区優勝    群馬クレインサンダーズ   (2回目)
B2中地区優勝    信州ブレイブウォリアーズ   (初)
B2西地区優勝      熊本ヴォルターズ     (初)
B2シーズンMVP トーマス・ケネディ(群馬)
 B2 スタッツリーダー
得点王 トーマス・ケネディ (群馬)
アシスト王 ゲイリー・ハミルトン(奈良)
リバウンド王 グレゴリー・エチェニケ (島根
ブロック王 チュクゥディエベレ・マドゥアバム(山形)
スティール王 マカレン・ルッソ(青森)
3PT成功率 宮崎恭行(FE名古屋)
FT成功率 宮崎恭行(FE名古屋)
プレーオフ
B2優勝    信州ブレイブウォリアーズ   (初)
B2準優勝    群馬クレインサンダーズ   (初)
B2 FINAL MVP 石川海斗(信州)
昇格/降格
昇格 (B1)島根スサノオマジック
(B2)東京エクセレンス越谷アルファーズ
降格 (B2)ライジングゼファー福岡
(B3)金沢武士団東京八王子ビートレインズ
シーズン

概要編集

B.LEAGUE 2018-19」はB.LEAGUEの3年目のシーズン。秋田ノーザンハピネッツライジングゼファー福岡がB2からB1に、東京八王子トレインズがB3からB2にそれぞれ昇格した。

前年からの変更点編集

前年より、競技レギュレーションが以下の通り変更されている。

  • 外国籍選手・帰化選手の登録・試合出場の制限を以下の通り変更[1]
    • 各クラブが登録できる人数:合わせて3人まで→外国籍選手3人まで+帰化選手1人まで
    • 各クラブが各試合でエントリーできる人数:合わせて3人まで→外国籍選手2人まで+帰化選手1人まで
    • 同時出場が可能な人数:クォーターごとに異なる[注 1]→一律外国籍選手2人まで+帰化選手1人まで
  • B.LEAGUEチャンピオンシップクォーターファイナル(準々決勝)・セミファイナル(準決勝)において、第2試合まで1勝1敗となった場合の3試合目は、従来は2試合目終了直後に5分ハーフで行っていたものを、今年からは別日の試合として実施する[1]。B2プレーオフについても同様に変更する[2]。B1残留プレーオフについては従来通りの方式(2試合目終了直後に5分ハーフ)で実施する[2]

参加チーム編集

参加チームならびに地区分けは以下の通りである[1]

B1編集

地区 チーム名 略称 ホームタウン ホームアリーナ ユニフォームサプライヤー 2017-18所属 備考
東地区 レバンガ北海道 北海道 北海道札幌市 北海きたえーる Mizuno B1東
秋田ノーザンハピネッツ 秋田 秋田県秋田市 CNAアリーナ★あきた UNDER ARMOUR B2東
栃木ブレックス 栃木 栃木県宇都宮市 ブレックスアリーナ宇都宮 UNDER ARMOUR[3] B1東
千葉ジェッツ 千葉 千葉県船橋市 船橋アリーナ UNDER ARMOUR B1東
アルバルク東京 A東京 東京都渋谷区 国立代々木競技場第二体育館 adidas[4] B1東
サンロッカーズ渋谷 SR渋谷 東京都渋谷区 青山学院記念館 Champion B1東
中地区 川崎ブレイブサンダース 川崎 神奈川県川崎市 川崎市とどろきアリーナ asics B1東
横浜ビー・コルセアーズ 横浜 神奈川県横浜市 横浜国際プール SPALDING[5] B1中
新潟アルビレックスBB 新潟 新潟県長岡市 シティホールプラザアオーレ長岡 フープスター・サカイ[6] B1中
富山グラウジーズ 富山 富山県富山市 富山市総合体育館 IN THE PAINT B1中
三遠ネオフェニックス 三遠 愛知県豊橋市 豊橋市総合体育館 EGOZARU B1中
シーホース三河 三河 愛知県刈谷市 ウィングアリーナ刈谷 CONVERSE B1中
西地区 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 名古屋D 愛知県名古屋市 ドルフィンズアリーナ asics B1中
滋賀レイクスターズ 滋賀 滋賀県大津市 ウカルちゃんアリーナ IN THE PAINT[7] B1西
京都ハンナリーズ 京都 京都府京都市 ハンナリーズアリーナ hummel[8] B1西
大阪エヴェッサ 大阪 大阪府大阪市 おおきにアリーナ舞洲 UNDER ARMOUR[9] B1西
ライジングゼファー福岡 福岡 福岡県福岡市 福岡市民体育館 Quval B2西
琉球ゴールデンキングス 琉球 沖縄県沖縄市 沖縄市体育館 UNDER ARMOUR B1西

