メインメニューを開く

バッドばつ丸(バッドばつまる、ラテン文字表記:BAD BADTZ-MARU[5])はサンリオでデザインされたキャラクター。サンリオキャラクターとしては珍しい悪役キャラクターである[6]

バッドばつ丸
BAD BADTZ-MARU
名称 バッドばつ丸
英語名称 BAD BADTZ-MARU
モチーフ ペンギン
発売年 1992年[1]
デザイナー 井上ヒサト(初代)[2]
原田香(現在)[3]
キャラクター大賞順位 1位(第11回)[4]
愛称 ばつ丸
関連キャラクター バッドつん子
伊集院パンダバ
グッドはな丸
出演 バッドばつ丸のオレのポチは世界一
ハローキティとバッドばつ丸
誕生日 4月1日[5]
公式サイト バッドばつ丸プロフィール

キャラクターグッズ等では×○と表記されていることもある。日本のみならず世界中に進出しており、日本よりむしろ北米台湾で人気が高い。

目次

来歴編集

1992年キャラクター開発[1]1993年にサンリオ初の悪役キャラクターとして登場[7]。同年6月からグッズ販売を開始[8]

数多いサンリオキャラクターでも「BAD」という言葉が名前につく異色の存在[9]。サンリオ本社では一旦ボツとなったが、子会社のサンリオピューロランドで登場させたところ人気を呼んだため、改めて正式展開された経緯がある。現在でも米国SANRIO inc.ではキャラクターグッズ展開が続いている。サンリオピューロランドの舞台作品への出演のほか、子供向け番組「キティズパラダイス」シリーズでレギュラー出演していたこともあって、一般の知名度はそれなりにある。

いちご新聞』の読者投票企画「サンリオキャラクター大賞」で1996年度の1位を獲得した[4]。2018年は総合順位は15位だが、アメリカでは2位を獲得した[10]

2006年バスケットボール世界選手権のマスコットキャラクターとなる[11][6]。それに伴い2006年に日本での商品展開が久々におこなわれた。

プロフィール編集

1993年4月1日ハワイオアフ島生まれ[7]。ゴージャスタウンに住んでいる[5]

いたずら好きで、あまのじゃくなペンギンの少年[7]。悪役や不良行為少年の味方をするのが好き。一人称は「オレ(様)」が多い。趣味は悪役スターのプロマイドの蒐集で、好物は銀座の高級なお寿司とポリパリラーメン[7]。パパはギャングのボスで、ママは超教育ママである。「ポチ」という名のワニを飼っている。友達にはアザラシの「グッドはな丸」と、とても短いスカートを穿いたパンダの少女「伊集院パンダバ」(語尾に「〜ダバ」をつけて話す)などがいる。

妹に「バッドつん子」がいる。ほかにも双子の弟妹の「バッドツインズ」がいる[12]。つん子は2001年、バッドばつ丸がドクターコスプレをしたシリーズ「バッドばつ丸 ドクター」が発売された際に追加されたキャラクターである。つん子は2005年、『恋して!パッツ〜ン娘♪』で歌手デビュー(CD「サンリオTVオリジナルソングブック うれしSONG!!〜みらいへの宝箱」に収録)。また、ばつ丸とつん子のデュエット曲『わるわるワルツ』も発表している(作詞はばつ丸とつん子が担当)。

映像化編集

劇場映画編集

  • 『バッドばつ丸のオレのポチは世界一』[13][14]
1996年公開の第4回サンリオアニメフェスティバル上映作品の中の1本。

オリジナルビデオ編集

  • 『バットばつ丸の男度胸の思いやり』
  • 『バッドばつ丸のオレは優等生』

テレビ番組編集

その他編集

  • 『パニック・イン・サンリオタウン〜ばつ丸の逆襲〜』
サンリオピューロランドの「ディスカバリーシアター」で上演されたばつ丸が主演のショーで、映像にも登場する。
サンリオピューロランドの4Dシアター「夢のタイムマシン」でハローキティと共に上映された。

声優編集

音楽編集

  • 『ばつ丸音頭』
作詞:井上ヒサト 作曲:片山耕 歌:バッドばつ丸

コラボレーション編集

  • 2017年8月 - ポプテピピック×サンリオキャラクターズ[16]
TVアニメ化が決定した「ポプテピピック」とサンリオによるコラボプロジェクト。コミックマーケット92竹書房ブースにて、ポプ子とばつ丸がお互いにコラボ相手を不満に思っている「バッドばつ丸×ポプテピピック『よかったな…Tシャツ』」が12日限定で販売された。
  • 2017年12月 - 幽☆遊☆白書×BAD BADTZ-MARU[17]
TVアニメ放送25周年を迎えた「幽☆遊☆白書」とコラボ。「2017年…いたずらっ子のばつ丸が、コエンマの許可を得てついに霊界進出! ヤバい技を盗み取り、ばつ丸はBIGになれるのか?!」というコンセプトストーリーのもと、サンリオがコラボデザインを描き下ろした。

