パージ』(原題:The Purge)は2013年アメリカ合衆国で製作されたホラー映画である。監督はジェームズ・デモナコ、主演はイーサン・ホークが務めた。

パージ
The Purge
監督 ジェームズ・デモナコ
脚本 ジェームズ・デモナコ
製作 ジェイソン・ブラム
セマスチャン・K・ルメルシエ
マイケル・ベイ
アンドリュー・フォーム
ブラッドリー・フラー
出演者 イーサン・ホーク
レナ・ヘディ
アデレイド・ケイン
音楽 ネイサン・ホワイトヘッド
撮影 ジャック・ヨーフレット
編集 ピーター・グヴォザス
製作会社 ブラムハウス・プロダクションズ
プラチナム・デューンズ
ワイ・ナット・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗シンカ・エンターテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗2013年6月7日
日本の旗2015年7月18日
上映時間 85分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 300万ドル[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$64,473,115[3]
世界の旗$89,328,627[3]
次作 パージ:アナーキー
テンプレートを表示

ストーリー編集

経済が崩壊した後のアメリカでは、「新しいアメリカ建国の父たち」を名乗る集団が全体主義的な統治を行っていた。「父たち」は1年に1回、すべての犯罪が合法化される夜(パージ)を設けた(夜7時から翌朝7時までの12時間)。この間、すべての警察消防署、医療サービスが停止される。パージの導入によって、犯罪率と失業率は1%にまで低下し、経済状況も改善したのである。大衆はパージをカタルシスをもたらしてくれる行事だと思っていたが、実際は「父たち」が大衆をコントロールするための行事であった。なぜなら、パージの夜に犯罪の標的となるのは富裕層ではなく、貧困層だったからである。

そんな状況下の2022年3月21日、ロサンゼルス近郊の富裕層の居住区に住むサンディン家は、パージの前に逃げ込んできた男を匿ったために、犯罪者たちと戦うことになってしまった。

パージ(法令)編集

パージとは、経済が崩壊した後のアメリカでは、「新しいアメリカ建国の父たち」を名乗る集団が設けた法令。1年に1回の夜、すべての犯罪(殺人も含む)が合法化される。(夜7時から翌朝7時までの12時間)。パージの導入によって、犯罪率と失業率は1%にまで低下し、経済状況も改善した。この間、すべての警察消防署、医療サービスが停止される。パージ開始前、政府から緊急放送(開始の合図)が流れ、サイレンが鳴るとパージが開始され、朝にサイレンが鳴るとパージ終了となる。

具体的なルールはこちら。

  • パージに参加するのは自由。参加した住民を「パージャー」という。
  • パージに参加せずに平和を求めている者は家に隠れていても良い。
  • どんな道具、武器を使用しても構わない。ただしレベル4以上の物は使用禁止。
  • 国に定められた政治家などの権力者の殺害を禁止。(パージ:大統領令では、削除されている)
  • パージ開始のサイレンが鳴ると、全ての緊急サービスがパージ終了まで停止される。

キャスト編集

サンディン家編集

パージャー編集

その他編集

公開編集

2013年5月2日、本作はスタンレー映画祭で初めて上映された[4]

興行収入編集

2013年6月7日、本作は全米2536館で公開され、3410万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場1位となった[5]

評価編集

本作は賛否両論となっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには136件のレビューがあり、批評家支持率は38%、平均点は10点満点で5.1点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「本作の半分は社会の寓意で、もう半分はスリラーの要素で成り立っている。『パージ』はスリラー映画の形式を採用した上で理知的な主張をしようとしたが、使い古された文句と溢れんばかりの暴力描写に終わってしまった」となっている[6]。また、Metacriticには、33件のレビューがあり、加重平均値は41/100となっている[7]

io9チャーリー・ジェーン・アンダースは本作を「映画の形式をとって、陳腐で非現実的な政治に関する演説を長々とやっている」と評している[8]エンターテインメント・ウィークリークリス・ナシャワティは本作にB-評価をつけた上で、「表現したいことがたくさんあるのは明白だが、それを必死で表現しようとしてはいない。」と述べている[9]

続編編集

本作のヒットを受けて、ユニバーサル・ピクチャーズとブラムハウス・プロダクションズは続編の製作を決めた。続編の時代設定は、本作の1年後にあたる2023年である[10]

2013年11月17日、ジェームズ・デモナコがシリーズ第3作目として、本作の前日譚となる映画を監督することに関心を持っていると述べた[11]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ パージ 劇場公開日 2015年7月18日”. 2015年5月15日閲覧。
  2. ^ Box office: Low-budget 'The Purge' expected to beat 'The Internship'”. 2015年5月15日閲覧。
  3. ^ a b The Purge”. 2015年5月15日閲覧。
  4. ^ Ethan Hawke's 'The Purge' to Open Inaugural Stanley Film Festival”. 2015年5月15日閲覧。
  5. ^ Weekend Report: 'Purge' Kills, 'Fast' Reaches $200 Million”. 2015年5月16日閲覧。
  6. ^ The Purge (2013)”. 2015年5月16日閲覧。
  7. ^ The Purge”. 2015年5月16日閲覧。
  8. ^ The Purge could be this year's most hamfisted political movie”. 2015年5月16日閲覧。
  9. ^ The Purge”. 2015年5月16日閲覧。
  10. ^ Universal Re-Slots ‘The Purge: Anarchy’”. 2015年5月16日閲覧。
  11. ^ ‘The Purge’ Scares Up Third Film With Director James DeMonaco”. 2015年5月16日閲覧。
  12. ^ 1年に1晩だけ全ての犯罪が合法に…全米大ヒット「パージ」2作連続公開決定!”. 2015年5月15日閲覧。

外部リンク編集