パイパン

性別を問わず、陰毛が生えていない人のことを指す俗語

パイパンは、成人に達しているが陰毛が生えていない、または生やしていない女性の陰部[1]、またはその所有者の女性[2][3][4]を表す俗語。文献によっては性別を問わず成人で陰毛がない人と定義する[5]

左 : 女性 / 右 : 男性
女性

概要編集

無毛症[6]などの自然現象によりパイパンになることがある。たとえば副腎機能不全によるアジソン病で陰毛がなくなることがある。肝硬変でも陰毛がなくなったり縮れが消失することがある[7]

このほか、剃毛や脱毛によって人為的にパイパンとなる者もいる。毛抜きや剃刀を使用する以外に、近年ではヒートカッターやブラジリアンワックス脱毛、脱毛クリームを使用することもある。

美容業界では「衛生学・衛生管理」を意味するhygiene(ハイジーン)[8]からハイジニーナと呼称する場合がある[9]

語源編集

語源は麻雀牌の「白」、別名「白板(パイパン)」とされる[4]。『日本俗語大辞典』は、「ぱいぱん」の見出し語に「白牌」の漢字をあてる。同書は類語として「お茶碗・かわらけ」を挙げる[10]が、これらの語は江戸時代にすでに用例がある[11][12]

メリット編集

『フライデー』2012年7月20日号は、「無毛という新常識」という記事(p69-76)で次のようなメリットを挙げた。

  • 陰毛に雑菌がたまらなくなるため、清潔を保つことができる。また汗腺から出る汗と雑菌が混ざることで臭いが強くなるが、これも予防できる。
  • 「排尿の際に陰毛に尿が付着して雑菌が繁殖する」「生理の際に経血が付着し、なおかつ蒸れたりする」といった不快な現象を防ぐことができる。
  • ヘアの存在が性病の誘因にもなるが、それを予防できる。
  • 恥丘が滑らかになり、美しさを感じることができる。

その他、排泄介助がしやすい、肌トラブルの予防になるというメリットもある(介護脱毛)[13]

著名人編集

芸能人編集

  • 叶姉妹の姉である叶恭子 - 2009年3月に出版されたヌード写真集で、アンダーヘアを完全脱毛した姿を披露した。また同年3月4日付のブログ記事にて、完全に脱毛した恥丘に蝶のタトゥーを入れた姿を画像として掲載した[14]
  • ファッションモデルのマリエ武藤静香 - フジテレビ系列のバラエティ番組『ホンマでっか!?TV』(2009年12月7日OA)にゲスト出演した際、マリエが「私も全部やってるんですけど」と発言し、武藤も「あたしもやってます」と告白して2人で「つるつるですよねー」と声を合わせながらパイパンにしていることを宣言した[15]
  • ファッションモデルのマギー - テレビ朝日系列のバラエティ番組『中居正広のミになる図書館』(2014年10月7日OA)にゲスト出演した際、司会の中居正広からの質問に「毛は無いんです」「下着モデルもしているので、お仕事の前にはベリベリって全部なくしちゃう」「何度も(ブラジリアンワックスを)やっていると、生えてくる毛が薄くなってくる」と答え、ブラジリアンワックス脱毛でパイパンにしていることを告白している[16]

スポーツ選手編集

  • 2007年7月18日付けの「中日スポーツ」紙によると、男子レスリングの日本代表には、不本意な結果に終わった試合の悔しさを忘れないため、敗戦後に陰毛を剃る習慣がある
  • プロ野球選手の中田翔はバリカンで股間の剃毛を行っている。スライディングパンツに擦れたり挟まったりして集中を乱されたくないというのが理由。他の選手も剃毛を行っていると中田は主張している[17]

各国のパイパン文化編集

大プリニウスは『博物誌』第11巻に「ヒトにだけ陰毛がある。陰毛がなければ男女とも生殖能力がない」と記す。これは誤りであるが、陰毛に性的な意味を持たせた初期の例と言える[18]

中国編集

パイパンの女性を俗に「白虎」と呼ぶ。また、陰毛のない男性(パイチン)を「青龍」と呼ぶ[19]。「白虎」は結婚すると不幸になるという迷信もある[20]

イスラム圏編集

イスラム教では、女性は陰毛を剃るよう勧められている。腋毛と脚の毛については個別の聖職者により意見が割れている(残すこと自体は禁止されていない)[21]

ヨーロッパ編集

2009年、ドイツの心理学者エルマー・ブレーラーは、ヨーロッパの若い女性たちの間では、パイパンにするのが最新のトレンドであるという調査結果を発表した。18 - 25歳の女性の2人に1人が陰毛を非衛生的であると見なし、除毛している[22]

