メインメニューを開く

ヒトラーの忘れもの』(ヒトラーのわすれもの、Under sandet)は、マーチン・サントフリート英語版監督による2015年のデンマーク・ドイツの歴史ドラマ映画である。第40回トロント国際映画祭英語版のプラットフォーム部門でプレミア上映された[4]第89回アカデミー賞外国語映画賞にはデンマーク代表として出品され、[5][6]ノミネートされた。

ヒトラーの忘れもの
Under sandet
監督 マーチン・サントフリート英語版
脚本 マーチン・サントフリート
製作 マルテ・グルナート
ミカエル・クリスチャン・リークス
製作総指揮 ヘンリク・ツェイン
レナ・ハウゴート
トーベン・マイゴート
オリヴァー・ジーモン
ダニエル・バウアー
シュテファン・カペラリ
ジルケ・ヴィルフィンガー
出演者 ローランド・ムーラーデンマーク語版
ミケル・ボー・フォルスゴー
音楽 スーン・マルティン
撮影 カミラ・イェルム・クヌーセン
編集 ペール・サンドホルト
モリー・マリーヌ・ステンスゴード
配給 デンマークの旗 ノルディスク・フィルム英語版
日本の旗キノフィルムズ
公開 カナダの旗 2015年9月10日 (TIFF英語版)
日本の旗 2015年10月23日 (TIFF)
デンマークの旗 2015年12月3日
日本の旗 2016年12月
上映時間 100分
製作国  デンマーク
ドイツの旗 ドイツ
言語 デンマーク語
ドイツ語
製作費 35,500,000 DKK[1]
興行収入 $2,200,000[2]
日本の旗 5000万円[3]
テンプレートを表示

映画は史実に触発されており、第二次世界大戦英語版後のデンマークに地雷撤去のために送られたドイツ兵が描かれる。地雷撤去を強要された2000人以上のドイツ兵のうち約半数が命を落としたり手足を失ったといわれている[7]

プロット編集

1945年5月のドイツ降伏後、若いドイツ兵の戦争捕虜の集団がデンマーク当局に引き渡され、ナチス・ドイツが砂の中に埋めた200万以上の地雷を撤去するために西海岸へと派遣される。これは戦争捕虜の強制労働を禁じるジュネーヴ条約に違反する命令であった[8]。少年兵たちはデンマークのカール・レオポルド・ラスムスン軍曹の指揮の下、危険な作業に身を投じる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[9]

評価編集

ボディル賞では主演男優賞、助演男優賞、作品賞などを獲得した[10]

第28回東京国際映画祭では『地雷と少年兵』の題で上映され、ルイス・ホフマンとローランド・ムーラーが最優秀男優賞を獲得した[11]

参考文献編集

  1. ^ Nordisk Film & TV Fond Jumps On Zandvliet’s Land of Mine”. 2015年11月9日閲覧。
  2. ^ Under sandet (Land of Mine)”. Box Office Mojo. 2016年9月23日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.65
  4. ^ Toronto International Film Festival Announces Inaugural Platform Lineup”. IndieWire. 2015年8月14日閲覧。
  5. ^ War film submitted as Denmark’s Oscar entry”. CPH Post (2016年9月19日). 2016年9月19日閲覧。
  6. ^ Roxborough, Scott (2016年9月19日). “Oscars: Denmark Selects 'Land of Mine' for Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2016年9月19日閲覧。
  7. ^ UNDER SANDET - NY FILM AF MARTIN ZANDVLIET” (Danish). 2015年11月9日閲覧。
  8. ^ UNTER DEM SAND” [Beneath the sand] (ドイツ語). unterdemsand.de. 2016年6月25日閲覧。
  9. ^ ヒトラーの忘れもの ブルーレイ:セル専用”. 2017年6月13日閲覧。
  10. ^ Bodil Party: Post war drama wins big” (Danish). b.dk. Berlinske. 2016年3月7日閲覧。
  11. ^ 第28回東京国際映画祭 受賞結果”. 東京国際映画祭. 2016年9月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集