LOUD PARKラウドパーク)は、かつて日本で行われていたヘヴィメタルフェスティバルである。略称として「ラウパ」とも呼ばれる。

ラウドパーク
LOUD PARK
メタルロボ (スクリーミング・マッド・ジョージによるデザイン)
メタルロボ (スクリーミング・マッド・ジョージによるデザイン)
開催時期 10月中旬から下旬の土曜、日曜
初回開催 2006年
最終開催 2017年
会場 埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
千葉県 幕張メッセ
主催 クリエイティブマンプロダクション
ジャンル ヘヴィメタル
公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

LOUD PARKは正統派のヘヴィメタルに加え、スラッシュメタルメタルコアデスメタルメロディックスピードメタルゴシックメタルハードロックロックンロールなど、多彩なサブジャンルを包括するヘヴィメタルの総合的なフェスティバルである。2006年以降、毎年10月首都圏で行われている。近畿地方でも、より小規模のジョイントライヴが同名を冠して行われることもある。首都圏の公演では、ステージのMCはサッシャが務めている。

2006年より一貫してクリエイティブマンプロダクション(creativeman)が企画・招聘。creativemanは米資本のライブ・ネイション/チケットマスターと2013年より提携関係を結び[1]、2014年に資本傘下となった[2]

略歴編集

2006年千葉幕張メッセで二日間開催され、ヘッドライナーを務めたメガデススレイヤーを筆頭に、出演バンドの豪華さが大きな話題を呼んだ。大阪でもLOUD PARK OSAKAと称して数バンドによる夜のみのライヴが二日間行われた。

2007年には埼玉さいたまスーパーアリーナで開催され、集客は前年を下回ったものの、音響の改善や出演バンドが実力派揃いであったことにより、観客の反応は概ね良好だった。またこの時の公演がヘヴィメタル最高峰のボーカリストとされるロニー・ジェイムス・ディオの最後の来日となった。

2008年には再びさいたまスーパーアリーナで開催され、スリップノットモトリー・クルーといったアメリカ本国では大衆的な人気を誇るバンドを起用。集客は好調であった。

2009年には3年ぶりに千葉・幕張メッセに戻り、メタルゴッドと呼ばれるジューダス・プリースト、スラッシュメタルの帝王とされるスレイヤーを中心にきわめて豪華なラインナップとなり、過去最大の集客となった。

2010年はさいたまスーパーアリーナでの開催となり、ヘヴィメタルを象徴する存在の一人であるオジー・オズボーンヌー・メタルの始祖とも言えるコーンも参加。関西地域でも、初となるフルパッケージのフェスティバルが行われた。

2011年東日本大震災福島第一原子力発電所事故の影響からか、一日のみの開催となった。ハードロックバンドを中心とする布陣でありながら、ヘッドライナーがラップメタルバンドのリンプ・ビズキットであったことが大きな不評を買った。また初日の前座として、ヘヴィメタルとは相容れないアイドルグループであるももいろクローバーZが「アニメタルUSA」のゲストとして出演したことも波紋を呼ぶことになった。

2012年は前年に引き続き一日のみの開催となったものの、さいたまスーパーアリーナでの公演としては初となる3ステージ制が導入されることとなり、エクストリーム系のバンドが数多く出演。一日あたりとしては過去最大の集客となった。

2013年は3年ぶりに二日間での開催となり、チェスター・ベニントンをフロントマンに迎えたストーン・テンプル・パイロッツ及びキング・ダイアモンドの登場が発表された。しかし、キング・ダイアモンドの出演は開催前日にキャンセルとなり、「王者」イングヴェイ・マルムスティーンがヘッドライナーを務めた。

2014年プログレッシブ・メタルの代表格であるドリーム・シアター及びマノウォーの登場が発表された。しかし、マノウォーの出演は直前にキャンセルとなり、このフェスティバルに最多出場を誇るマイケル・アモット率いるアーチ・エネミーが急遽ヘッドライナーを務めた。

2015年は10回目の開催を記念し、3ステージ制の上に歴代の中でももっとも豪華とされるラインナップを揃え、入場券の販売開始直後に2日券や指定席券が完売するなど大きな話題を呼んだ。

2016年は前年に引き続き、3ステージ制を採用。ドイツのバンドながら70年代から世界的な成功を収めるスコーピオンズデイヴィッド・カヴァデール率いるホワイトスネイクがヘッドライナーを勤めた。

2017年は3年ぶりに2ステージ制となったものの、「神」と呼ばれるマイケル・シェンカーが「Michael Schenker Fest」として、自身のバンドである「MSG」(マイケル・シェンカー・グループ及びマッコーリー・シェンカー・グループ)の歴代のボーカリストとメンバーを率いて出演。さらに、5度目のヘッドライナーとなるスレイヤーが出演した。

2018年は開催されない事が公式に発表された[3][4]。翌年以降の開催については検討中としている。

会場編集

音楽演奏の他に各出演バンドのメンバーによるサイン会なども開催される。各出演バンドのロゴ入りTシャツなどを購入できるグッズ売り場も大変人気があり、毎回長蛇の列ができる。早い時間に売り切れてしまう商品もあるため、欲しいものを確実に手に入れるためには時間の余裕を見て会場に到着しなければならない場合もある。

長時間にわたる公演の最中、観客の飲食はいったん外出するか、もしくは会場内に設けられた屋台バーを利用することとなる。屋台で提供される料理には、タイ料理(トムヤムラーメン等)、ハワイ料理ロコモコ等)、ケバブまぐろ丼、スモークターキーなどがある。

出演者編集

LOUD PARK 06編集

2006年10月14日(土) 幕張メッセ
Gigantour Stage Big Rock Stage Ultimate Stage
2006年10月15日(日) 幕張メッセ
The Unholy Alliance Stage Big Rock Stage Ulimate Stage