米国編集

2000年9月17日、セックス・アンド・ザ・シティの放送でヒロインのキャリー・ブラッドショーがブラジリアンワックスについて説明すると[23]、ブラジリアンワックスの人気が急上昇した[24]

2010年に発表された調査結果によると、18 - 68歳の女性2451人の少なくとも1/4は、最近1か月以内に陰毛を完全に除毛している[25]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『罵詈雑言辞典』奥山益朗、東京出版、1996年、245-246頁。ISBN 4-490-10423-5
  2. ^ 米川 2003, p. 541.
  3. ^ 大迫秀樹(編著)『消えゆく日本の俗語・流行語辞典』東邦出版、2004年8月15日、239頁。ISBN 4-8094-0387-4
  4. ^ a b 小松奎文(編著)『いろの辞典』文芸社、2000年7月3日、652頁。ISBN 4-8355-0045-8
  5. ^ 『日本国語大辞典 第二版』第十巻、小学館、2006年10月20日、960頁。ISBN 4-09-521010-9
  6. ^ 無毛症〔むもうしょう〕”. 時事メディカル. 株式会社時事通信社. 2019年11月8日閲覧。
  7. ^ 『日本大百科事典』2、小学館、1985年2月20日、866頁。ISBN 4-09-526002-5
  8. ^ 中島文雄『岩波英和大辞典』岩波書店、1971年1月25日、839頁。
  9. ^ 【ハイジニーナの全て】男受け抜群? VIO脱毛ハイジのメリット・デメリット”. Japan Girls Style. 株式会社ユープラス (2019年6月17日). 2019年11月8日閲覧。
  10. ^ 米川 2003, p. 489.
  11. ^ 『江戸語辞典』大久保忠国, 木下和子、東京堂出版、1991年9月30日、201頁。
  12. ^ 穎原退蔵、尾形仂(編)『江戸時代語辞典』角川学芸出版、2008年11月30日、415頁。ISBN 978-4-04-621962-6
  13. ^ 介護脱毛の必要性とメリット・デメリット~介護されるがになる前に「介護脱毛」を知ろう(ママ)”. hiroo-prime.com. 広尾プライム皮膚科. 2019年11月8日閲覧。
  14. ^ 叶恭子 (2009年3月4日). “アンダーヘアのお手入れ”. 叶姉妹オフィシャルブログ ABUNAI SISTERS. 2019年11月8日閲覧。
  15. ^ マリエ、堂々の”無毛地帯”宣言!? セレブは「ツルツル」が基本!”. MEN'S CYZO. 株式会社サイゾー (2009年12月9日). 2019年11月8日閲覧。
  16. ^ 「1年中ツルツルです」 最強エロボディーのマギーが大胆パイパン告白!”. MEN'S CYZO. 株式会社サイゾー (2014年10月8日). 2019年11月8日閲覧。
  17. ^ 本間翼 (2009年2月6日). “ハム中田のこだわり!バリカンで下の毛も”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 2019年11月8日閲覧。
  18. ^ 『大百科事典』2、平凡社、1984年11月2日、124頁。
  19. ^ 女生「白虎」,不過是患了少毛症而已!”. 每日頭條 (2017年5月22日). 2019年12月22日閲覧。
  20. ^ 有些女人不長陰毛是為啥”. 每日頭條 (2015年4月21日). 2019年12月22日閲覧。
  21. ^ マレク・シェベル、前田耕作 監修、甲子雅代 監訳『イスラーム・シンボル事典』明石書店、2004年10月10日、290頁。ISBN 978-4-7503-4005-0
  22. ^ Hair today gone tomorrow”. austriantimes.at (2009年7月13日). 2009年7月18日閲覧。
  23. ^ サラ・ジェシカ・パーカーet al.(出演) (2003年4月25日) (英語, 日本語). セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 3 (DVD). パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン.. ASIN B000088T4Y. "Epi.14 やっぱり見た目が大事?Sex And Another City" 
  24. ^ レベッカ・M・ハージグ『脱毛の歴史 ムダ毛をめぐる社会・性・文化』飯原裕美訳、東京堂出版、2019年7月20日、181頁。ISBN 978-4-490-21014-9
  25. ^ D.Herbenick; V.Schick; M.Reece; S.Sanders; J.D.Fortenberry (2010-10-07). “Pubic hair removal among women in the United States: prevalence, methods, and characteristics”. J Sex Med (10): 3322-3330. doi:10.1111/j.1743-6109.2010.01935.x. 

参考文献編集

  • 米川明彦『日本俗語大辞典』東京堂出版、2003年11月10日、541頁。ISBN 4-490-10638-6

関連項目編集