パウラ・オルティス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はオルティス第二姓(母方の)はアルバレスです。

パウラ・オルティス・アルバレススペイン語: Paula Ortiz Álvarez, 1979年1月8日 - )は、スペインサラゴサ出身の映画監督脚本家映画プロデューサー

パウラ・オルティス
パウラ・オルティス
本名 Paula Ortiz Álvarez[1]
生年月日 (1979-01-08) 1979年1月8日(43歳)
出生地 スペインの旗 スペインアラゴン州サラゴサ[1]
国籍 スペインの旗 スペイン
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
テンプレートを表示

2011年には長編第1作『De tu ventana a la mía』でゴヤ賞新人監督賞にノミネートされ、バリャドリッド国際映画祭で新人監督賞を受賞した[2]。2014年の長編第2作『La novia』はゴヤ賞作品賞や監督賞など12部門にノミネートされ、フェロス賞ではドラマ作品賞や監督賞など6部門を受賞した。

経歴編集

初期の経歴編集

 
ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツ

1979年にサラゴサで生まれた。2002年にサラゴサ大学でスペイン語文献学の学士号を取得し、2003年にバルセロナ自治大学で映画・テレビ脚本の修士号を取得した。2004年から2008年にはサラゴサ大学芸術学部で、研究員や映画・映像メディア研究の講師を務めた。この時期にはアグスティン・サンチェス・ビダルによる指導の下で、博士論文「映画脚本: その理論と実用的基礎の更新」を執筆し、2011年1月31日に博士号を取得した。

ニューヨーク大学芸術学部(ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツ英語版)の映画・テレビ学科で映画製作を学び、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で脚本製作を学んだ。ナレーターのためのワークショップの会員であり、ロサンゼルスのStory Expoやスペインとアメリカの脚本家向けフォーラムにも参加している。

映画製作者編集

2001年以降にはいくつかの短編映画を製作した。2010年夏にはアマポーラ・フィルムズ、オリア・フィルムズ、セントローパ・スペインの製作によって、長編第1作『De tu ventana a la mía)の脚本と監督を手掛けた。マリベル・ベルドゥレティシア・ドレーラ英語版アレクス・アングロ英語版などが出演している。上海国際映画祭で世界プレミア上映され、サウンドトラック賞を受賞、審査員による特別言及を得た。スペイン国内外で数多くの映画賞を受賞し、興行的にも成功を収めた。第56回バリャドリッド国際映画祭では新人監督賞(ピラール・ミロ賞)を受賞した。2012年のゴヤ賞では新人監督賞、助演女優賞、作曲賞の3部門にノミネートされたが、いずれの受賞も逃している。ベルギーのモンス国際映画祭英語版では国際女性批評賞を受賞した。スペインではハイ・フィルムズによって配給され、国際市場ではヴァーテックス・ゴーによって配給された。2012年3月に一般公開され、批評面も興行成績も上々だった。

1933年に初演されたフェデリコ・ガルシア・ロルカの悲劇『血の婚礼』を原作として、2014年には長編第2作『La novia』を監督した。スペイン=トルコ=ドイツの共同製作作品であり、スペインとトルコで撮影を行った。インマ・クエスタアレクス・ガルシーア英語版、アシエル・エチェアンディア、ルイサ・ガバサ、レティシア・ドレーラ英語版などが出演している。2015年のサン・セバスティアン国際映画祭では、コンペティション部門ではなくサバルテギ部門で上映された[3]。2016年1月29日に授賞式が開催された第3回フェロス賞では、ドラマ作品賞、監督賞、主演女優賞(インマ・クエスタ)、助演女優賞(ルイス・ガバサ)、音楽賞(梅林茂)、予告編賞と、6部門で受賞した。第30回ゴヤ賞では作品賞や監督賞を含む最多の12部門にノミネートされたが、受賞は助演女優賞(ガバサ)と撮影賞の2部門に終わった。

映画製作以外編集

 
バルセロナ大学

バルセロナ大学で映画史を教えており、サラゴサのサン・ホルヘ大学スペイン語版で脚本執筆と映画分析を教えている[4][5][6]。マドリード映画学校(ECAM)、カタルーニャ映画学校(ESCAC)、CEUサン・パブロ大学英語版マドリード自治大学ナバーラ大学バリャドリッド大学、アメリカ合衆国ヴァージニア州ジェームズ・マディソン大学などで、ワークショップ・講演会・セミナーなどを行ったことがある。いくつかの雑誌に物語や脚本執筆に関する記事を書いたり、それらの題材の書籍を刊行している。

ミサル・ムルティメディアの『フーヴスこども百科事典』の刊行に貢献した。アラゴン州政府、ウーマンズシークレットスペイン語版(女性下着メーカー)、ピコリン英語版(寝具メーカー)、エブロサなどの広告CMを製作したことがある。

スペイン女性映画製作者組合(PEAK)の運営委員会のメンバーであり、ヨーロッパ女性視聴覚ネットワーク(EWAN)の共同創設者兼副会長である。2010年にはキケ・モーラ、ラウール・ガルシア、ヘスース・ボスケッドと共同で、ポピー・フィルムズという映画製作会社を設立した。

フィルモグラフィー編集

短編編集

原題
2001 Para contar una historia en cinco minutos
2002 Saldría a pasear todas las noches. Declaración de Katerina
2005 Fotos de familia
2008 The Face of Ido
2008 El hueco de Tristán Boj

長編編集

原題 備考
2011 De tu ventana a la mía[7] 脚本・監督
2014 La novia[8][9] 監督

受賞とノミネート編集

映画賞編集

ゴヤ賞
部門 作品 結果
2016 脚色賞 La novia ノミネート
監督賞 ノミネート
2011 新人監督賞 De tu ventana a la mía ノミネート
作曲賞 ノミネート
フェロス賞
部門 作品 結果
2016 監督賞 La novia 受賞
ドラマ作品賞 受賞
脚本賞 ノミネート
ガウディ賞
部門 作品 結果
2016 非カタルーニャ語作品賞 La novia ノミネート
トゥリア賞
部門 作品 結果
2016 新人監督賞 La novia 受賞
スペイン映画批評家協会賞
部門 作品 結果
2016 脚色賞 La novia 受賞
作品賞 ノミネート
監督賞 ノミネート

映画祭編集

バリャドリッド国際映画祭
部門 作品 結果
2011 新人監督賞 De tu ventana a la mía 受賞
ダッカ国際映画祭
部門 作品 結果
2014 フィクション作品賞 De tu ventana a la mía ノミネート

脚注編集

外部リンク編集