メインメニューを開く

ヒュンダイ・シータエンジン

ワールドエンジン > ヒュンダイ・シータエンジン
2.4リッター θエンジン(G4KC型、NFソナタ用)

θ(Theta、シータ)エンジンは、現代-起亜自動車グループの製造する直列4気筒エンジンのシリーズ名。

ワールドエンジン」のヒュンダイ/キア版であり、CセグメントDセグメント車を中心に積極的に搭載している。

概要編集

元となったワールドエンジンは、提携関係にあった日本の三菱自動車工業、韓国の現代自動車、ドイツ・米国のダイムラー・クライスラー(現・ダイムラーAG)により共同設立されたGEMAGlobal Engine Manufacturing Allianceの略)により設計されている。そのため、同様にワールドエンジンの設計を受け継いだエンジンは、三菱自動車(三菱・4B1型エンジンを参照)とクライスラーにも存在する。

最初に搭載されたのは2004年9月デビューのNFソナタである。

2005年には、中国国内で生産する自社モデルに搭載するためのエンジン製造工場を建設した。

DC、三菱にも供給していると一部韓国メディアで報道されたが、DCや三菱もシータエンジンの搭載モデルが存在せず誤報であり2008年7月現在、現代自動車のシータエンジンを上記二社が採用した事実は存在しない。

なお、NFソナタがマイナーチェンジでソナタ・トランスフォームとなった際に出力特性及びヘッドカバーデザインの変更があり、若干高出力・高回転型となった。なお、この新型エンジンはθIIと呼ばれている。

またNFソナタ前期韓国仕様車の場合、のヘッドカバーには"θ-VVT"と書かれているが、輸出仕様車の場合ヒュンダイCIマークと共に"DOHC 16V"と書かれている。(右写真)

また韓国仕様車でもグレンジャーTGの場合"DOHC 16V"であるが、ソナタのヘッドカバーとは配色が異なり黒尽くめである。

諸性能編集

 
2.0L 直噴ターボ仕様(YFソナタ)
エンジン型式 G4KF(2.0L) G4KC(2.4L) ?(2.4L)
搭載車種 ジェネシスクーペ韓国仕様 NFソナタ日本仕様 YFソナタ韓国仕様
排気量 1,998 cc 2,359 cc
過給器・特筆事項 ターボ なし 直噴
シリンダー配置 直列4気筒DOHC16バルブ
ボア 86mm 88 mm ?mm
ストローク 86mm 97 mm ?mm
圧縮比 9.4:1 10.5:1 ?:1
燃料供給方式 電子制御式 電子制御直噴(GDi)
最高出力 275ps/ 6,000 rpm 164ps/ 5,800 rpm 201ps/ 6,300 rpm
最高トルク 38.0kgf·m/ 2,000 rpm 23.1kgf·m/ 4,250 rpm 25.5kgf·m/ 4,250 rpm

主な採用車種編集

関連項目編集

外部サイト編集