メインメニューを開く

ハセパーク1933年 - ?)とは日本競走馬である。

ハセパーク(ヒキゾメ)
品種 サラブレッド系種
性別
毛色 鹿毛
生誕 1933年
死没 不明
プライオリーパーク
ギーキング
生国 日本青森県
生産 盛田牧場
馬主 門倉恒雄
調教師 金者斤奉
競走成績
生涯成績 37戦8勝
テンプレートを表示

※成績や情報などは古いため正確性に欠ける部分もある。なお、本文中の馬齢については、旧表記を採用する。

経歴編集

1936年5月に横浜競馬場の新呼馬でデビューした。当初はヒキゾメという馬名で走り、同年の秋季東京開催からハセパークに改名している。初勝利は翌年3月の中山のレースであった。この年は帝室御賞典に出走するが、最下位(8着)であった。

1938年、6歳春になってから急激に力をつけ、帝室御賞典(春)までに4勝をあげ、帝室御賞典ではヒサトモらを抑えて1番人気に支持された。レースでは第3コーナー過ぎから先頭に立ち、そのまま押し切るという横綱相撲で優勝した。騎手調教師兼任の金者斤奉であった。

しかし、次に出走した目黒記念で6着に敗れて以降は尻すぼみの成績になり、8歳まで走り続けるがこれといった成績を残していない。

血統は牝系に軽半種、サラブレッド系種アングロアラブアラブ系種)を含んでいたので種牡馬としての価値は皆無に等しかったために引退後の消息は不明である。

血統表編集

ハセパーク血統(ロックサンド系(エクリプス系)St.Simon4.5x5=12.5% Isonomy5x5=6.25%) (血統表の出典)

*プライオリーパーク
Priory Park
1922 鹿毛
父の父
Rocksavage
1915
Rock Sand Sainfoin
Roquebrune
Manuka Eager
Sempronia
父の母
Chatham
1908 鹿毛
Darley Dale St.Simon
Ismay
Coronation Day Ermak
Farceuse

(サラ系)ギーキング

1926 鹿毛
*ゼヴァイキング
The Viking
1913 黒鹿毛
Dark Ronald Bay Ronald
Darkie
Bokaal St.Serf
Kissing Cup
母の母
(サラ系)雅芳
*ガロン Gallinule
Flair
(軽半血種)ハツヒメ セントフヲスチノ
(軽半血種)第二富士越 サラブレッド系種


参考資料編集