以下のバンドは出演が発表されていたが、開催前にキャンセルとなった。

2006年10月16日(月)
Zepp Osaka
2006年10月17日(火)
Zepp Osaka

LOUD PARK 07編集

2007年10月20日(土)
さいたまスーパーアリーナ
2007年10月21日(日)
さいたまスーパーアリーナ
Big Rock Stage Ultimate Stage Big Rock Stage Ultimate Stage
2007年10月22日(月)
大阪城ホール
2007年10月23日(火)
Zepp Osaka

LOUD PARK 08編集

2008年10月18日(土)
さいたまスーパーアリーナ
2008年10月19日(日)
さいたまスーパーアリーナ
Ultimate Stage Big Rock Stage Crue Stage Big Rock Stage
  • 2日目の公演は、モトリー・クルーがアメリカカナダで主催するフェスティバル「CRUE FEST」に題材を取り、「LOUD PARK MEETS CRUE FEST」として行われた。

LOUD PARK 09編集

2009年10月17日(土) 幕張メッセ
Ultimate Stage Big Rock Stage Sanctuary Stage
2009年10月18日(日) 幕張メッセ
Big Rock Stage Ultimate Stage Sanctuary Stage

以下のバンドは出演が発表されていたが、開催前にキャンセルとなった。

LOUD PARK 10編集

2010年10月16日(土)
さいたまスーパーアリーナ
2010年10月17日(日)
さいたまスーパーアリーナ
Ultimate Stage Big Rock Stage Big Rock Stage Ultimate Stage
2010年10月16日(土)
神戸ワールド記念ホール

LOUD PARK 11編集

2011年10月15日(土)
さいたまスーパーアリーナ
Ultimate Stage Big Rock Stage

LOUD PARK 12編集

2012年10月27日(土)
さいたまスーパーアリーナ
Ultimate Stage Big Rock Stage Extreme Stage

LOUD PARK 13編集

2013年10月19日(土)
さいたまスーパーアリーナ
2013年10月20日(日)
さいたまスーパーアリーナ
Ultimate Stage Big Rock Stage Ultimate Stage Big Rock Stage
  • キング・ダイアモンドのヘッドライナーとしての出演も発表されていたが、開催前日に主催者と出演者からキャンセルが告知された。なお、キャンセルに至る経緯については、主催者と出演者の説明に相違がある。
  • 演歌歌手八代亜紀が鉄色クローンXの演奏に飛び入り参加を行っている。
  • 一日目のみ、Boo(ブー)がMCを務めた(二日目は例年通りサッシャ)。
  • 一日目のヘッドライナーであったストーン・テンプル・パイロッツは、日本のメタルファンから人気の薄いオルタナティヴ・ロック要素の強いバンドであったため、二年前のリンプ・ビズキット同様に、彼らに興味のない観客が大勢帰宅してしまう事態となった。

LOUD PARK 14編集

2014年10月18日(土)
さいたまスーパーアリーナ
2014年10月19日(日)
さいたまスーパーアリーナ
Ultimate Stage Big Rock Stage Ultimate Stage Big Rock Stage
  • このフェスの音楽的なジャンルであるハードロックやヘヴィ・メタルとは全く相容れない「アイドルグループ」である仮面女子がオープニングアクトとして出演すると発表されて以後、ヘヴィ・メタルやハードロックを求める大多数のファンから激しい批判の声が上がった。

以下のバンドは出演が発表されていたが、開催前にキャンセルとなった。

LOUD PARK 15編集

2015年10月10日(土)
さいたまスーパーアリーナ
Big Rock Stage Ultimate Stage Kingdom Stage
2015年10月11日(日)
さいたまスーパーアリーナ
Ultimate Stage Big Rock Stage Extreme Stage
  • メタル・チャーチの出演も発表されていたが、開催前にキャンセルとなった。
  • ドラゴンフォースはシークレットアクトとして発表され、事前に出演者名は明かされなかった。
  • DAITA BANDは当初DAITAが結成し、アメリカを拠点に活動していたバンド「BREAKING ARROWS」として出演する予定だったが、直前になってヴォーカリストが脱退、バンドとしての活動が出来なくなってしまった為に、急遽「DAITA BAND」として出演を余儀なくされている。DAITA本人も当日のステージで「本当にすいません」と、BREAKING ARROWSとして出演できなくなってしまったことを謝罪している。

LOUD PARK 16編集

2016年10月8日(土)
さいたまスーパーアリーナ
Big Rock Stage Ultimate Stage Kingdom Stage
2016年10月9日(日)
さいたまスーパーアリーナ
Ultimate Stage Big Rock Stage Extreme Stage

LOUD PARK 17編集

2017年10月14日(土)
さいたまスーパーアリーナ
2017年10月15日(日)
さいたまスーパーアリーナ
Ultimate Stage Big Rock Stage Ultimate Stage Big Rock Stage
  • ブラック・アースはシークレットアクトとして発表され、事前に出演者名は明かされなかった。

開催情報編集

テレビ放映編集

CD編集

  • ラウド・パーク 08 Vol.1 [Limited Edition] 2008年9月24日 ロードランナー・ジャパン ASIN:B001DJ8YM8
  • ラウド・パーク 08 Vol.2 [Limited Edition] 2008年9月24日 ロードランナー・ジャパン ASIN:B001CRGSIS

 これらのCDに収録された曲は会場での演奏を収録したものではなく、出演したアーティストの代表曲を集めたオムニバスCDであるので、購入の際には注意が必要である。ただし、VOL.2には、ボーナス・トラックとして3曲のみ会場での演奏を収録している。

出版編集

脚注編集

外部リンク編集