メインメニューを開く

ハートレー事件(ハートレーじけん)は、1877年明治10年)12月に発覚したイギリス人商人ジョン・ハートレー英語: John Hartley)による日本でのアヘン密輸事件である。

解説編集

1877年(明治10年)12月横浜外国人居留地に住んでいたイギリス商人ジョン・ハートレーJohn Hartley)が生アヘン20ポンド(約9.072キログラム)を「染物」と称して密輸しようとして、税関に見つかり、税関長は神奈川のイギリス領事館に対し、ハートレーを日英修好通商条約安政の五カ国条約のうちのひとつ)に附属する「貿易章程」違反のかどで訴えた。しかし、翌1878年(明治11年)2月、において、生アヘンを用に供するためであると強弁するハートレーに対し、領事裁判法廷は無罪の判決を言い渡し、関連法令にも違反していないとの判断を示した[1][2][3][注釈 1]。アヘンは日英条約附属「貿易章程」第二則では輸入禁制品とされていたが、領事裁判法廷はイギリスの法令には違反していないとしたのである[1][3][注釈 2]

この事件は当時の日本国民の大きな関心を引き起こし、同じ頃に流行したコレラよりも深刻だとする見解もあったほどである[1][2]

日本政府は、1878年5月、イギリスの裁判所上訴の手続きをとろうとしたが、のちにそれを切り換えて外交交渉での解決をはかったところ、イギリス政府は1879年(明治12年)2月、日本は「薬用アヘン移入規則」を制定すべしと主張して事件は迷宮入りした[4]

この事件はコレラ検疫に関係する翌年のヘスペリア号事件とともに、法権の回復がなければ国家の威信も保たれず、国民の安全や生命も守ることのできないことを国民が知ることになる契機となり[5]、列強の治外法権に対して条約改正を求めるため、鹿鳴館外交欧化政策が進められる端緒ともなった。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ハートレーは1877年12月の発覚後も、翌1878年1月8日に再び吸煙アヘン12斤を密輸しようとしている。井上(1955)p.41
  2. ^ 吸煙アヘン12斤のうち3斤を超過する分に関しては条約違反であるから、それに対しては所定の過料を支払うこととするものの、3斤はハートレーの所有と認めた。井上(1955)p.41

出典編集

  1. ^ a b c 井上(1955)pp.41-42
  2. ^ a b 家永(1977)p.101
  3. ^ a b 藤村(1989)p.82
  4. ^ 井上(1955)p.41。原出典は「条約改正経過概要」
  5. ^ 遠山茂樹 「条約改正」『日本歴史大辞典第5巻 さ-し』p601、日本歴史大辞典編集委員会、河出書房新社、1979年11月。

参考文献編集

  • 井上清『条約改正』岩波書店岩波新書〉、1955年9月。
  • 家永三郎鈴木良一吉村徳蔵ほか「第10章「日本資本主義とアジア」」『ほるぷ教育体系「日本の歴史5」』家永三郎、ほるぷ出版、1977年11月。
  • 藤村道生「条約改正-国家主権の回復」『朝日百科日本の歴史10 近代Ⅰ』野上毅、朝日新聞社、1989年4月。ISBN 4-02-380007-4

関連項目編集

外部リンク編集