メインメニューを開く

バンリク -BANG! BANG! REQUEST-』(バンリク バン! バン! リクエスト)は、四国地方民放AMラジオ局3局で放送されている四国放送ラジオ (JRT) 制作のリクエスト番組である。制作局の四国放送ラジオでは2006年10月3日より放送を開始。番組のキャッチフレーズは『オールジャンル・リクエストタイム』。

バンリク
-BANG! BANG! REQUEST-
ジャンル リクエスト番組
放送方式 生放送
放送期間 2006年10月3日 -
放送時間 毎週月 - 金曜日 21:00 - 23:00
放送局 四国放送
ネットワーク 西日本放送高知放送
パーソナリティ 記事内を参照
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

目次

放送時間編集

  • 放送開始 - 2007年3月 火曜から金曜 22:00 - 23:50
  • 2007年4月 - 2008年9月 火曜から土曜 21:00 - 23:00
  • 2008年10月 - 2011年3月 月曜 21:30 - 23:30 火曜から土曜 21:00 - 23:00
  • 2011年4月 - 2012年3月 月曜から土曜 21:00 - 23:00
  • 2012年4月 - 9月 月曜から金曜 21:00 - 23:00 土曜 20:55 - 23:00
  • 2012年10月 - 2013年3月 月曜から土曜 21:00 - 23:00
  • 2013年4月 - 2014年3月 月曜から金曜 21:00 - 23:00 土曜 20:00 - 22:00
  • 2014年4月 - 9月 月曜から金曜 21:00 - 23:00 土曜 19:30 - 21:30
  • 2014年10月 - 2016年3月 月曜から金曜 21:00 - 23:00 土曜 20:00 - 21:00
  • 2016年4月 - 月曜から金曜 21:00 - 23:00

水曜から金曜はナイター期間中(2017年以前は火曜日・日本シリーズ期間中も)は中継延長の場合、最大で22:00スタートまで短縮あり。

ネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送時間
徳島県 四国放送(JRT) JRN/NRN 月曜 - 金曜 21:00 - 23:00 制作局
香川県 西日本放送(RNC) 2010年10月4日 -
高知県 高知放送(RKC)
  • 土曜版は開始から終了までJRTローカルだった。
  • 南海放送は2010年4月6日よりネット開始、9月までは火 - 金のみ。10月4日より月曜ネット開始(月曜ネット開始時は23:00飛び降り。2011年4月の時間変更により月曜もフルネット)。同局のみタイムテーブル上は『BANG! BANG! REQUEST』とのタイトル表記[1]だが、radikoの番組表では『四国は一つバンリク』となっている。2015年3月で月曜のみネット終了、2015年6月より木曜は22:30飛び降り。2015年9月25日打ち切り(自社制作番組「MOTTO!!」放送のため。1年後の2016年9月26日から文化放送『レコメン!』を冒頭から開始したため、ネット受けの相手が唯一在京局である局となった)
21:50 - 21:57の間は2013年4月1日より2016年3月25日までニッポン放送制作の『スポーツ伝説』を内包していた。2010年10月4日から2013年3月29日までは『サウンドトラベル』を内包(いずれも創価学会提供枠)。
2017年は高知放送が日本シリーズの中継を取りやめたため、日本シリーズ開催予定日は、開催有無や戦況にかかわらず22:00スタート(他の2局の開始時間によっては飛び乗り)となった。
2018年は制作局の四国放送も日本シリーズの中継を取りやめたため、番組自体はこの期間も21:00スタートとなり、残る日本シリーズ中継ネット局の西日本放送は戦況にかかわらず22:00飛び乗りとなる。

番組概要編集

『バンリク』放送開始の主な経緯編集

DJ天国!クジラジオ』終了以降、四国放送ラジオ (JRT) ではニュース番組『ニュースワイド21 きょうの徳島』や事前収録分のローカル番組、他局・製作会社からの購入番組などでこの時間を編成していた。その中で、2006年のナイターイン期に放送された『ニュース&スポーツ きょうの徳島』がJRTのアナウンサー2名で進行していたことから、時間枠上においてこの番組を発展的解消させてワイド番組化したものである。

同局“史上初”「オールジャンルリクエスト番組」編集

『クジラジオ』の前番組であった『come on電リク! ミュージックパーティー』以来のこの時間帯のリクエスト番組であるが、この間の聴取年齢層の変化を考え、基本的に全てのジャンルのリクエストを受付ける「オールジャンルリクエスト番組」と銘打たれている。これまでJRTでは、若者向け・演歌・懐メロ・洋楽・アニソンなどのジャンルを分けたリクエスト番組は複数存在しているが、ジャンルを特定しないのはこの番組が初めてである。

なお生放送中のリクエストは受け付けていない。リクエストは、原則放送開始1〜2時間前までにメール・ファックスでリクエストを送る必要がある。ハガキでのリクエストも可。

放送曜日拡大編集

初のナイターインとなった2007年4月から土曜日に、2008年10月から月曜日に進出を果たした。

南海放送、西日本放送・高知放送にネット開始し四国4局ネットへ編集

2010年4月より初のネット局として南海放送が火曜〜金曜のネットを開始した。それまでネットしていた『BATTLE TALK RADIO アクセス』(TBSラジオ)終了に伴うネット開始である。

さらに、同年10月からは西日本放送・高知放送が『オールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)を打ち切って月〜金のネットを開始し、四国地方の民放4局ネットとなった。またこれと同時に南海放送でも月曜のネットを開始した。

DJ・パーソナリティ編集

現在(2019年4月~)

全員四国放送アナウンサー

月曜日 梅山茜(2017年~)

火曜日 小玉晋平(2006年~)現パーソナリティーで唯一開始当初から担当

水曜日 島川未有(2010年~)

木曜日 江間丈(2017年~) ミュージシャン数珠繋ぎとして、毎週ゲストが登場

金曜日 野口七海(2019年~)

過去編集

※○印は担当時四国放送アナウンサー。

  • 岡本和夫○(2006年10月 - 2008年3月、水曜担当)
  • 山本夏子(2007年11月 - 2008年3月、火曜担当)
  • 分林里佳○(2008年10月 - 2010年3月、月曜担当)
  • 金山明子○(2008年4月 - 2010年3月、火・水曜担当)
  • 戸村恵里(2007年11月 - 2011年3月、月曜から水曜担当)
  • 清水宏香(2006年10月 - 2011年3月、 - 2007年9月までは火から金曜、それ以降は木から土曜担当)
  • 渡辺理奈恵○(2010年4月 - 2011年3月、木曜担当)
  • 井手麻実○(2010年4月 - 2011年3月、金曜担当)
  • 村田千弥○(2011年4月 - 2012年3月、土曜担当)
  • 森本真司○(2010年4月 - )※2011年3月までは火曜担当。2011年4月〜2012年3月14日の間は基本的にレギュラーゲストが出演。
  • 浅野愉衣(2013年4月 - )※徳島在住のローカルタレント
  • 八幡篤範○(2012年4月 - ) ※2014年4月から2015年3月まで木曜担当
  • (2014年4月 - )※徳島出身のシンガーソングライター
  • emi※シンガーソングライター
  • 中山千桂子
  • 清水幸二○※現在は、清水幸二のザ・ミュージックを担当
    • 寺島啓太(2011年4月 - )※2008年7月〜2010年3月まで金曜担当。2014年4月から2015年3月まで水曜担当

不定期編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 週間ラジオ番組表 - 南海放送公式サイト

外部リンク編集