メインメニューを開く

大谷 健太郎(おおたに けんたろう、1965年11月14日 - )は、日本の映画監督京都府生まれ。岡山県立林野高等学校卒。多摩美術大学美術学部芸術学科卒。所属事務所はC&Iエンタテインメントキューブ

おおたに けんたろう
大谷 健太郎
生年月日 (1965-11-14) 1965年11月14日(53歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府
血液型 O型
職業 映画監督
活動期間 1999年 -
事務所 キューブ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
とらばいゆ
NANA』、『NANA2
黒執事
テレビドラマ
ヤング・ブラック・ジャック
ある日、アヒルバス

目次

略歴・人物編集

大学在学中は映像演出研究会で8ミリ映画を製作。在学中に製作した8ミリ映画『青緑』が1988年ぴあフィルムフェスティバルに入賞。1991年に『私と他人になった彼は』で3部門を受賞。1999年『avec mon mari アベックモンマリ』で劇場用映画デビューを果たす。

2002年には映画『とらばいゆ』でバンコク映画祭最優秀長編映画賞を受賞、2005年には初のメジャー公開作品となる映画『NANA』がその年を代表する大ヒット作品となる。 2014年にはベストセラーコミックを原作とした映画『黒執事』をさとうけいいちとともに共同監督する。

一方で、2011年日本テレビ系テレビドラマ『ヤング・ブラック・ジャック』を皮切りに、テレビドラマなど映画以外の作品にも進出している。

2015年4月より、15年間所属したC&Iエンタテインメントからキューブへと移籍[1]。同年7月よりNHK BSプレミアムにて放送のテレビドラマ『ある日、アヒルバス』で初めて連続ドラマの演出を手掛ける[2]

映像作家の大谷健太郎は同名の別人。

監督作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

WEBドラマ編集

  • 8月のラヴソング(2011年、LISMO
  • 指恋〜君に贈るメッセージ〜(2013年、UULA

PV編集

脚注編集

  1. ^ 映画監督・大谷健太郎 新規移籍のお知らせ”. ニュース. キューブ (2015年4月1日). 2015年5月15日閲覧。
  2. ^ “藤原紀香“崖っぷち女”を熱演「この役に出会えてよかった」”. ORICON SYTLE (オリコン). (2015年6月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2054745/full/ 2015年7月13日閲覧。 
  3. ^ 『風と海と恋と』改題

関連項目編集

外部リンク編集