メインメニューを開く

ハルさん』は、藤野恵美小説2007年2月に東京創元社ミステリ・フロンティアから単行本が刊行された。2013年3月には創元推理文庫から文庫本が刊行された。頼りない父親・ハルさんが、娘の結婚式の日、娘が幼稚園児から大人になるまでに起きた5つの事件(日常の謎)を回想する。

ハルさん
著者 藤野恵美
イラスト 大塚砂織
発行日 2007年2月28日(単行本)
2013年3月22日(文庫本)
発行元 東京創元社
ジャンル ミステリ日常の謎
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判仮フランス装
ページ数 292
公式サイト www.tsogen.co.jp
コード ISBN 978-4-488-01731-6
ISBN 978-4-488-41411-5(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

2017年テレビ朝日系でテレビドラマ化された。

目次

登場人物編集

春日部晴彦(かすかべ はるひこ)
通称「ハルさん」。シングルファザーで風里を育てている。職業は人形作家。人形ギャラリー「浪漫堂」から依頼を受け、ビスクドールを制作する。心配性で人付き合いが苦手。風里のことで、心の中で思い悩む癖がある。
春日部風里(かすかべ ふうり)
晴彦の娘。通称「ふうちゃん」。晴彦とは違い、社交的で行動力がある。小学生の頃まで、晴彦のことを「ハルさん」と呼んでいた。大学卒業後、長谷(はせ)と結婚する。
春日部瑠璃子(かすかべ るりこ)
晴彦の妻。風里が幼稚園児のときに他界する。しかしその後も、晴彦がどうしようもなく困ったときに「心の中の瑠璃子さん」に語りかけると、事件の謎を解き明かしてくれる。

テレビドラマ編集

ハルさん〜花嫁の父は名探偵!?』は、2017年12月3日テレビ朝日系「日曜ワイド」で放送された。主演は生瀬勝久[1]

第一話「消えた卵焼き事件」、第二話「夏休みの失踪」、及び最後の結婚式のシーンが映像化された。テレビドラマ版では、瑠璃子は飛行機事故で亡くなったことになっている。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 生瀬勝久 (2017年11月29日). 生瀬勝久「『お仕事は大変だけど、やりがいがあって楽しい』というせりふにすごく共感できました」. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/129313/ 2018年1月1日閲覧。 
  2. ^ マネージャーブログ『ハルさん 花嫁の父は名探偵!?』放送 - 飯豊まりえオフィシャルブログ 2017年12月3日
  3. ^ NEWSエンターテインメント - Twitter 2017年12月2日
  4. ^ プロフィール - テアトルアカデミー
  5. ^ 伊藤ゆみSTAFF - Twitter 2017年11月29日
  6. ^ フェザード - Facebook 2017年12月1日
  7. ^ プロフィール - ヒラタオフィス
  8. ^ 有限会社ブレス・チャベス事業部 - Twitter 2017年12月2日

外部リンク編集