B2編集

地区 チーム名 略称 ホームタウン ホームアリーナ ユニフォームサプライヤー 2017-18所属 備考
東地区 青森ワッツ 青森 青森県青森市 マエダアリーナ Mizuno B2東
仙台89ERS 仙台 宮城県仙台市 カメイアリーナ仙台 Fanatics[10] B2東
山形ワイヴァンズ 山形 山形県天童市 山形県総合運動公園総合体育館 オンザコート B2東
福島ファイヤーボンズ 福島 福島県郡山市 郡山総合体育館 ブルファイト[11] B2東
茨城ロボッツ 茨城 茨城県水戸市 水戸市青柳公園市民体育館 バイオレーラ B2中
群馬クレインサンダーズ 群馬 群馬県前橋市 ヤマト市民体育館前橋 hummel[12] B2中
中地区 アースフレンズ東京Z 東京Z 東京都大田区 大田区総合体育館 MUNTER B2中
八王子トレインズ 八王子 東京都八王子市 エスフォルタアリーナ八王子 フープスター・サカイ B3
金沢武士団 金沢 石川県金沢市 金沢市総合体育館 丸井織物[13] B2中
信州ブレイブウォリアーズ 信州 長野県千曲市 ことぶきアリーナ千曲 BFIVE B2中
Fイーグルス名古屋 FE名古屋 愛知県名古屋市 名古屋市枇杷島スポーツセンター IN THE PAINT B2中
西宮ストークス 西宮 兵庫県西宮市 西宮市立中央体育館 IN THE PAINT B1西
西地区 バンビシャス奈良 奈良 奈良県奈良市 ならでんアリーナ アクラム[14] B2西
島根スサノオマジック 島根 島根県松江市 松江市総合体育館 IN THE PAINT B1西
広島ドラゴンフライズ 広島 広島県広島市 広島サンプラザホール Basketball junky B2西
香川ファイブアローズ 香川 香川県高松市 高松市総合体育館 TRES BASKETBALL[15] B2西
愛媛オレンジバイキングス 愛媛 愛媛県松山市 松山市総合コミュニティセンター UPSET B2西
熊本ヴォルターズ 熊本 熊本県熊本市 熊本県立総合体育館 UNDER ARMOUR B2西

オールスター編集

概要編集

B.LEAGUE 2018-19のオールスターは2019年1月19日に富山市総合体育館で開催された。

メンバー編集

★:キャプテン

結果編集

B.LEAGUE ALL STAR GAME 2019 2019年1月19日(土) 19:10  
 ★B.BLACK   130  –  142   ★B.WHITE  レフェリー: 玉木彰治/北沢岳夫/阿部聖
チームリーダー  チームスタッツ   クォーター・スコア   チームスタッツ  チームリーダー
得点18:ロバート・サクレ
アシスト13:並里成
リバウンド13:ジェフ・ギブス
スティール2:ロバート・サクレ、ベンドラメ礼生
FG% : 70.4%
3P% : 40%
リバウンド : 40
アシスト : 35
TO : 4
PF : 10
1勝2敗
33-31
32-31
31-40
34-40
75.9% : FG%
40.9% : 3P%
41 : リバウンド
43 : アシスト
6 : TO
1 : PF
2勝1敗
得点29:ニック・ファジーカス
アシスト9:ダバンテ・ガードナー
リバウンド9:ギャビン・エドワーズ,ニック・ファジーカス
スティール3富樫勇樹
富山市総合体育館 / 入場者数: 4,051人 / TV:NHKBS1)、テレビ東京[録]、富山テレビ放送[録]、沖縄テレビ放送[録]、J SPORTS 3、FOXスポーツ&エンターテイメント、日テレNEWS24、スカチャン1、バスケットLIVE、DAZN 詳細  

B1結果編集

B.LEAGUEチャンピオンシップ編集

       B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2019
  クォーターファイナル セミファイナル ファイナル
     2019/04/26(金)~04/29(月)              2019/05/04(土)~05/07(火)              2019/05/11(土)      
  1        千葉ジェッツ       102 96 -  
8       富山グラウジーズ      73 85 -  
  A        千葉ジェッツ       75 88 -  
 QF  1 船橋アリーナ
  B       栃木ブレックス      67 83 -  
4       栃木ブレックス      87 89 -
  5     川崎ブレイブサンダース    57 62 -      SF  A 船橋アリーナ
   QF  4 シティホールプラザ アオーレ長岡            千葉ジェッツ       67  準優勝  -
        アルバルク東京      71  チャンピオン  -
  3     琉球ゴールデンキングス     53 77 67      FINAL  横浜アリーナ
6   名古屋ダイヤモンドドルフィンズ  69 53 43  
C     琉球ゴールデンキングス     57 62 60
 QF  3 沖縄市体育館
  D       アルバルク東京      67 56 72  
2      新潟アルビレックス     72 68 -
  7       アルバルク東京      78 71 -      SF  C 沖縄市体育館
   QF  2 ブレックスアリーナ宇都宮