その他編集

 
ユニー航空「バッドばつ丸」塗装機
  • 『いちご新聞』でばつ丸が初めて表紙を飾ったのは、1994年8月号(318号)である[18]
  • サンリオは自信を失っている社会人にエールを送るべく 「にっぽんだいすきキャンペーン」が実施され、そのキャラクターにばつ丸を起用して、メモ帳やボールペンなどの4商品が2002年11月13日より発売された[19]
  • 台湾エバー航空ユニー航空と提携し、2017年3月4日より特別塗装機が運航されている[20][21]
  • サンリオが1996年2月16日に発売した「サンリオタイニーパーク」というエデュテインメントソフトに、バッドばつ丸のコンテンツである「バッドばつ丸の×○たたき」と称するモグラ叩きが収録されている[22]。また後日発売された「サンリオ タイニーパークvol.3」に「バッドばつ丸のチャリでゴー!」「バッドばつ丸のハラハラボンバー」が、「サンリオタイニーパークvol.4」に「バッドばつ丸のピコピコヘルメット」「バッドばつ丸のふうせんパッチン」が収録されている。また、ばつ丸とその仲間たちのゲームを収録した「ゴージャスタウンは大さわぎ!」というハイブリッドCDも発売された[23]
  • エクサムが発売するキッズ向けトレーディングカードアーケードゲームであるハローキティとまほうのエプロン 〜サンリオキャラクター大集合!〜の第4弾『〜みんな集まれ!お料理パーティー!〜』に登場するキャラクターのひとつとして、バッドばつ丸が起用された[24]

脚注編集

  1. ^ a b SANRIO MEMORIES168-169頁。
  2. ^ ごあいシャツ - インスペースキャラクターデザイン. 2017年10月7日閲覧。
  3. ^ 明日!銀座でバッドばつ丸 担当デザイナーサイン会開催!! - サンリオショップ(2016年9月30日). 2017年10月7日閲覧。
  4. ^ a b 竹村真奈 (2013, pp. 140-144)
  5. ^ a b c 森彩子 (2010, pp. 98-99)
  6. ^ a b 大会マスコットにサンリオ「バッドばつ丸」が決定”. 国際バスケットボール連盟(FIBA) (2005年12月13日). 2006年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  7. ^ a b c d 「巻頭大特集/キキ&ララ・マイメロディ 40周年記念」『月刊モエ』通巻438号(2016年4月号)、白泉社、2016年3月3日、 26頁。
  8. ^ “サンリオ、新キャラクター追加――初の「悪役」「招きネコ」も。”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. 16. (1993年3月3日) 
  9. ^ 「幽☆遊☆白書」と「バッドばつ丸」がコラボレーション! 「幽☆遊☆白書×BAD BADTZ-MARU」の展開が決定 | 幽☆遊☆白書 | アニメイトタイムズ
  10. ^ 結果発表 海外・エリア別ランキング”. 33rd サンリオキャラクター大賞 (2018年). 2018年9月2日閲覧。
  11. ^ 大会マスコット”. 国際バスケットボール連盟(FIBA) (2005年). 2006年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  12. ^ かぞくやなかまたち - サンリオ. 2018年1月5日閲覧。
  13. ^ 映画「バッドばつ丸のオレのポチは世界一」 - 映画.com. 2017年11月3日閲覧。
  14. ^ バッドばつ丸のオレのポチは世界一 - 株式会社スティングレイ(allcinema ONLINE). 2017年11月3日閲覧。
  15. ^ バッドばつ丸のオレのポチは世界一”. ムービーウォーカー(カドカワ). 2017年7月29日閲覧。
  16. ^ 「ポプテピピック」サンリオとコラボ、ばつ丸の本音は「ぼのぼのがよかった」 - コミックナタリー”. 2018年1月27日閲覧。
  17. ^ 「幽☆遊☆白書」と「バッドばつ丸」“バッド”同士のコラボ決定!”. 2017年8月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年12月3日閲覧。
  18. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 145-157)
  19. ^ “株安・失業に負けるな…、サンリオ販促で「にっぽん応援。」”. 日経MJ(流通新聞) (日本経済新聞社): p. 7. (2002年10月22日) 
  20. ^ エバー航空、今度のサンリオ特別塗装機はバッドばつ丸! 福岡線にも導入 - マイナビニュース 2017/03/08
  21. ^ ユニー航空「バッドばつ丸」塗装機、運航開始 空に新たな彩り/台湾 - フォーカス台湾 2016/09/13
  22. ^ サンリオ タイニーパーク”. サンリオ (1997年). 2000年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月17日閲覧。
  23. ^ バッドばつ丸ゴージャスタウンは大さわぎ!”. サンリオ (1997年). 1999年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月17日閲覧。
  24. ^ ハローキティと魔法のエプロン - みんな集まれ!お料理パーティー - 遊び方とカード紹介 (PDF)”. エクサム (2011年). 2011年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月17日閲覧。

参考文献編集

  • 竹村真奈『サンリオデイズ いちご新聞篇 ー「いちご新聞」から生まれたキャラクターのヒミツがいっぱい ー』ビー・エヌ・エヌ新社、2013年10月19日。ISBN 978-4861009020
  • 『SANRIO MEMORIES』サンリオ、2010年9月15日。ISBN 978-4-387-10066-9
  • 森彩子『サンリオキャラクター大図鑑』ポプラ社、2010年11月。ISBN 978-4-591-12108-5

関連項目編集

外部リンク編集