メインメニューを開く

アカデミー外国語映画賞デンマーク代表作品の一覧

ウィキメディアの一覧記事

デンマークは1956年に初めてアカデミー外国語映画賞に映画を出品した。これまでにノミネートに至ったのは『Qivitoq』(1956年)、『Paw』(1959年)、『Harry and the Butler』(1961年)、『バベットの晩餐会』(1987年)、『ペレ』(1988年)、『追想のワルツ英語版』(1989年)、『アフター・ウェディング』(2006年)、『未来を生きる君たちへ』(2010年)、『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』(2012年)、『偽りなき者』(2013年)、『ある戦争』(2015年)、『ヒトラーの忘れもの』(2016年)の12本、受賞に至ったのは『バベットの晩餐会』(1987年)、『ペレ』(1988年)、『未来を生きる君たちへ』(2010年)の3本である。

デンマーク代表作品は毎年夏の終わり頃にデンマーク映画協会英語版によって選出される[1]

代表作編集

1956年よりAMPASは外国語映画賞を設置し、各国のその年最高の映画を招待している。外国語映画賞委員会はプロセスを監視し、すべての応募作品を評価する。その後、委員会は5つのノミネート作品を決定するために秘密投票を行う[2]。以下はデンマークの代表作品の一覧である。


(授賞式)
日本語題 出品時の英題 言語 監督 結果
1956
(第29回)
Qivitoq Qivitoq エリック・ボーリング英語版 ノミネート
1957
(第30回)
Be Dear to Me Ingen tid til kærtegn Annelise Hovmand 落選
1958
(第31回)
The Girls Are Willing Guld og grønne skove ガブリエル・アクセル 落選
1959
(第32回)
Paw Paw アストリズ・ヘニング=イエンセン英語版 ノミネート
1961
(第34回)
Harry and the Butler Harry og Kammertjeneren ベント・クリステンセン英語版 ノミネート
1964
(第37回)
Sextet Sekstet Annelise Hovmand 落選
1965
(第38回)
ガートルード Gertrud Gertrud カール・テオドア・ドライヤー 落選
1966
(第39回)
Hunger Sult ヘニング・カールセン英語版 落選
1967
(第40回)
Once There Was a War Der var engang en krig パレ・キャエルフ・シュミット英語版 落選
1967
(第41回)
花弁が濡れるとき People Meet and Sweet Music Fills the Heart Människor möts och ljuv musik uppstår i hjärtat ヘニング・カールセン英語版 落選
1969
(第42回)
Ballad of Carl-Henning Balladen om Carl-Henning Lene Grønlykke
Sven Grønlykke
落選
1970
(第43回)
Re: Lone Ang. Lone フランツ・エルンスト英語版 落選
1971
(第44回)
The Missing Clerk Den forsvundne fuldmægtig ゲアト・フレドホルム英語版 落選
1972
(第45回)
Oh, to Be on the Bandwagon! Man sku' være noget ved musikken ヘニング・カールセン英語版 落選
1974
(第47回)
The Olsen Gang's Last Escapade Olsen-bandens sidste bedrifter エリック・ボーリング英語版 落選
1975
(第48回)
Per Per ハンス・クリステンセン英語版 落選
1976
(第49回)
The Olsen Gang Sees Red Olsen-banden ser rødt エリック・ボーリング英語版 落選
1977
(第50回)
Boys Drenge ニルス・マルムロス英語版 落選
1978
(第51回)
Me and Charly Mig og Charly モーテン・アルンフレド英語版
ヘニング・クリスチャンセン英語版
落選
1979
(第52回)
Johnny Larsen Johnny Larsen モーテン・アルンフレド英語版 落選
1982
(第55回)
Tree of Knowledge Kundskabens Træ ニルス・マルムロス英語版 落選
1983
(第56回)
子供たちの城 Zappa Zappa ビレ・アウグスト 落選
1984
(第57回)
Tukuma Tukuma パレ・キャエルフ・シュミット英語版 落選
1985
(第58回)
ツイスト&シャウト Twist and Shout Tro, håb og kærlighed ビレ・アウグスト 落選
1986
(第59回)
The Dark Side of the Moon Manden i Månen エリック・クローソン英語版 落選
1987
(第60回)
バベットの晩餐会 Babette's Feast Babettes Gæstebud ガブリエル・アクセル 外国語映画賞受賞
1988
(第61回)
ペレ Pelle the Conquerora[›] Pelle Erobreren ビレ・アウグスト 外国語映画賞受賞
1989
(第62回)
追想のワルツ Memories of a Marriage Dansen med Regitze カスパル・ロストルップ英語版 ノミネート
1990
(第63回)
Dance of the Polar Bears Lad isbjørnene danse バーガー・ラーセン英語版 落選
1991
(第64回)
The Great Day on the Beach Den Store Badedag ステラン・オルソン英語版 落選
1992
(第65回)
Sofie Sofie リヴ・ウルマン 落選
1993
(第66回)
Black Harvest Sort Høst アナス・レフン英語版 落選
1994
(第67回)
Carl, My Childhood Symphony Min fynske barndom エリック・クローソン英語版 落選
1996
(第69回)
ハムスン Hamsun Hamsun ヤン・トロエル 落選
1997
(第70回)
Barbara Barbara ニルス・マルムロス英語版 落選
1998
(第71回)
セレブレーション The Celebration Festen トマス・ヴィンターベア 落選
1999
(第72回)
ミフネ Mifune's Last Song Mifunes sidste sang ソーレン・クラーク=ヤコブセン 落選
2000
(第73回)
A Place Nearby Her i Nærheden カスパル・ロストルップ英語版 落選
2001
(第74回)
幸せになるためのイタリア語講座 Italian for Beginners Italiensk for begyndere ロネ・シェルフィグ 落選
2002
(第75回)
しあわせな孤独 Open Hearts Elsker dig for evigt スサンネ・ビア 落選
2003
(第76回)
恋に落ちる確率 Reconstruction Reconstruction クリストファー・ボー英語版 落選
2004
(第77回)
ラース・フォン・トリアーの5つの挑戦 The Five Obstructions De Fem Benspænd ラース・フォン・トリアー
ヨルゲン・レス英語版
落選
2005
(第78回)
Adam's Apples Adams Æbler アナス・トマス・イェンセン英語版 落選
2006
(第79回)
アフター・ウェディング After the Wedding Efter Brylluppet スサンネ・ビア ノミネート
2007
(第80回)
アート・オブ・クライング The Art of Crying Kunsten at græde i Kor ペーター・ショーナウ・フォー英語版 落選
2008
(第81回)
Worlds Apart To verdener ニールス・アルデン・オプレヴ 落選
2009
(第82回)
Terribly Happy Frygtelig lykkelig ヘンリク・ルーベン・ゲンツ英語版 落選
2010
(第83回)
未来を生きる君たちへ In a Better World Hævnen スサンネ・ビア 外国語映画賞受賞
2011
(第84回)
SuperClásico SuperClásico オーレ・クリスチャン・マセン英語版 最終選考[3]
2012
(第85回)
ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 A Royal Affair En kongelig affære ニコライ・アーセル ノミネート[4]
2013
(第86回)
偽りなき者 The Hunt Jagten トマス・ヴィンターベア ノミネート[5]
2014
(第87回)
Sorrow and Joy[6] Sorg og glæde ニルス・マルムロス英語版 落選
2015
(第88回)
ある戦争 A War[7] Krigen トビアス・リンホルム英語版 ノミネート[8]
2016
(第89回)
ヒトラーの忘れもの Land of Mine[9] Under sandet マルティン・サンフィリート ノミネート[10]
2017
(第90回)
You Disappear[11] Du forsvinder ペーター・ショーナウ・フォー英語版 落選
2018
(第91回)
THE GUILTY/ギルティ The Guilty[12] Den skyldige グスタフ・モーラー 最終選考[13]