ファイナル編集

B.LEAGUE CHAMPIONSHIP FINAL GAME 2019 2019年5月11日(土)  15:05  
      千葉ジェッツ        67  –  71       アルバルク東京      レフェリー: 加藤誉樹、漆間大吾、上田信彦
試合概要
レポート
チームリーダー  チームスタッツ   クォーター・スコア   チームスタッツ  チームリーダー
得点20:ギャビン・エドワーズ
アシスト6:富樫勇樹
リバウンド10:マイケル・パーカー
スティール2富樫勇樹アキ・チェンバース
FG% : .287
3P% : .206
リバウンド : 36
アシスト : 20
TO : 8
PF : 18
 準優勝 
15-16
18-19
12-29
22-7
.286 : FG%
.321 : 3P%
49 : リバウンド
19 : アシスト
12 : TO
10 : PF
3代目 CHAMPION 
得点16:田中大貴
アシスト6:馬場雄大
リバウンド12:馬場雄大
スティール2馬場雄大
横浜アリーナ / 入場者数: 12972人 / TV:NHK(総合) NHK(BS4K) FOXスポーツ&エンターテイメント[録] J SPORTS 2 日テレNEWS24 スカチャン1 バスケットLIVE DAZN  

B1個人スタッツリーダー編集

# 得点 リバウンド アシスト スティール
選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg
1 ダバンテ・ガードナー (新潟) 27.6 ジョシュ・ハレルソン (大阪 11.3 ジュリアン・マブンガ(京都) 8.5 中山拓哉(秋田) 2.2
2 デイヴィッド・サイモン英語版(京都 24.3 ライアン・ロシター(栃木) 11.3 並里成(琉球) 6.5 ジェフ・ギブス(栃木) 2.1
3 ジャスティン・キーナン(秋田) 22.8 ダバンテ・ガードナー(新潟) 11.0 富樫勇樹(千葉) 5.5 マイケル・パーカー(千葉) 1.5
# ブロックショット 3P成功率 FT成功率
選手名 avg 選手名 % 選手名 %
1 カディーム・コールビー(秋田) 2.4 石井講祐 (千葉) 45.2 金丸晃輔 (三河) 90.9
2 デイヴィッド・サイモン英語版(京都) 2.1 遠藤祐亮(栃木) 44.7 古川孝敏(琉球) 89.0
3 ラモント・ハミルトン(新潟) 1.5 金丸晃輔 (三河) 43.7 安藤誓哉(A東京) 88.2

B2 結果編集

B2個人スタッツリーダー編集

# 得点 リバウンド アシスト スティール
選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg
1 トーマス・ケネディ (群馬) 27.9 グレゴリー・エチェニケ (島根 13.7 ゲイリー・ハミルトン(奈良) 7.5 マカレン・ルッソ(青森) 2.2
2 アンドリュー・フィッツジェラルド (愛媛 27.0 ゲイリー・ハミルトン(奈良) 13.5 古野拓巳(熊本) 7.3 神原裕司(福島) 1.8
3 テレンス・ウッドベリー(香川) 24.4 ギャレット・スタツ(FE名古屋) 10.2 ドゥレイロン・バーンズ(西宮) 7.2 ドゥレイロン・バーンズ(西宮) 1.8
# ブロックショット 3P成功率 FT成功率
選手名 avg 選手名 % 選手名 %
1 チュクゥディエベレ・マドゥアバム(山形) 2.6 宮崎恭行 (FE名古屋) 46.4 宮崎恭行 (FE名古屋) 90.5
2 ウェイン・マーシャル (信州) 2.1 相馬卓弥(島根) 43.6 トーマス・ケネディ (群馬) 87.1
3 ジャマリ・トレイラー(広島) 1.9 福澤晃平 (茨城) 41.3 俊野佳彦(熊本) 86.0

個人表彰編集

2019年5月15日に個人表彰が発表された[19]

受賞者 所属
最優秀選手(MVP) 富樫勇樹 千葉
ベストファイブ 遠藤祐亮 栃木
富樫勇樹 千葉
田中大貴 A東京
ダバンテ・ガードナー 新潟
金丸晃輔 三河
ベスト6thマン 馬場雄大 A東京
新人賞 岡田侑大 三河
ベストディフェンダー賞 遠藤祐亮 千葉
最優秀審判賞 加藤誉樹
最優秀ヘッドコーチ賞 ルカ・パヴィチェヴィッチ A東京
B2最優秀選手(MVP) トーマス・ケネディ 群馬
ベストタフショット賞 富樫勇樹 千葉
レギュラーシーズンMIP 柏木真介 新潟
五十嵐圭 新潟
特別賞 折茂武彦 北海道
マスコットオブザイヤー ジャンボくん 千葉
入場者数NO1クラブ 千葉ジェッツ
ソーシャルメディア最優秀クラブ アルバルク東京
ホスピタリティNO1クラブ シーホース三河
BREAK THE BORDER賞 バスケットボール男子日本代表

