メインメニューを開く

ハウシュカ(Hauschka)は、ドイツ作曲家ピアニストであるフォルカー・ベルテルマン (Volker Bertelmann、1966年 - ) のソロプロジェクトクラシック音楽に影響を受けた電子音楽実験音楽などを主に手がけている。

ハウシュカ
Volker Bertelmann Hauschka TheSugarClub Dublin 2009 1.jpg
クラブ・ダブリンでのライブ(2009年)
基本情報
出生名 Volker Bertelmann
生誕 1966年
出身地 ドイツの旗 ドイツ デュッセルドルフ
職業 作曲家/ピアニスト
担当楽器 ピアノ/プリペアド・ピアノ
レーベル ファットキャット・レコーズ
共同作業者 ヒラリー・ハーン
公式サイト www.hauschka-net.de

概要編集

デュッセルドルフ出身。9歳の頃からピアノを始めた[1]1990年代なかばには、God's Favorite Dog というバンドラッパーキーボードとして所属。

2000年代からソロで活動するようになり、2004年にハウシュカとして初めてのアルバム「Substantial」をリリース。また同じく2004年頃からプリペアド・ピアノを取り入れるようになり[1]、その翌年にはアルバム「The prepared piano」もリリースしている。その他、ムームのツアーにサポートメンバーとして参加するなどしている[1]

2012年に、ヴァイオリニストヒラリー・ハーンコラボレーションしたアルバム「シルフラ」をドイツ・グラモフォンからリリースした。

ディスコグラフィー編集

  • Substantial (2004)
  • The prepared piano (2005)
  • Room to Expand (2007)
  • Versions of the Prepared Piano (2007)
  • Ferndorf ファーンドルフ (2008, FatCat Records)
  • Snowflakes and Carwrecks (2008)
  • Small Pieces (2009)
  • Foreign Landscapes 異国の風景 (2010, windbell)
  • Salon Des Amateurs サロン・ド・アマチュア (2011, FatCat Records)
  • Silfra シルフラ (2012, ドイツ・グラモフォン/ユニバーサル・ミュージック) - ヒラリー・ハーンとの共作。
  • Abandoned City アバンダンド・シティ (2014, City Slang)

脚注編集

  1. ^ a b c DuShane, Tony (2008年11月20日). “Hauschka experiments with classical piano music”. San Francisco Chronicle. 2008年11月20日閲覧。