脚注編集

^ a: 『ペレ』はこの他にマックス・フォン・シドー主演男優賞にノミネートされた。

参考文献編集

  1. ^ Rehlin, Gunnar (2008年8月21日). “Denmark sends 'Worlds' to Oscars”. Variety. http://www.variety.com/awardcentral_article/VR1117990889.html?nav=news&categoryid=1982&cs=1 
  2. ^ Rule Thirteen: Special Rules for the Foreign Language Film Award”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2013年8月26日閲覧。
  3. ^ 9 Foreign Language Films Vie for Oscar”. 2012年1月19日閲覧。
  4. ^ Oscars: Hollywood announces 85th Academy Award nominations”. BBC News. 2013年1月10日閲覧。
  5. ^ Oscars: Main nominations 2014”. BBC News. 2014年1月16日閲覧。
  6. ^ Oscars: Denmark Nominates 'Sorrow and Joy' in Foreign-Language Category”. Hollywood Reporter. 2014年9月18日閲覧。
  7. ^ Denmark Picks Tobias Lindholm's Searing Drama 'A War' as Oscar Entry”. IndieWire (2015年9月23日). 2015年9月4日閲覧。
  8. ^ Ford, Rebecca (2016年1月14日). “Oscar Nominations: The Complete List”. The Hollywood Reporter. 2016年1月14日閲覧。
  9. ^ Roxborough, Scott (2016年9月19日). “Oscars: Denmark Selects 'Land of Mine' for Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2016年9月19日閲覧。
  10. ^ Oscars 2017: The full nominations”. BBC News (2017年1月24日). 2017年1月24日閲覧。
  11. ^ Keslassy, Elsa (2017年9月20日). “Denmark Selects ‘You Disappear’ as Foreign-Language Oscar Entry”. Variety. 2017年9月20日閲覧。
  12. ^ Holdsworth, Nick (2018年9月20日). “Oscars: Denmark Selects 'The Guilty' for Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2018年9月20日閲覧。
  13. ^ Academy Unveils 2019 Oscar Shortlists”. The Hollywood Reporter (2018年12月17日). 2018年12月18日閲覧。