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ クォーターごとの外国籍選手の出場可能人数を、B1は個別に指定する方式(各クォーターでは2名が上限、合計は6枠)、B2は1→2→1→2とし、外国籍選手の出場可能人数が1以下の場合は帰化選手はそれとは別枠で1人出場可能、外国籍選手の出場可能人数が2の場合は帰化選手はその枠内で1人出場可能としていた。

出典編集

  1. ^ a b c B.LEAGUE 2018-19シーズン競技レギュレーション決定のお知らせ”. ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ (2018年6月20日). 2018年7月23日閲覧。
  2. ^ a b B.LEAGUE 2018-19シーズン競技レギュレーション決定のお知らせ”. ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ (2018年9月11日). 2019年1月26日閲覧。
  3. ^ “リンク栃木ブレックス 2018-19シーズン新ユニフォーム、デザイン決定” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年8月20日), https://www.tochigibrex.jp/news/detail/id=8557 2018年8月21日閲覧。 
  4. ^ “B.LEAGUE2018-19シーズンユニフォームデザイン決定のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年8月5日), https://www.alvark-tokyo.jp/news/detail/id=7911 2018年8月21日閲覧。 
  5. ^ “【2018-19シーズン ユニフォーム】デザイン発表、先行販売のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年7月31日), https://b-corsairs.com/news/goods_20180731-1/ 2018年8月27日閲覧。 
  6. ^ “[2018.08.28 2018-19シーズンユニフォームスポンサー、ユニフォームデザイン決定のお知らせ”] (プレスリリース), 公式サイト, (2018年8月28日), https://www.albirex.com/news/detail/id=7388 2018年9月5日閲覧。 
  7. ^ “【グッズ情報】 2018-19シーズン オーセンティックユニフォームの販売について” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年8月25日), https://www.lakestars.net/news/detail/id=8479 2018年9月5日閲覧。 
  8. ^ “2018-19ユニフォームデザイン決定のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年7月31日), https://hannaryz.jp/news/detail/id=7326 2018年8月21日閲覧。 
  9. ^ “2018-19シーズン オフィシャルサプライヤー決定のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年9月1日), https://www.evessa.com/news/180901_01/ 2018年9月4日閲覧。 
  10. ^ “2018-19シーズン ユニフォームデザイン決定!サプライヤーはファナティクス・ジャパン!” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年8月10日), https://www.89ers.jp/news/detail/id=7587 2018年8月14日閲覧。 
  11. ^ “[2018.08.17 2018-19シーズン ユニフォームデザイン決定およびオーセンティックユニフォーム受注販売のお知らせ”] (プレスリリース), 公式サイト, (2018年8月17日), https://firebonds.jp/news/detail/id=5923 2018年8月27日閲覧。 
  12. ^ “【2018-19シーズン ユニフォームサプライヤー &デザイン決定のお知らせ】” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年8月3日), https://g-crane-thunders.jp/news/detail/id=7078 2018年8月9日閲覧。 
  13. ^ “2018-19シーズン ユニフォームデザイン決定のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年8月21日), https://samuraiz.jp/news/detail/id=7105 2018年8月27日閲覧。 
  14. ^ “2018-19シーズン ユニフォーム決定&販売開始” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年7月17日), https://bambitious.jp/news/detail/id=7519 2018年8月27日閲覧。 
  15. ^ “2018-19シーズン オフィシャルウェアサプライヤー契約締結とユニフォームデザイン決定のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年8月10日), https://www.fivearrows.jp/news/detail/id=7303 2018年8月21日閲覧。 
  16. ^ 当日インフルエンザのため欠場
  17. ^ B1残留プレーオフ2018-2019
  18. ^ B.LEAGUE 2018-19 POSTSEASON 次回対戦カード決定のお知らせ  横浜がB1残留決定。B.LEAGUEセミファイナル 2018-19に進む4クラブがついに決定!  B2プレーオフ 2018-19は信州・群馬が王手。熊本・島根の勝者がB1昇格へ - Bリーグ、2019年4月29日(2019年5月11日閲覧)
  19. ^ 「B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19」でベストファイブなど各賞の受賞者を発表 令和最初のレギュラーシーズンMVPは富樫選手(千葉) 13年ぶりにワールドカップ出場を決めた男子日本代表チームがサプライズ受賞も! - Bリーグ、2019年5月15日(2019年5月19日閲覧)

外部リンク編集