メインメニューを開く

バニラ・フォグSimply Irresistible)は、1999年のマーク・ターロフ監督によるファンタジー・ロマンス映画。

バニラ・フォグ
Simply Irresistible
監督 マーク・ターロフ
脚本 ジュディス・ロバーツ
製作 ジョン・フィードラー
ジョン・アミエル
ジョー・カラッシオロ・Jr
音楽 ギル・ゴールドスタイン
撮影 ロバート・スティーヴンス
制作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年2月5日
日本の旗 2000年1月29日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 6百万ドル
興行収入 $4,389,989
テンプレートを表示

あらすじ編集

母の遺したレストラン、サザンクロスを継いでシェフとして働くアマンダは、経営不振で悩んでいた。ある日、市場で仕入れたカニがきっかけで、デパート内で新しく開店するレストランのシェフを探しているというトムと出会う。アマンダは「これはカニのナポレオン風にするの」と言ってその場を去ったが、アマンダの心にはトムの存在が強く残った。

カニの話はでたらめなのだが、トムが破局寸前の恋人、クリスを連れサザンクロスにやってきて、カニのナポレオン風を食べたいとの注文をしてきた。アマンダは慌てふためくが、シェフのノーランと相談して即席で作ることにする。

トムはカニ料理のおいしさに舌鼓を打つ。だがクリスはヒステリーを起こし店内で暴れたあげく出て行ってしまう。面倒を起こしたことを詫びたトムは、割った皿の弁償のためにアマンダをデパートに招待する。トムは、次第にアマンダに惹かれていく。

アマンダは次第に料理の腕を上げ、サザンクロスは大繁盛。やがてデパートの重役も、アマンダに目をつけるようになる。

キャスト編集

評価編集

批評家には受け入れられず、Rotten Tomatoesでは30件のレビューに基づいて13%の評価を得ており、平均評価は3.9 / 10である[1]Metacriticでは、21の批評家に基づいて、映画は100のうち27のスコアで、「一般的に好ましくないレビュー」を示している。批評家の否定的な評価にもかかわらず、この映画は観客から好評を得ており、Metacriticのユーザースコアは10点中8.7点で、「普遍的な評価」となっている[2]

ロジャー・イーバートは4つの星のうち3つを与え、「古臭くて、50年代のつまらないコメディのようだが、魅力的」と評した。

脚注編集

外部リンク編集