城山 堅(しろやま けん、1932年10月3日[6][1][3] - )は、日本声優俳優ナレーターである。ぷろだくしょんバオバブ所属[1][2]北海道出身[1][2]。旧名は城山 知馨夫(しろやま ちかお)[7]

しろやま けん
城山 堅
プロフィール
本名 同じ[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本北海道[2]
生年月日 (1932-10-03) 1932年10月3日(87歳)
血液型 A型[3]
職業 声優俳優ナレーター
事務所 ぷろだくしょんバオバブ[2]
公称サイズ([4]時点)
身長 / 体重 165 cm / 62 kg
声優活動
活動期間 1952年 -
ジャンル アニメゲーム吹き替え
俳優活動
活動期間 1946年[5] -
ジャンル 舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

経歴編集

北海道留萌高等学校卒業。早稲田大学第一文学部中退。

劇団七曜会[5][8]、劇団現代人[8]、オフィス央[8]を経て、ぷろだくしょんバオバブ所属となった[1]

人物編集

声質はテノール[8]からバリトン[4]

テレビ草創期から活動している。主に老人役を演じ、アニメ吹き替え問わず活躍している。端役としての出演が多い。演劇にも積極的にも取り組み、加藤精三と共に「語りの会『わこうだ』」を運営、様々なジャンルの演劇に取り組んだ[3]。声優業の他、宮沢賢治の童話を語る演劇サークル「ポランの会」の主催を勤め、若手演劇家の育成にも積極的に取り組んでいる[3]

特技はスキー[2]

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1966年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1980年
1985年
1987年
1990年
1992年
1994年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2015年

劇場アニメ編集

1994年
1997年
1998年
2001年
2009年
2012年

OVA編集

1986年
1991年
1998年
2001年
2002年
  • それいけ!アンパンマン にんきものだいしゅうごう!(やなせうさぎ)
2003年
2006年

ゲーム編集

2001年
2003年
2007年
2009年
2010年
  • NARUTO -ナルト- ナルティメットストーム2(エビゾウ)

ドラマCD編集

吹き替え編集

映画編集

ドラマ編集

アニメ編集

年度不詳
1969年
1985年
1986年
1989年
1991年
1997年
2001年

人形劇編集

特撮編集

ラジオドラマ編集

テレビドラマ編集

映画編集

ナレーション編集

ボイスオーバー編集

CM編集

その他編集

  • トランスフォーマー VSYセット 付属カセットドラマ 「グリムロックVSサウンドウェーブ」(フレンジー)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、150頁。ISBN 4-87376-160-3
  2. ^ a b c d e 城山 堅”. ぷろだくしょんバオバブ. 2020年2月13日閲覧。
  3. ^ a b c d 城山 堅”. ポランの会. 2008年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月17日閲覧。
  4. ^ a b 城山 堅”. タレントデータバンク. 2020年1月17日閲覧。
  5. ^ a b 「新劇便覧」『テアトロ』、カモミール社、1965年8月、 277頁。
  6. ^ 『声優名鑑』、487頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  7. ^ 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、82頁。
  8. ^ a b c d 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、86頁。
  9. ^ 決断”. メディア芸術データベース. 2016年9月8日閲覧。
  10. ^ 喰霊―零―”. メディア芸術データベース. 2016年9月19日閲覧。
  11. ^ シャム猫 -ファーストミッション-”. メディア芸術データベース. 2016年9月3日閲覧。

関連項目編集

  • 木村まどか:「どんぐりと山猫」朗読劇出演(2005年10月10日ティアラこうとう)

外部リンク編集